ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
123位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
9位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

444:日本は大きな政府?いいえ、平均的政府で、アメリカよりも小さい政府です!~政府サイズ世界ランキング

2011/12/06 (Tue) 12:31

政治ブログランキング、いつもクリックありがとうございます!
 

お陰様で12位です!
 
人気ブログランキングへ






TPPで更新を頑張りすぎたせいで仕事が溜まっており^^;、更新頻度が落ちている今日この頃ですが、

いつもクリック頂き、まことにありがとうございますm(_ _)m




前回ご紹介した、TPP反対のネット請願inホワイトハウスですが、

現在、署名数1442人となっております。

http://wh.gov/jfo 

↑で現在値を確認できます!



これが今月26日(あと20日!)までに

25000人に達すると、


✔ オバマ政権から正式な回答がもらえる!


✔ それ自体が新しいニュースになる!


という非常に面白い事になります。







私自身は署名しましたが、

当ブログやツイッターで書いているのは、あくまでもネタとしてご紹介するためであって、

署名のお願いではありません!


「俺は署名などせんぞー!」という方も、おもろいネタとしてツイッターなどで拡散するのも一興かと思います♪



署名のやり方等の簡単な解説は↓こちらをどうぞ

【TPP反対の声をオバマ大統領に届ける方法:5分で出きるホワイトハウス ネット署名のご紹介】
http://grandpalais1975.blog104.fc2.com/blog-entry-443.html


※この署名は決して反米運動ではありません!

 オバマさんの以前の主張のオウム返しに過ぎないのです。

 オバマさんに昔の考えを思い出して頂くための

 署名活動


 と言ってよいでしょう♪






Trade agreement should not just be good for Wall Street but should also be good for the mainstream.

貿易協定は、ウォール街だけに良いものであってはいけない。大多数の国民の利益と両立すべきだ。


We've got make sure that our agreements are good for everybody.

我々は、貿易協定をすべての人々にとって良いものにしなければなならない。


Because the globalization right now is creating winners and losers.

現在のグローバリゼーションは、勝者と敗者を創り出している(つまり、格差を助長している)






TPPを知らないアメリカ人の方も多いようですので、

アメリカ人にTPPって何だ?と聞かれたとき用に、

↓政治学者・藤井厳喜さんの英語解説もご活用下さい









あとFaceBook 「TPPって何?」グループ

マスコミの皆さん向けプレスリリースも用意されていますので、


↓こちらもご活用下さい

http://image02.w.livedoor.jp/w/p/whattpp/3267b2afd88eb2fb.gif



(↑クリックで拡大します)


 


では、本題です。


コメント欄で特別会計が話題になっていましたので

政府のサイズは大きいか小さいか、という話をしておきたいと思います。

「国債を刷れ!」でも出していましたが、政府のサイズを測る方法の一つが

一般政府総支出÷GDP

国際比較するやり方です。


政府総支出というのは特別会計を含む政府全体の純支出(特別会計間のおカネのやり取りは相殺した純計)のことです。

GDPの足し算に含まれない、年金や失業保険も含みます。

かなりの部分が政府にとっては「右から左に受け流す~♪」ような、民間からもらったらそのまま民間に渡すというタイプの支出です。


で、以前はOECDのデータベースに出ていた限られた国のデータしかなかったのですが、最近ではIMFが世界184ヶ国のデータを出してくれていますので、さっそくランキングを作ってみました。

上位10位下位10位、それから日本を含む主だった先進国に、皆さんが大好きそうな中国韓国も入っています。

※いちいち日本語に直すのが面倒なので国名は英語のままですが、では、どうぞ!



政府総支出GDP比 ランキング
1位 Tuvalu 112%
2位 Democratic Republic of Timor-Leste 104%
3位 Kiribati 90%
4位 Iraq 85%
5位 Ireland 66%
6位 Denmark 58%
7位 France 57%
8位 Lesotho 56%
9位 Finland 55%
10位 Burundi 55%
15位 Sweden 51%
18位 Italy 51%
20位 Netherlands 50%
21位 Greece 49%
24位 Iceland 48%
25位 Germany 47%
26位 United Kingdom 47%
30位 Norway 46%
35位 Spain 45%
40位 Canada 44%
47位 United States 41%
52位 Brazil 40%
53位 Swaziland 40%
54位 Brunei Darussalam 40%
55位 Japan 40%
56位 Romania 39%
57位 Maldives 39%
58位 Argentina 39%
全世界平均(加重平均) 39%
61位 Russia 38%
63位 Bhutan 38%
68位 Australia 37%
77位 New Zealand 35%
146位 China 23%
160位 Korea 21%
175位 Hong Kong SAR 18%
176位 Singapore 18%
177位 Central African Republic 18%
178位 Philippines 17%
179位 Dominican Republic 16%
180位 Turkmenistan 16%
181位 Bangladesh 15%
182位 Guatemala 15%
183位 Madagascar 13%
184位 Myanmar 11%

International Monetary Fund, World Economic Outlook Database, September 2011






日本は

・世界平均とほぼ同じ40%ですので、

 別に大きな政府とは言えません!


・BRICsのブラジルやロシアとだいたい同じ。


・うるわしの
保護主義で絶好調のアルゼンチンもだいたい同じですね。



そして、

・アメリカの41%より小さい!!!!!!!!


・オーストラリア、ニュージーランドよりは大きいですが、

 基本的には先進国では小さい方です!


※なお、北欧諸国やフランスなどの福祉国家は、
 日本と比べてかなり大きいですね。







「既得権益がー」
とよく言われますが、

とっとと財政出動(+金融緩和)をやって景気が絶好調になれば、

既得権益の人たち(と言いつつ定義は良くわかりませんが…)

もその既得権益にしがみつく必要がなくなり、

むしろ様々な改革が進みやすいのではないでしょうか?

その場合、世間のあちこちに儲け話が転がっていますから!



このままふにゃふにゃと

「日本の借金大変だー!だからよう分からんけどTPPしかないんじゃー!」

とわけの分からんことを言っていたら、


既得権益の人たちのみならず、

日本人全体の権益が危篤権益になります。

冗談抜きで。



国の借金云々については↓こちらをどうぞ
【技術大国の日本史+超簡単経済、財政論-Q&A】
http://grandpalais1975.blog104.fc2.com/blog-entry-407.html


経済は世界全体につながっているのですから、

それはすなわち世界全体の危篤権益
になります。

私の意見では、今の日本に必要なのは北風より太陽です。




 『日本は大きな政府』って

 誰が言った?



と思われた方や、


 このままじゃあ、既得権益どころか

 日本人全体が危篤権益になりますぜ!


というギャグに笑った、


と思われた方は、


↓クリックをお願いいたしますm(_ _)m

人気ブログランキングへ

http://blog.with2.net/in.php?751771
クリック、ありがとうございましたm(_ _)m 
 

YNHiromiyaをフォローしましょう





↓TPPアンケート、驚くべきことに

なんと、7000人を超える皆様に

ご回答いただいております。

全国紙の世論調査でも3000人程度といいます。

物凄い数です!!!


アンケートは絶賛続行中です











<著書紹介>

さらば、デフレ不況 -日本を救う最良の景気回復論―

(2010/03/02)
廣宮 孝信

さらば、デフレ不況 -日本を救う最良の景気回復論―

【↓著者本人による解説】

国家財政やマクロ経済においては常識とは正反対の見方をする必要があります。
本書の目的の第一読者の皆さんにその「正反対の見方」を提供することです。

・「財政黒字は良い」「財政赤字は悪い」。それが一般的な常識的なものの見方でありましょう。

・しかし、実際には
「財政黒字なのに国家破綻」「20年以上財政赤字が続いている国が高度成長を続けている」
ということが世界ではごく普通に起きているのです。

・そして、本書の目的の第二
本当に怖いのは財政破綻ではなく、モノの供給が途絶えてしまう「物流上の破綻」であることを明示することです。

・なぜならおカネというものは印刷や帳簿上の処理で幾らでも創れますが、
国民生活、国民の生存のために必要な食料やエネルギー資源などは、
おカネと違って幾らでも創れるものではないからです。

本書の最大の特徴は、一般の「経済学」では取り扱われることのないこの「物流上の破綻」に焦点を当ている点です。

・この本当に恐るべき「破綻」が起こらないようにするにはどうしたら良いか、
つまり将来において供給不足が起こらないようにするにはどうしたら良いか
そして、それを踏まえた上で、現在の需要不足にどう対応すべきか
この問題の解決策に関して年金問題をも絡めての具体的な提言を行っていることも、
本書についての類書との際立った特異点でありましょう。



☆アンチ対策に役立つ【反「国家破産」的マスコミ記事】は
こちら→
http://blogs.yahoo.co.jp/eishintradejp/folder/1031019.html?m=lc



 






スポンサーサイト

マクロ経済コメント(6)トラックバック(0)|

コメント

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。