ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
81位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
7位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

114:国債「増やさない」鳩山代表[2]

2009/08/24 (Mon) 12:21

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51xJ2bE3HTL._SL160_AA115_.jpg

「国債を刷れ!」「高校生でもわかる日本経済のすごさ!」アマゾンでのご購入は こちらです→ http://www.amazon.co.jp/gp/product/4883926788

「高校生でもわかる日本経済のすごさ!」先行販売(25日火曜日)の書店一覧は こちらです→ http://blogs.yahoo.co.jp/eishintradejp/21125426.html




[1] http://blogs.yahoo.co.jp/eishintradejp/21193914.html
からの続きです。



日本国債の金利が低いのは、大蔵省(現・財務省)が、銀行に国債の購入を強制しているからだ!

と言って、ネット上で「国債を刷れ!」を批判している人がいました
某「経済学者」の信者の方です)。

もし仮に、それが本当だとしたら、

日本の銀行は、日本国債の代わりに、サブプライムローンを裏づけとした証券化商品を買っていた方が良かったわけですね^^;。

そんなバカな話は無いわけです。


また、


ということが現に起こっています。

こちらは明らかに、金融機関が能動的に国債の購入を増やしているという話です。



なんと言いますか、「日本の国の借金は大変だー、破綻だー」とおっしゃっている皆さんの論理展開というのは、申し訳ないですが、はっきり言って支離滅裂です。


なぜ、この現実の世界で生活していながら、ここまで見事に現実の現象を無視し、

見ざる、言わざる、聞かざる

を押し通すことができるのか、というのは、

世界七不思議の一つに入れても差し支えないように思われます。


(と言っても、私もちゃんと調べるまでは日本破綻論を信じ込んでいたので、
 あまり人のこと言えないですが^^;)


さて、それから、

個人の預金が多い→銀行が資金をもてあましている→銀行が国債を買っている

から大丈夫だ

と言うけど

景気が良くなって、

その個人がみんな預金を下ろして株を買うようになれば、

銀行の預金も減って

誰も国債を買わなくなるので、

やっぱり政府は破綻する

というようなことをおっしゃる方がいるかも知れません。


しかし、残念ながら、そんなことはありません。


あなたが株を買ったら、その代金は払わないでしょうか?

そんなことないですよね。そんなことしたら詐欺ですから^^;

あなたが株を買ったら、あなたは証券会社を通じて、その株をあなたに売ってくれた人に、あなたの預金を渡すことになります。


その株を売った人が何かの形で預金を使ったとしても、その預金は他の誰かに回るだけです。


ということで、
株の取引が活発化したからと言って預金総額は減りません。
よって、
それによって政府が破綻することはありません。

→この株ネタはまたデータに基づいて、やります。



さて、最後に、

鳩山さん

新規国債は増やさないぞー!

とおっしゃっているのですが、

財源に使う「埋蔵金」には

財政投融資特別会計

も含まれています。(私の手元にある「民主党Manifesto」にそう書いています



この、

財政投融資特別会計

を使うということは、

国債の返済に回すお金を減らすことになってしまいます。


つまり、国債の残高を減らすのに使うお金を財源とするので、これは

国債の増発と同じです。


詳細は↓こちら

【自民党VS民主党[経済政策比較] ①】
http://blogs.yahoo.co.jp/eishintradejp/9335324.html


新規国債は減らすけど、国債残高を減らすのを止める。

というのは、

新規国債
「増やさない。増やしたら国家が持たない」

ということと明らかに矛盾するわけです。


国の借金大変だ!

と言っていると、

結局は、このようなゴマカシを使うほかなくなるようです。


「とりあえず国会議員の立候補の条件に【簿記3級…、いや、簿記4級以上相当の簿記資格試験合格】を入れた方が良さそうかも…」 と思われた方は、↓下のリンクのクリックをお願い致しますm(_ _)m

http://blog.with2.net/in.php?751771

  ブログランキングに参加しております。ご協力、ありがとうございます!

【「国債を刷れ!」補足集】の一覧はこちらをクリック

スポンサーサイト

未分類コメント(0)トラックバック(0)|

≪前の記事 株で預金は減らない![1]
≫次の記事 国債「増やさない」鳩山代表[1]

コメント

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。