ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
119位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
10位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

437:米国動乱:TPPとハッカーとウォール街占領運動:オキュパイ運動2ヶ月目記念日は流血騒ぎ

2011/11/18 (Fri) 13:41

政治ブログランキング、いつもクリックありがとうございます!
 

お陰様で7位です!
 
人気ブログランキングへ





どうも↓この写真が気に入ってしまったので、TPPネタのときは毎回冒頭に掲載。




米国・シカゴにおける反TPPデモ 2011年9月5日 レイバーデイ

Citizens Trade Campaign




 

これまでに既に書いていますように、
アメリカにおけるオキュパイ運動(Occupy Wall Street)と反TPPは密接な関係
があります。

それは、

・オキュパイ運動の中で、全米4位の港(オークランド港)を封鎖するという
 事件があったこと

 (港の封鎖には「失業の輸入」につながる自由貿易反対
  という意味があると考えられるため)

 http://grandpalais1975.blog104.fc2.com/blog-entry-427.html

・ホノルルのオキュパイ運動の反APECデモの中で、
 「NO TPP」のプラカードが掲げられていたこと

 http://grandpalais1975.blog104.fc2.com/blog-entry-433.html

・ドイツにおけるオキュパイ運動では、勝者側に立っているドイツ人の活動家も、
 自分たちが勝っているということは
 貧困と失業を輸出していることを意味する、と主張しているということ

 http://grandpalais1975.blog104.fc2.com/blog-entry-433.html

などから明らかであります。


そして昨日、オキュパイ運動誕生2ヶ月目記念、ということで一騒動あったというわけです。

それはオキュパイ・ウォール・ストリートの事務局が予告していたことではあったのですが…
http://occupywallst.org/action/november-17th/



この2ヶ月記念のデモについて、

日本でもTBSが報道していました。






活動2か月、全米各地で反格差デモ
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4880578.html

ウォール街で格差社会への抗議活動が始まってからちょうど2か月となる17日、アメリカ各地で大規模なデモが行われ、警官隊との衝突も相次ぎました。

 「『ウォール街を占拠せよ』のスローガンでちょうど2か月前に始まったこの運動。その言葉を実行するかのように、これからウォール街へと向います」(記者)

 ニューヨークでは17日朝、数百人のデモ隊がウォール街に向けてデモ行進を行い、格差社会の変革を訴えました。デモ隊は「ウォール街を封鎖して、ニューヨーク証券取引所の取引を妨害しよう」とも呼びかけていたため、警察は厳重な警備態勢を敷き、道路で座り込みを行った人ら175人が逮捕されました。

 「私たちは道路に座って非暴力の抵抗運動をしていただけです。そして、キング牧師のように逮捕されたというわけです」(逮捕された人)

 「彼らの主張にはいくつか良い訴えもありますが、何をしたいか、意見が固まっていないと思います」(ウォール街に向かう銀行員)

 「彼らの思いは分かるが、ちょっと板挟みのような心境です。私はただ仕事に行きたいだけなんですけど」(ウォール街で勤務する男性)

 同様のデモはロサンゼルスなど、全米各地で現在も行われています。

 このところ、寝泊まりしながら抗議活動を行っている人たちの強制排除が各地で相次いだことから、この日のデモは警察や行政への抗議デモともなっていて、警察との衝突も起きています。ニューヨークでは地下鉄や橋の占拠も呼びかけられていて、さらなる混乱も予想されます。(18日05:40)


----



一応、よくまとまっています。

日本のテレビはKARAのお受験でカラ騒ぎしてるだけか!とバカにしてしまい、大変失礼致しましたm(_ _)m。



が、あくまでも一応、です。

というのは、外部者の「彼らの主張は良く分からない」伝えつつ、運動内部の人の政治的主張についてあまり突っ込んで伝えていないからです。

RT.comなんかはドイツのオキュパイ運動の活動家二人へのインタビューをかなり時間を取って伝えています。
http://grandpalais1975.blog104.fc2.com/blog-entry-433.html


まあ、色々な大人の事情があるのかも知れませんが…。



それにもう一つは、TBSのニュースはある種の「防腐加工」がされているというか、おとなし目の報道になっています。





※補注(11月20日午前9:24)

私が↑のように書いたからというわけではないでしょうが、

上の動画(TBSの公式の動画)がなぜかYoutubeから削除され、内容が変更され、別の動画が上がっていました。



http://news.tbs.co.jp/20111118/newseye/tbs_newseye4880688.html

特に、結論部分

「荒れる場面の連続に、比較的好意的だった市民の目も厳しくなり始めていて、支持者の中からは、「勝利宣言をして一旦活動を縮小すべきだ」との意見も出ています。(18日11:25)」

のように、
オキュパイ運動に否定的なものに変更になっているのはなぜでしょうか?

これまでの当ブログのエントリーで多数書いていますように、警察の取り締まりのやりかたが「暴力的」であったことがオキュパイ運動の火に油を注いでいる点は全く触れていないのは不公平ではないでしょうか?

この運動が特に盛り上がったのは、イラクに2度も行っていた元海兵隊員のスコット・オルセンさんが、ただ立っていただけで警察の催涙弾の直撃を受けて危篤に陥り、脳外科手術まで受ける重傷を負ったという事件がきっかけです。(http://grandpalais1975.blog104.fc2.com/blog-entry-427.html 参照)

これをなぜ言わないのか?


そして、私が「内部の活動家のインタビューがない」と上記で指摘していましたが、それに対応したからでもないでしょうが、OWSの広報担当者のインタビューが加わっています。

さらには、下で紹介している流血した抗議者の連行場面まで映っています。不思議…






一方、RT.comではもっと様々な、もっとディープなことが伝えられています。



例えば、デモ対策としてsound cannonと呼ばれる音響装置(直訳すれば音響砲、でしょうか)が使用されたことです。



NYPD blast LRAD sound cannons at OWS

Published: 17 November, 2011, 20:20
http://rt.com/news/ows-police-sound-canons-603/


RT’s New York crew has witnessed NYPD using LRADs, or sound cannons on Occupy Wall Street protesters. Eyewitnesses at the site have tweeted police fired as protesters sang the US national anthem .

RTのスタッフはニューヨーク市警がLRAD(音響砲)をオキュパイ・ウォール・ストリート抗議者に対して使用したことを目撃した。目撃者は抗議者らがアメリカ国歌を歌っているときに警察が音響砲を「発射」したとツイッターでつぶやいている。

RT correspondent Lucy Kafanov reports that the blasts of sound lasted no more than five seconds, but had a profound effect on protesters.Joshua Paul, an eyewitness, tweeted that LRADs emitted ‘High pitched noise’ and wrote: ‘Natural reaction: My face scrunched and hands started moving to my ears.’

RT特派員のLucy Kafanov は、「その音響は5秒以下しか続かなかったが、抗議者達には重大な影響を与えた。LARDは『甲高いノイズ』を放ち、私の顔は引きつり、手は自然に耳を覆った」とツイートした。

NYPD has previously threatened to use LRADs during the dismantling of the Zucotti Park encampment early morning on November 15. However, that time police went no further than flexing their muscles, with the sound cannons not actually used.

ニューヨーク市警は以前、11月15日早朝のウォール街のズコッティ公園のキャンプ撤去の際、LRADを使うと警告していたが、実際には使用しなかった。


Long Range Acoustic Devices (LRADs) send harmful, pain inducing tones over longer distances and are rarely deployed for crowd control purposes. This is at least the second time they have been used on peaceful protests.

長距離音響装置(LRAD)は、有害な、苦痛を誘発する音響を長距離にわたって発するものであるが、デモ対策に使われることは稀である。平和的な抗議者に対して使用されるのは今回が少なくとも二度目である。




----




↑上の動画の初期画像がその音響砲、ということだそうです。

これは下手をすると聴覚を永続的に失うような危険性のあるものだとか。


そして、それを伝えた特派員も警官に警棒で腕を殴られたということです。

Brutal arrests at OWS protest (VIDEO)
Published: 17 November, 2011, 18:14
http://rt.com/news/ows-protest-violence-police-585/

“Mass arrests & violence on Broad and Beaver. Officer hit my arm with club. Another photog got shoved. Police beat protesters,” says Kafanov’s tweet. It seems not only the protesters that get beaten but members of the press too.

「大量の逮捕者 ブロードとビーバーの角で暴力。警官が私の腕を警棒で殴打した。カメラマンは突き飛ばされた。警官が抗議者を打ち倒している」とKafanov(前出のRT特派員)はツイートしている。抗議者だけでなく、報道関係者も暴力を受けているようだ。


There are reports of protesters getting inside the operating NYSE. They have been immediately arrested and loaded into vans.

営業中のニューヨーク証券取引所に侵入しようとした抗議者がいたという報告もある。彼らは即座に逮捕され、警察車両に乗せられた。

---



そして、詳細不明ですが、

制服を身にまとったフィラデルフィア市警の元警部がニューヨーク市警に手錠をかけられて逮捕連行されていたりもします。









さらに、

流血している抗議者が連行されています。

↓かなりショッキングな映像なので、ご覧になりたい方だけご覧下さい…

http://youtu.be/DdVElgslei0



-----

さて、上の記事でニューヨーク証券取引所(NYSE)に「物理的に」侵入する試みが失敗しましたが、

仮想空間における侵入、つまり、サイバー攻撃の試みというのは実は既になされています。


Anonymous アノニマス

と呼ばれるハッカー集団による攻撃です。

しかも、オキュパイ運動と連動した動きです。

↓これがNYSEへの攻撃の予告映像のようです。




"We are the 99%. We do not forgive.

 We do not forget. Wall Streets, expect us."


"我々は99%だ。 我々は許さない。 

 我々は忘れない。 ウォール街よ、待っていろ。"




で、その結果は…

CNN
ハッカー集団がNYSEサイトを攻撃、ウォール街デモに便乗
2011.10.11 Tue posted at: 10:38 JST
http://www.cnn.co.jp/business/30004237.html


ニューヨーク(CNNMoney) 米ニューヨーク証券取引所(NYSE)のウェブサイトが10日、ハッカー集団「アノニマス」が呼びかけたサイバー攻撃の影響で、一時的につながりにくくなるなどの障害に見舞われた。ただ実質的な影響はほとんど出ていない。

アノニマスはウォール街で続いている抗議デモの延長として、現地時間の同日午後3時半にNYSEのウェブサイトをダウンさせると予告していた。

同サイトはこの日午後3時35分ごろから37分ごろにかけて一時的に反応が鈍くなり、つながらなくなった。インターネット調査会社のキーノートも、同サイトがこの時間帯につながりにくくなっていたことを確認。

さらに午後5時半から5時55分ごろにかけても障害に見舞われたと伝えた。ほかの調査会社の測定でも、同サイトが断続的につながりにくくなっていたことが確認されている。

これに対してNYSEの広報は、「その時間に当社のウェブサイトでサービス障害があったとは認識していない」と反論した。

----



NYSEは否定していますが、実際のところはいかに?



そして、アノニマスはイスラエル政府のウェブサイトも攻撃すると予告していました。





で、結果は…。

これまたイスラエル政府は否定しているようですが…


msnbc

Anonymous Hackers Hit Tycoons, Jesus, Maybe Israel
updated 11/7/2011 4:49:42 PM ET
http://www.msnbc.msn.com/id/45194309/ns/technology_and_science-security/#.TsXLt7KW63Y

Israeli government sites go dark
イスラエル政府のサイトが真っ暗に

Late last night (Nov. 6), the websites of the Mossad intelligence service, the Israel Defense Forces (IDF) and the Israeli Security Agency known as Shabak or Shin Bet were found to be inaccessible or under maintenance.
11月6日、モサド(イスラエル情報機関)、イスラエル国防軍とイスラエル国防省のサイトがアクセス不能またはメンテナンス中となっていたことが分かった。

"Israeli government websites crashed today because of a server malfunction, not as a result of a cyberattack," a spokesperson in the Israeli Prime Minister's office wrote in a Twitter message, Computerworld reported.

Computerworldは、「イスラエル政府のウェブサイトの不調はサーバーの誤動作が原因であり、サイバー攻撃の結果ではない」とイスラエル首相官邸のスポークスマンがツイッターで書いていたと報じた。

----



さらにアノニマスは2012年の大統領選挙についても攻撃を予告しているようです。


RT.com
Anonymous target 2012 presidential election
Published: 07 November, 2011, 22:30
http://rt.com/usa/news/anonymous-caucus-iowa-election-753/

アノニマスが2012年大統領選を標的に



The reason for the protests, says the Anonymous spokesperson, is that the Democratic and Republican parties are not worthy of representing the voices of the Americans whom they have disenfranchised.

抗議の理由は、アノニマスのスポークスマンによれば、「民主党も共和党も、すでに公民権を剥奪されてしまっているアメリカ人の声を代表していない」ということだ。


“Both parties are funded by the same mega corporations,” the narrator announces in the brief video. “The same corporations that fund political campaigns; the same corporations that buy lobbyists; the same corporations that operate the United States governments.”

「この2つの政党は巨大企業から資金提供されている」
「同じ企業たちが政治運動に資金を出している。同じ企業たちがロビイストを買っている。同じ企業たちが合衆国を操縦している」

"Voting for these parties is unethical," the voice adds. "They have destroyed the American democracy." According to the Anonymous video, the candidates are committed to “serve the private interests of the major corporations” rather than the millions of Americans who must make a decision come Election Day. As a result, the collective is calling for the occupation of the offices on December 27, and from there is asking protesters to "peacefully shut down the first-in-the-nation Iowa caucuses on January 3."

「これらの政党に投票するのは非論理的である」

「彼らはアメリカの民主主義を破壊してきた」

「大統領候補らは、投票日の結果を決める多くのアメリカ人のため、というよりもむしろ大企業の私的な利益のために奉仕することを約束している」


その結果としてこの集団は12月27日にオフィスを占領することを呼びかけており、

抗議者達に「最初に大統領予備選が行われるアイオワを1月3日に平和的に封鎖しよう」と呼びかけている。

----



オキュパイ運動は
どうも、複雑な様相
を呈してきました。


そしてどうやらこのアノニマスの人々は茶会党的な、政府の干渉をトコトン嫌う傾向が強いようです。

そして、茶会党Tea partyの人々は過半数が自由貿易に否定的です。
http://grandpalais1975.blog104.fc2.com/blog-entry-414.html
参照)


アノニマスの人々はオキュパイ運動支持なので、自由貿易には反対という可能性が高いですね。

つまり、TPP反対という可能性が高いというわけです。


なお、アノニマスの人々は茶会党の名付け親であるロン・ポール氏を支持している模様です(確定的ソースはないですが)。


下のポール氏のPRビデオを見ると、

FRB廃止、国民皆保険反対、所得税廃止、在外米軍の全面撤退という主張のようであります。






国民皆保険反対で所得税の廃止なんてしたら結局は格差が拡がって革命への道まっしぐらと思うので、経済論的にはいかがなものかしら、という気はしていますが…


まあ、それはあくまでもアメリカの有権者の皆さんが民主的に決めるべきことであります。


藤井厳喜さんが著書「
日本人が知らないアメリカの本音」で指摘されていましたが、

アメリカでは、ロン・ポール氏のような保守でも本当の右寄りの保守や、逆にその正反対にあるリベラル左派の中でもさらに左の勢力
反自由貿易や反TPPであるということです。 

日本
でも、保守でも右寄りの保守と、共産党や社民党の左派の中でも左寄りの左派こぞってTPP反対です。

非常に興味深い、日米共通の現象であります。



共通しないのは、日本では反TPPと反格差運動、さらにハッカー集団までもが連動するまでには至っていないという点でしょうか。

それにしても、

この世界は、本当に、混沌とした時代に突入してしまったようです。









TPPでアメリカのこの混乱、

収まるだろうか?

むしろ火に油じゃないかしら?

野田閣下、

その『油』になる覚悟は

お有りでしょうか?



と思われた方は、


↓クリックをお願いいたしますm(_ _)m

人気ブログランキングへ

http://blog.with2.net/in.php?751771
クリック、ありがとうございましたm(_ _)m 
 

YNHiromiyaをフォローしましょう





↓TPPアンケート、驚くべきことに

なんと、6000人を超える皆様に

ご回答いただいております。

全国紙の世論調査でも3000人程度といいます。

物凄い数です!!!


アンケートは絶賛続行中です











<著書紹介>

さらば、デフレ不況 -日本を救う最良の景気回復論―

(2010/03/02)
廣宮 孝信

さらば、デフレ不況 -日本を救う最良の景気回復論―

【↓著者本人による解説】

国家財政やマクロ経済においては常識とは正反対の見方をする必要があります。
本書の目的の第一読者の皆さんにその「正反対の見方」を提供することです。

・「財政黒字は良い」「財政赤字は悪い」。それが一般的な常識的なものの見方でありましょう。

・しかし、実際には
「財政黒字なのに国家破綻」「20年以上財政赤字が続いている国が高度成長を続けている」
ということが世界ではごく普通に起きているのです。

・そして、本書の目的の第二
本当に怖いのは財政破綻ではなく、モノの供給が途絶えてしまう「物流上の破綻」であることを明示することです。

・なぜならおカネというものは印刷や帳簿上の処理で幾らでも創れますが、
国民生活、国民の生存のために必要な食料やエネルギー資源などは、
おカネと違って幾らでも創れるものではないからです。

本書の最大の特徴は、一般の「経済学」では取り扱われることのないこの「物流上の破綻」に焦点を当ている点です。

・この本当に恐るべき「破綻」が起こらないようにするにはどうしたら良いか、
つまり将来において供給不足が起こらないようにするにはどうしたら良いか
そして、それを踏まえた上で、現在の需要不足にどう対応すべきか
この問題の解決策に関して年金問題をも絡めての具体的な提言を行っていることも、
本書についての類書との際立った特異点でありましょう。



☆アンチ対策に役立つ【反「国家破産」的マスコミ記事】は
こちら→
http://blogs.yahoo.co.jp/eishintradejp/folder/1031019.html?m=lc



 






スポンサーサイト

TPPコメント(6)トラックバック(0)|

コメント

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。