ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
81位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
7位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

109:銀行の国債保有、最高水準[2]

2009/08/31 (Mon) 17:22

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51xJ2bE3HTL._SL160_AA115_.jpg

「国債を刷れ!」「高校生でもわかる日本経済のすごさ!」アマゾンでのご購入は こちらです→ http://www.amazon.co.jp/gp/product/4883926788




[1] http://blogs.yahoo.co.jp/eishintradejp/21365586.html
からの続きです。

ところで、
[1]の日経新聞のグラフを見ていて、不思議に思うことがいくつかありました。

・このところ預金取扱金融機関全体での預金はあまり増えていないのに、
 銀行の預金がこのところ勢いよく増えているのはなぜ?

・国債の残高全体は一貫して増え続けているはずなのに、
 銀行の保有残高は04年から08年にかけて20兆円以上減っていた。
 この間、国債の保有を増やしていたのは一体誰?

といったことです。

この辺がさっき書きました「マニアック」な部分なのですが、
これについては明日以降にまた書きます。




さて、
紙面版では最後の方にこんな気になることが書いてありました:

国際会計基準審議会(IASB)

有価証券の時価評価の方法を見直すかどうか検討中で、

現在は損益を計上しなくてもよい国債の会計区分が変わる可能性もある。


現時点で国債は時価評価の対象外だが、

結論次第では銀行が大量の国債を持ちにくくなる恐れもある。


時価評価することになれば、銀行は国債を買いにくくなるため、

長期金利の上昇を招きかねない。



たしかにこれは波乱要因となりそうですが、

もしそんなことになれば、それは天災ではなく明らかに人災です。


これで痛い目に遭うのは日本政府だけでなく、

というよりはむしろ、今、必死で国債で資金をかき集めようとして札割れを起こしまくっている日本以外の各国政府の方だと思いますが…


それを思えばIASBなる組織が賢明な判断をするほかないと考えますが、

仮に、国債を時価評価することになったとしましょう。

その場合でも

「銀行が大量の国債を持ちにくくなる恐れ」

を緩和する方法はもちろんあります。


1.長期国債を変動金利中心にする

2.国債発行は短期国債中心にする


これですね。


さて、
1.の変動金利なら債券の価格は変動しませんので、

どーんと来ーい時価評価

です。


次に、
2.の短期国債中心なら…

たとえば、今日現在、2年物の日本国債の金利(利回り、yield)はなんと、
http://www.bloomberg.com/markets/rates/japan.html

0.26%

という「人をバカにしとんのか!」と言いたくなるような超超低金利です。

(これが破綻寸前で、
 財政状態が先進国で最悪の国の国債の金利なんて、皆さん信じますか?^^)


で、
この0.26%の2年物国債を持っていて1年経過した時点で、

仮に翌日物から1年物の国債の金利が軒並み5%に急上昇したとします。

その場合のこの2年物国債の価格は↓下のようになります。






当初の金利が0.26%の2年物債券を持っていて、

残存1年のときに1年物の金利が5%となるような、金利の急上昇に見舞われたとしても、

価格は4.7%低くなるだけ(つまり、評価損がたったの4.7%)です。

どうということはないですね。


そして、
下がっていた価格も最後には100に戻ります

はっきり言って、こんなものをイチイチ時価評価する必要あるのか?というような具合です。



ということで、
万が一、国債を時価評価、となった場合でも対処は全く可能です。

でも、上記のような対応では長期の固定金利の基準がなくなってしまうので、

例えば長期の住宅ローンは組み難くなると思われます。

そうなると、

景気の低迷が延々続きかねません。


そこまでの影響を考えれば、

国債の時価評価を強制するのは無意味に景気回復を遅らせるだけとしか思えないですので、さすがにIASBもそこは変えて来ないと思います。

仮に、
この会計区分の変更をやったとしても、数年で「こりゃだめだ」となって元に戻すのがオチでしょう。


「2年物国債の利回りが0.26%て、どんだけカネ余りやねん、日本!」 と思われた方は、下のリンクのクリックをお願い致しますm(_ _)m

http://blog.with2.net/in.php?751771

  ブログランキングに参加しております。ご協力、ありがとうございます!

【「国債を刷れ!」補足集】の一覧はこちらをクリック

スポンサーサイト

未分類コメント(0)トラックバック(0)|

≪前の記事 お知らせ  
≫次の記事 銀行の国債保有、最高水準[1]

コメント

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。