ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
81位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
7位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

112:株で預金は減らない![2]

2009/08/25 (Tue) 16:37

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51xJ2bE3HTL._SL160_AA115_.jpg

「国債を刷れ!」「高校生でもわかる日本経済のすごさ!」アマゾンでのご購入は こちらです→ http://www.amazon.co.jp/gp/product/4883926788


「高校生でもわかる日本経済のすごさ!」先行販売(本日25日夕方です!)の書店一覧は こちらです→ http://blogs.yahoo.co.jp/eishintradejp/21125426.html





[1] http://blogs.yahoo.co.jp/eishintradejp/21225658.html
からの続きです。


株価が上昇してきて、株式投資ブームが沸きおこり、

昔のバブルのときのように、

「普通の主婦やOLまで株に投資するようになった」

というような状況を考えて下さい。


そうなると、どうなるでしょうか?


それまでは、定期預金(つまり、長期の銀行への貸付)で堅実に運用していた人たちが、

定期預金なんてしている場合じゃない!

となるわけです。


みんなが定期はやめて普通預金にし、とにかく、お金が手に入ったら株を買う

と言うような状況です。


そうなると、預金の総量は減らないけれど、預金全体の中で

定期預金の割合が減り、普通預金の割合が増える

ということになります。


となると、
預金を預かっている銀行の方は、預金の運用

長期から短期にシフト

せざるを得ないわけです。
(いつ、引き出されるか分からない普通預金の割合が増えるので)。


そうなると、長期金利の上昇圧力が高まりますね。


でも、
長期金利が高くなり、定期預金の金利が高くなれば、

今度は、株なんてやらずに定期預金で安全確実に高利回りで運用する方が良いよ

と言う人も増えてきます。


で、そうなると今度は株価の上昇圧力が弱まり…

このような形で、様々な人の様々な思惑の総和で株価や金利が変化を続けて行くということになるわけですね。



最後に、

よく、株式が暴落すると、

○百兆円の富が失われた

という言い方がなされます。


これ、決してお金が減るわけではないわけですね。




実際、[1]の預金の量と株式・出資のグラフを見てみてもそのことがよく分かります


株式・出資の時価総額

07年6月の1,067兆円から

09年3月の 487兆円へと、

580兆円も減っていますが、

同じ期間に、
預金の量は20兆円ほど増えています。


ただ、

最近では、株式交換により、ある企業が他の企業を買収できるわけなので、

株式の時価総額が減ると言うことは、他の企業の買収に使うための「元手」が減ることになるので、

その意味では

富みが失われた

と言えるかも知れません。


しかし、

自分のとこの株式時価総額と、買収したい相手の時価総額が同じように落ちていたら、

買収し易さは特に変化しません。

そう考えると、

株の暴落 = 富みの喪失

とは必ずしも言えません、ということになりますね^^


これは不動産にも言える事です。

少なくとも

不動産の暴落 = おカネが消えた

ということはないわけです。


ああ、あと、前にも書きましたが、

「海外への資金逃避」

も、別に日本円が消える話にはなりません

あなたが、円預金をドル預金と両替したなら、必ずもう一方で、

ドル預金を円預金に替えた人がいるからです。

そうでないと両替は成立しません。


で、結局、銀行全体からすれば、円預金が減ることにはなりません

(円預金そのものは減らないけれど、「資金逃避」なら為替レートは円安になります)


それゆえに、

あなたがドル預金と引き換えに手放した円預金

結局は、どこかの銀行において

国債、地方債、社債などの債券や、企業への貸付金、個人の住宅ローン

等のうちの、いずれかで運用されることになります。



ということで、本日の結論


日本政府を破綻させる方法

a.意味もなくアメリカを死ぬほど怒らせて徹底的に空爆してもらい、
 日本中の銀行を消滅させ、日本円の預金を消滅させる。

b.新自由主義原理主義者に政権運営を全面的に任せ、
 つぶれそうな銀行は100兆円以上の預金を持つメガバンクであろうと
 容赦なくつぶし、
 ペイオフを連発する。

そうすれば、
○百兆円の巨額の預金が消えてなくなり、国債で運用しようとする人がいなくなり、日本政府はあっけなく財政破綻すること、請け合いです。
 

「そっかあ、財政破綻論者に政治を任せれば、いざというときも『国にそんな余裕はなーい!!!』とかアホなことを言って、銀行を救わず破綻させまくるだろうから、それで預金が消滅して、日本政府も資金調達源に困って破綻ですね(さすがに、見るに見かねて日銀が政府を無視して頑張るかも知れないけれど)。じゃあ、日本政府を破綻させるには、財政破綻論者に国を任せるだけで良いんだ。簡単だあ^^V」 と思われた方は、↓下のリンクのクリックをお願い致しますm(_ _)m

http://blog.with2.net/in.php?751771

  ブログランキングに参加しております。ご協力、ありがとうございます!

【「国債を刷れ!」補足集】の一覧はこちらをクリック

スポンサーサイト

未分類コメント(0)トラックバック(0)|

≪前の記事 祝・バーナンキ議長、再任
≫次の記事 株で預金は減らない![1]

コメント

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。