ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
114位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
10位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

594:GDP実質+2.6%、名目+2.9%。ここでもう一度「附則18条」を振り返ってみましょう!増税しようがしまいが、一にも二にも国土強靭化!!

2013/08/13 (Tue) 09:50
政治ブログランキング、いつもクリックありがとうございます! 

 
人気ブログランキングへ




新著、全国書店で好評発売中です!
アマゾンでのご購入は
こちら
「国の借金」カバー表面

「国の借金」アッと驚く新常識 ~"年金絶望世代"も元気が出る

(技術評論社 刊)



消費税、ユーロ問題、TPP、
国の借金、破綻と繁栄の世界史、将来への展望etc…



図表が全部、短い説明文付きの「プレゼン形式」など、
分かりやすくする工夫がいっぱい! 

◯日本の財政余裕度は世界一。世界で一番「破綻」と縁遠い国!
◯そもそも「破綻」した国は、むしろその後、急成長している場合が多い! 


という、「究極の二段構え」の“新常識”で、あなたと日本を元気にします!




“バーチャル立ち読みコーナー”開設:

《「国の借金」アッと驚く新常識》の一部をPDFでご覧頂けます!
こちら


その他詳細な内容紹介:
1.“章別の内容紹介”→こちら
2.“5つのことわざで分かる、簡単マクロ経済入門”→こちら






↓こちらもよろしくお願い致します

国債を刷れ新装版表紙

「国債を刷れ!新装版-これがアベノミクスの核心だ」







昨日、内閣府社会総合研究所が、今年の第二四半期のGDP速報(第一次速報)を発表しました。

http://www.esri.cao.go.jp/jp/sna/data/data_list/sokuhou/files/2013/toukei_2013.html

年率換算で、
実質+2.6%
名目+2.9%



2013Q2速報値
http://www.esri.cao.go.jp/jp/sna/data/data_list/sokuhou/files/2013/qe132/pdf/gaiyou1321.pdf



というわけで、ここでもう一度、消費増税法の附則18条を振り返ってみましょう:


附則
(消費税率の引上げに当たっての措置)
第十八条 

消費税率の引上げに当たっては、
経済状況を好転させることを条件として実施するため、
物価が持続的に下落する状況からの脱却及び経済の活性化に向けて、
平成二十三年度から平成三十二年度までの平均において名目の経済成長率で三パーセント程度かつ実質の経済成長率で二パーセント程度を目指した望ましい経済成長の在り方に早期に近づけるための総合的な施策の実施その他の必要な措置を講ずる。

2 この法律の公布後、消費税率の引上げに当たっての経済状況の判断を行うとともに、経済財政状況の激変にも柔軟に対応する観点から、第二条(注:消費税率8%への変更)及び第三条(注:消費税率10%への変更)に規定する費税率の引上げに係る改正規定のそれぞれの施行前に、経済状況の好転について、名目及び実質の経済成長率、物価動向等、種々の経済指標を確認し、前項の措置を踏まえつつ、経済状況等を総合的に勘案した上で、その施行の停止を含め所要の措置を講ずる。


《可決された修正案で、附則第十八条に追加された項目↓》
附則第十八条第二項中「前項」を「前二項」に改め、同項を同条第三項とし、同条第一項の次に次の一項を加える。
2 税制の抜本的な改革の実施等により、財政による機動的対応が可能となる中で、我が国経済の需要と供給の状況、消費税率の引上げによる経済への影響等を踏まえ、成長戦略並びに事前防災及び減災等に資する分野に資金を重点的に配分することなど、我が国経済の成長等に向けた施策を検討する。





今回の第2四半期速報値だけで言えば、

実質は2%程度

名目は3%程度

になっているので、「じゃあ、予定通り来年4月から8%ね!」としても良いことになるか…。

というと、よくよく見たら

「平成二十三年度から平成三十二年度までの平均において」

ですから、

2011年から2020年の平均で実質+2%、名目+3%程度を目指すべきということになります。

今回同時に発表されている2012年度の数値を見ると…

2012年度GDP
http://www.esri.cao.go.jp/jp/sna/data/data_list/sokuhou/files/2013/qe132/pdf/gaiyou1321.pdf


2011年度、2012年度は、実質、名目ともに目標値を大幅に下回っています。

「平成二十三年度から平成三十二年度までの平均において」実質+2%、名目+3%に持って行くとなると、今年度以降の各年度では実質2%、名目3%では全く足りず、実質で+3%以上、名目で+4%以上を目指さなければなりません。


とはいえ、この状態を「目指した望ましい経済成長の在り方に早期に近づける」うんぬんという、あくまでも努力目標なので、「とりあえず、今回の実質+2.6%、名目+2.9%という数値で、近づいたのねん」と言われれば、そうなのか、ということにもなり得ます。

そもそもこの法律の文言、あいまいですね^^;。


ほんでもって、何だかんだといって、修正案で加わった「第二項」の文言こそが一番重要かと:

「2 税制の抜本的な改革の実施等により、財政による機動的対応が可能となる中で、我が国経済の需要と供給の状況、消費税率の引上げによる経済への影響等を踏まえ、成長戦略並びに事前防災及び減災等に資する分野に資金を重点的に配分することなど、我が国経済の成長等に向けた施策を検討する。」


ここで、

「税制の抜本的な改革の実施等」

とは、消費増税のことを指すのかな??
まあ、そう取るとしましょう。

消費増税によって、財源に余裕ができる(はず)なので、そのカネを使って、消費税引き上げによるデフレギャップの拡大を防ぐような景気対策をしますよ。
その際には成長戦略や防災減災に特に重点的にやりますよん。


と読めるのではないでしょうか。





近頃は1時間あたり100mmを超えるような「経験のない大雨」が頻発し、何人もの方の命が犠牲になってしまっています。

大都市では1時間あたり50㎜の排水を基準に雨水の下水管が整備されているので、当然のように洪水になってしまうような雨量です。

例えば横浜市ではこんな具合です:


 雨水幹線等の整備率は、平成19年度現在で5年に1回程度の降雨(時間降雨量約50mm)に対して61%、 10年に1回程度の降雨(時間降雨量約60mm)に対して34%とまだまだ遅れている状況下にあります。

 近年、都市化の進展に伴い、市域では流域の保全・遊水機能が低下する中で、ゲリラ豪雨や計画降雨量である5年に1回程度の降雨(時間降雨量約50mm)を上回る大雨が増加傾向にあります。平成16年10月の台風22号では、市域の広範囲で10年に1回程度の降雨(時間降雨量約60mm)を超える大雨によって、浸水家屋1000棟を超える甚大な都市型水害が発生し、市民生活に大きな影響をもたらしました。安全な市民生活を確保するためには、浸水対策を計画的かつ着実に進める必要があります。

 横浜市では、5年に1回程度の降雨(時間降雨量約50mm)に対応する雨水幹線等の整備を進めており、人口や資産が集中し、かつ地盤の低い都心部については10年に1回程度の降雨(時間降雨量約60mm)に対応した整備を進めております。
」(横浜市環境創造局


全国の政令指定都市のなかでは財政状況がかなり優良な部類に入る横浜市ですら、この程度です。

つまり、日本国全体として、増加傾向にあるゲリラ豪雨等に対して極めて脆弱な状態です。


それに、こんな話も:

-----

首都直下地震、起きやすい可能性 大震災でプレート沈み込み加速 防災科研が分析
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120307/dst12030702010003-n1.htm
MSN産経ニュース 2012.3.7
 東日本大震災の影響でフィリピン海プレート(岩板)の沈み込みが加速し、関東地方を乗せた北米プレートとの境界部にひずみが蓄積しやすくなっていることが防災科学技術研究所の観測で6日、分かった。首都直下地震などプレート境界型の大地震が起きやすくなった可能性が高い。


-----


全国にはコンクリートが劣化してコンクリート片がポロポロ剥がれ落ちているような橋梁が多数あるのに、ちっとも補修や改修が進んでいません。


以上のような状況を考えると、私はむしろ消費税は予定通り増税し、附則18条第2項を盾にとって、国土強靭化を可及的速やかに進めるのが妥当ではなかろうかとも思います。


もちろん、消費増税などせずに国土強靭化をどんどん推し進められればそれに越したことはありません。しかし、それはそれでかなりハードルが高いように思えます。

この状況の中でも、防災減災のための施策は本当に少しでも早く進めなければならない、という観点に経てば、取りあえず消費増税には目をつむる、というのも一つの考え方かもしれません。






消費税についてはもう一つの視点があります。


それは、「アングラマネー」に対してもそれなりに課税できるというメリットです。

最近、藤井厳喜さんの新著、「アングラマネー タックスヘイブンから見た世界経済入門」という本を読んでいて、ふと改めて消費税について考えてみました。

この本の裏表紙には、次のようにあります:

「世界各国の税収が極端に減少している。税金は表の経済にしか、かけられないからだ。タックスヘイブン(租税回避地)やシャドーバンキング(影の銀行)を使った、いわゆる脱税や資産隠し、麻薬や売春や賭博によって生まれ蓄えられた金をアングラマネーと呼ぶ。世界の年間総生産70兆ドルの約25%がタックスヘイブンに流れ、シャドーバンキングの規模は約67兆ドルにまで拡大。もはや中央銀行やIMFも制御できない闇資金の還流が世界経済を揺さぶっている。」


犯罪絡みのアングラマネーの規模というのは世界的に見てもまったく無視できないほど大きい、ということを考えると、どんな「犯罪者」でも表社会で買い物をすれば消費税を払う必要が出てきますので、その点では消費税は意義が大きいと言えます。

また、犯罪絡みだけでなく、表社会であっても著名なグローバル企業等があの手この手の「節税スキーム」を駆使し、どこの国にもほとんど法人税を支払っていないという状況です。これがまた、世界各国の税収が著しき落ち込んでしまっている原因です。
消費税はそのような企業からも確実に税金を徴収できるというメリットがあります(本来、消費税は消費者が負担するものではありますが、あくまでも方便として)。


このような「アングラマネー」から税金を一応は取れる、というメリットの反面、低所得者に重くのしかかる逆進性があるのが、消費税のデメリットです。
よって、中小企業への減免措置や、低所得層への一定の配慮は、やはりしっかり担保する必要があります。
とまあ、このようにすれば、消費税をグローバル企業に対する抑止力とする一方で、消費税による財源を国土強靭化や福祉の強化に回すことを通じて一般国民に対する恩恵にしてしまえる可能性も出て来ることになります。

underground-money.jpg 

藤井厳喜著
「アングラマネー タックスヘイブンから見た世界経済入門」

※藤井厳喜さんは「アングラマネー」で消費税のことは書いていません。念のため。



ありゃ、すると消費増税もあながち悪いことばかりでもないのか。

…などと書くと財務省の回し者と言われかねませんが(笑)。


ちなみに、私は財務省さんからカネをもらったことはありません。いや、所得税の還付はもらったことはありますが、それは私が予定納税の形で先払いしていた所得税の一部を返してもらっただけです。
つまり、財務省からもらっているより、財務省に払ってやってる金額の方が圧倒的に多い状況です!
(たいていの人はそうだと思いますが…。いや、いますでに年金をもらっている世代の方々は必ずしもそうでない場合があるかも知れませんね!)

「こら財務省!所得税とか消費税で目一杯カネをくれてやってんだから、俺っちの言うことをちったあ聞きやがれってんだ!」なんて言ってみたりして。





<追記事項>

今回の趣旨:

国・地方のプライマリーバランスについて、2015 年度までに2010 年度に比べ赤字の対GDP 比の半減、2020 年度までに黒字化、その後の債務残高の対GDP 比の安定的な引下げを目指す」という閣議決定(「経済財政運営と改革の基本方針について」 平成25年6月14日)されている中期財政方針を踏まえれば、消費増税なしの国土強靭化推進は困難な状況と考えられます。

この状況のなか、
①増税なしで国土強靭化あり
②増税ありで国土強靭化あり
③増税なしで国土強靭化もなし
④増税ありで国土強靭化なし
の4択なら、


①が最善だが中期財政目標から困難。
②は渋々ながら次善で実現可能性は比較的高い。

③は国土強靭化なしなので、恐らく①と②に比べれば犠牲者は確実に多くなる(個人的には、ちょっとこの選択肢は選べないなあ、と思う次第です)。
④はまるで消費税を三途の川の渡し賃とする阿鼻叫喚の生き地獄となるので勘弁してほしい、ということであります。附則18条第2項を盾にとって、絶対に④にだけはならないようにしたいですよね。

なので、諸般の事情を勘案すると現実的な解としては結局、残念ながら②になってしまうのかな、という趣旨です。






というわけで、



 消費税、

 増税しようが、するまいが、

 一にも二にも

 国土強靭化!!!



と、思われた方は、 


↓クリックをお願いいたしますm(_ _)m

人気ブログランキングへ

http://blog.with2.net/in.php?751771
クリック、ありがとうございましたm(_ _)m 
 

YNHiromiyaをフォローしましょう





≪寄付金募集のご案内≫

“不足に基づく強欲と恐怖が支配する世界”から、

“充足に基づく幸福感と安定感が支配する世界”への

転換のために――


「国の借金」に対するネガティブな見方など、世の中全体のネガティブな思考を、ポジティブな思考で塗りつぶすことを早める
、という
趣旨での寄付金の募集をさせて頂いております。


詳細は↓こちらのPDFファイルをご覧ください
http://www12.plala.or.jp/YNHiromiya/donation.pdf

※お問い合わせ用メール フォーム:

   http://form1.fc2.com/form/?id=784087




スポンサーサイト

マクロ経済コメント(8)トラックバック(0)|

コメント

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。