ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
76位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
6位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

116:「低採算部門にODA」日経記事

2009/08/23 (Sun) 10:52

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51xJ2bE3HTL._SL160_AA115_.jpg

「国債を刷れ!」「高校生でもわかる日本経済のすごさ!」アマゾンでのご購入は こちらです→ http://www.amazon.co.jp/gp/product/4883926788

「高校生でもわかる日本経済のすごさ!」先行販売(25日火曜日)の書店一覧は こちらです→ http://blogs.yahoo.co.jp/eishintradejp/21125426.html





本日(09/08/23)の日経新聞朝刊1面 から

【途上国のインフラ整備、低採算部門にODA 政府方針】

政府

途上国でのインフラ整備を民間資本と一体で支援するため、

政府開発援助(ODA)に新たな手法を導入する方針を固めた。


大型プロジェクトで採算を見込める部分に民間資本を、

採算に合わない部分には公的資金として円借款を投入する仕組みだ。


財政負担を減らして効果的な援助をめざす。

事業全体のリスク軽減により民間企業の海外進出を後押しする。


事業全体のリスク管理手法などを検討したうえで、

今年度中にも導入に踏み切る。


外務省などは

衆院選の結果にかかわらず援助の基本方針は変わらないとみている。


に出てるのですが、

紙面版には続きがあります。

・このような手法

 「バイアビリティー・ギャップ・ファンディング(Viability Gap Funding)」

と言うそうです。


Viabilityというのは事業の採算性とか継続性とかの意味合いのようです。

その採算性や継続性
ギャップGapを埋めるための、
政府による資金投入Funding

ということでしょうかね。

記事には
この手法はインフラ事業を細かく区分けし、

採算性の低さを公的資金で穴埋めする



公的資本の部分投入全体の採算性を引き上げる効果がある。


例えば物流網などのインフラ整備では、

土地収用や区画整理など利益が出にくい部分にはODAである円借款を活用。

道路建設など採算性が高い事業に民間からの資本を充てる。


採算性に応じて事業を区分けするため、

民間企業は原則、採算割れになるリスクを負わなくて済む利点がある。

とあります。




さて、

円借款というのは、

日本政府が他の国の政府に円で貸し付けることですね。


そして、

他国の政府がその円借款を財源に財政出動する。

日本の民間企業はそれに乗っかってリスクを回避、採算割れを回避することができるので、自らの資金でその国に事業進出する。


ということで、
上記のVGF(バイアビリティー・ギャップ・ファンディング)というのは

単純化して言えば、

政府支出というニンジンをぶら下げて民間活力を引き出すという手法です。


要するにこれ、

第三の道

http://blogs.yahoo.co.jp/eishintradejp/16758849.html
です。


アメリカ政府

建設費の1/3を援助することで、
代替エネルギー(再生エネルギー)の発電所の採算ラインを引き下げることを呼び水に、
民間部門を刺激して地熱発電所などの建設ラッシュを巻き起こしたのと、

基本的な構図は全く同じです。



政府支出で民間の活力を引き出すと言う点では、

エコカー減税とか太陽光発電の補助金とも、もちろん全く同じ構図ですね。




話を今回のVGFに戻しますと、


・日本の民間企業はそれで利益を上げることができる。

・途上国はインフラ整備が進むので、その国の内需が活性化する。
 ということは、日本にとっての外需が大きくなる。

・日本政府はいずれその途上国から円借款を回収する。
 その途上国が順調に発展する限り、取りっぱぐれはないでしょう。

ということは、
  日本:外需を振興できる。円借款もちゃんと回収できれば、文字通り丸儲け
  途上国:自国の経済基盤をしっかり整備できる。

という具合になります。


実に、うまいやり方だと思います。


さて、こんなうまいやり方をやろうとしているのは…

記事では主語が「政府」としかなっていませんが、

「その【政府】の責任者は誰だ?責任者、出て来ーい(良い意味で)」 と思われた方は、↓下のリンクのクリックをお願い致しますm(_ _)m

http://blog.with2.net/in.php?751771

  ブログランキングに参加しております。ご協力、ありがとうございます!

【「国債を刷れ!」補足集】の一覧はこちらをクリック

スポンサーサイト

未分類コメント(0)トラックバック(0)|

≪前の記事 国債「増やさない」鳩山代表[1]
≫次の記事 先行発売ご案内(「高校生でも…」)

コメント

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。