ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
76位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
6位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

119:おさらい[2]

2009/08/20 (Thu) 12:16

「国債を刷れ!」好評発売中です。ご購入は↓こちらをクリック    http://www.amazon.co.jp/gp/product/4883926788








本日の日経朝刊1面 論説記事 【選択09衆院選 政治に期待すること [中]】
から:

日本国債の外国人の保有比率は現在6%台約50%の米国と比べて極端に低い

国内の豊富な家計貯蓄が国債を買い支えているからだ。

だが、高齢化が進めば家計は貯蓄を取り崩さざるを得ず
海外マネーに頼ることになる。



「約50%の米国と比べて極端に低い」

→その外国人保有率の高いアメリカは、中国要人が「米国債がどうたらこうたら」と発言するたびに、ご機嫌を取りに北京へ行ってひいこらしているのですが、その方が望ましいとでも?




「だが、高齢化が進めば家計は貯蓄を取り崩さざるを得ず」

高齢者が貯蓄、つまり、預金を取り崩して使えば、その預金は宇宙空間に放出されて
 消滅するとでも?
 「誰かの支出は必ず他の誰かの収入」の原理原則が分かっていれば、
 このような考えが出てくることはありません。
 誰かがお金を使ったからといって、世の中全体でお金が減ることはあり得ません!




「海外マネーに頼ることになる。」

長期的に経常赤字が続くようになれば、そういうこともあるでしょうが、
 そうなれば、アメリカ同様に外国人保有比率が高まるので
 「万々歳」なんじゃないのですか?
 結局、外国人に頼る方が良いのか頼らない方が良いのか、どないやねん!





引き続き、上記論説記事の引用です:
【近視眼的な政策】

だた、海外投資家の目に映る日本の将来は暗い

債務残高はGDPの1.7倍と既に先進国で断トツ。



マネックスグループの松本大社長は最近、与野党の若手政治家

「政策が近視眼的すぎないか」と忠告した。

目先の景気刺激にこだわるあまり、

少子化対策や財政健全化など長期的な成長に向けた意欲を感じなかったからだ。

だが反応は同じだった。「選挙に勝たなければいけないから」



「海外投資家の目に映る日本の将来は暗い。」

サブプライムローンで死ぬほど大打撃を受けた人たち
 特に、国債札割れを連発している欧州の人たちには、
 そないなこと、言われたくありません。
 (ただ、「国債札割れ」自体は、
「長期国債が不人気で札割れ」でも「短期国債大人気」ということもあるので、
  それほど心配する必要もないですが)

 そんなことを言っている『海外投資家』どもには
 「そこまで言うなら
  日本はIMFに貸し付けている1000億ドル(約10兆円)を今すぐ引き上げるから
  お前ら『将来の明るい』国代わりにIMFに貸したれや、おい!
  
  は?【ボクたちの国、そんなにお金アリマセーン】って?アホぬかせ!

  といった内容のことを
  もう少しだけお上品な形で言って差し上げたい今日この頃でありますね。





「財政健全化など長期的な成長」

財政健全化こそ、近視眼的な政策の真骨頂です。
 
 長期的な経済成長 = GDPの各要素の合計が長期的に増え続けること
                    もしくは、
                 民間黒字の継続的拡大 = 政府赤字の継続的拡大

                    ↓その結果として、
                 民間純資産の継続的拡大 = 政府純負債の継続的拡大
 
 という、「考えてみたら、当たり前」の話を思い出しましょう




「債務残高はGDPの1.7倍と既に先進国で断トツ。」

「→そんなに【日本の政府債務GDP比が高いから日本はダメだ~】と本気で思っているのなら、 是非とも、事実上国家破綻したけど政府の債務残高GDP比が未だに日本よりずっと低いアイスランドに全財産をつぎ込んで凍死、じゃなかった、投資して来て下さい。ご冥福を、じゃなかった、ご健闘を心よりお祈りしております。アーメン」 と思われた方は、↓下のリンクのクリックをお願い致しますm(_ _)m

http://blog.with2.net/in.php?751771

  ブログランキングに参加しております。ご協力、ありがとうございます!

【「国債を刷れ!」補足集】の一覧はこちらをクリック

スポンサーサイト

未分類コメント(0)トラックバック(0)|

≪前の記事 「バラマキ」判定法
≫次の記事 おさらい[1]

コメント

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。