ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
81位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
7位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

103:大きな政府、小さな政府

2009/09/08 (Tue) 16:16

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51xJ2bE3HTL._SL160_AA115_.jpg

「国債を刷れ!」「高校生でもわかる日本経済のすごさ!」アマゾンでのご購入は こちらです→ http://www.amazon.co.jp/gp/product/4883926788




ついに昨日、ブログランキングで

10,000ポイント

大台を突破しました!!!

しかも、

ニュース部門全体でも久方ぶりのトップ10入り

となっておりました!!!!!

当ブログのランキング状況は→ こちらをクリック

まこと、まことに、ありがとうございますm(_ _)m

これからも
「国が財政危機と考えることこそ日本の危機」という考えを広めるため、
どうぞご協力クリックを賜りますよう、よろしくお願いいたしますm(_ _)m








今日は、

政府の経済への関与が大きい(大きな政府)ほど、

端的に言えば、福祉が充実している国ほど

国民は安心して生きることができ、貯金しなくて済む。


よって、

国民はガンガンお金を消費に回すため、政府は赤字を増やしてまで景気対策する必要がなくなる。


よって、

政府の関与が大きいほど、政府の借金が小さい→政府の純資産が大きい=政府が金持ち

になる


という前提で話を書こうと思っていたのですが…

上のグラフを作った結果、そうは行きませんでした^^;



ここで、

政府総支出というのはGDPに算入されない支出も含めた政府の支出です。

年金や失業給付、定額給付金など、政府が直接民間にお金を渡すような支出は

生産活動を伴わないのでGDPには算入されませんが、

政府を通じて分配されるお金です。



このようにするのは
所得の再配分によって貧富の差の拡大を抑制し、
もって社会を安定させるためです。


さて、
上のグラフを作って一番驚いたのはイタリアでした。

イタリアの政府総支出はGDP比65%で、

北欧の高福祉・高負担国家(スウェーデン、フィンランド、ノルウェー)を

圧倒的に上回る「大きな政府」になっています。


それでかつ政府の借金が大きいわけです。

なお、政府の借金が大きい=国民の資産が大きい

となります。

#政府の借金が大きい=国民の資産が大きい ということを端的に示すグラフは「高校生でも分かる日本経済のすごさ!」p.203をご参照ください。)


ということで、

イタリアは

大きな政府(フローで)、大きな政府の借金、大きな家計の金融資産

となっています。


対照的に

日本やアメリカは

小さな政府(フローで)、大きな政府の借金、大きな家計の金融資産

となっています。



本当は、

イタリアも含めて

小さな政府=大きな政府の借金=大きな家計の金融資産




北欧諸国のような

大きな政府=小さな政府の借金=小さな家計の金融資産


という姿を示して、


そんなに財政再建、政府の借金を減らすことが好きなら

大きな政府、高福祉・高負担、小さな政府の借金=民間の資産も小さい

というのも選択肢、


小さな政府、低福祉・低負担、大きな政府の借金=民間の資産も大きい(ただし、あなた個人の資産はあなた自身の努力・運不運次第)


というのも選択肢

ですね。


という結論に持って行こうと思っていたのですが、
それは見事ボツになったわけです^^;

イタリアに限らず、韓国やノルウェーもこの私の企みを見事に打ち砕いてくれました^^;



#ちなみに、「国債を刷れ!」を書いているときも、こういうことの連続でした。
 最初に私が思っていること、いわば「仮説」ですが、を検証するために
 関連するデータを引っ張ってきたら…
 その「仮説」があっけなく崩れ去ったということがしばしば起きています。
 
 だから、「国債を刷れ!」の執筆期間は私自身の「思い込み」を
 自分自身でバッサバッサ切り捨ててゆく6ヶ月でもあったわけです^^

 以前にも書きましたが、第2章の日銀悪玉論ちっくな記述は、本当にうかつでした。

 第4章の量的緩和の検証の部分で本全体としては、なんとか辛うじてバランスは
 取れたのではなかろうかと思いますが…

 それにしてもです。
 「日銀が国債を買わない、買いたがらない」という批判が当たらないというのは、

 【日銀と国債と株と不動産の物語】
 http://blogs.yahoo.co.jp/eishintradejp/16351769.html

で載せたグラフを見れば一目瞭然なのです。
  
 人様の話を鵜呑みにしてしまうと痛い目に遭うということの、
 これは、まさに好事例です。

 もっとも、

 「日銀自身が日ごろからもっとアピールしといてよ、誤解するから。」

 とも言いたくなります^^;



さて、とりあえず今回の結論


小さな政府=政府の借金が小さい … ×(そうとは限らない)


大きな政府=政府の借金が大きい … ×(そうとは限らない)


政府の借金が大きい=民間の資産が大きい … ○(「高校生…」p.203の図参照)



あと、
一応、政府総支出と政府総収入のグラフも見ておきましょう




基本的には、

政府総支出≒政府総収入

です。

そして、
45度線より左が財政黒字、右が財政赤字です。


グラフではノルウェーだけが大きく外れていますが、

まあ、彼の国は産油国ですし、07年と言えば原油高でしたから、それで大きく財政黒字になっていたのでしょう。


ところで、今回の1枚目のグラフと2枚目のグラフの韓国の位置に注目してみてください。


政府の純資産、なんとGDP比で+43%です。

すっげー!

そして、

政府の支出より政府の収入が多い、つまり、財政黒字です。

すっげー!うらやましい!!!


「先進国で最悪の財政状態」の日本とはまるで正反対です。




ここでクイズです。

Q1.
上のグラフに登場する国の中で、ただ一つ

過去12年で、2度も通貨危機に陥った国があります。

その国はどこでしょう?



もう一つクイズです。

Q2.
2度も通貨危機に陥った国と対照的に、
過去数十年通貨危機に陥ったことがなく、
しかも、
通貨危機どころか、18年連続で世界で一番外国にお金を貸しまくっちゃっている
世界で一番のカネ余りの国はどこでしょう?



クイズのヒント↓



「【2度も通貨危機の国の答え:先進国最悪の財政状態の日本】、【世界一カネ余り\\\の国の答え:政府の借金よりも政府の金融資産が多く、しかも財政黒字の韓国】に違いない(苦笑い)」と思われた方は、↓下のリンクのクリックをお願いいたしますm(_ _)m

http://blog.with2.net/in.php?751771

  ブログランキングに参加しております。ご協力、ありがとうございます!

【「国債を刷れ!」補足集】の一覧はこちらをクリック


未分類コメント(0)トラックバック(0)|

≪前の記事 図説 バランスシート不況
≫次の記事 景気刺激策の継続合意:G20[2]

コメント

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。