ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
85位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
8位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

123:債務GDP比と国債金利

2009/08/14 (Fri) 12:14
http://x6.cho-chin.com/bin/ll?081850800
アクセス解析


http://ecx.images-amazon.com/images/I/51iN5BfVzDL._SL500_SS75_.jpg

「国債を刷れ!」好評発売中です。ご購入は↓こちらをクリック    http://www.amazon.co.jp/gp/product/4883926788





いまだに、
経済の「専門家」メディアで呪文のように言い続ける

日本の公的債務GDP比は世界最悪

→だから、日本の財政に余裕はない

という
非科学的空想ファンタジー
を、
今日は完全に叩き切ってしまいたいと思います。


ちなみに、その非科学的空想ファンタジーはこんな調子です


日経ビジネス 2009年7月27日号 p.9
【長期債務はGDPの1.7倍に】

16年前と比べて、現在の財政状態は大きく変わった。

T(K大学)教授はこう指摘する。

93年頃と今では、国が抱える借金が全く違う

 バブル崩壊後の日本経済を、相次ぐ財政出動で何とか繕ってきた。

 それが後に『失われた10年』と言われたが、

 こんな言葉でごまかせるような状況にはないほど、

 国と地方の長期債務残高は積み上がっている


93年度末、国と地方の長期債務残高はGDPの1倍を下回っていた。

ところが今年度末には1.7倍まで膨らむ見通し。

市場に国債を引受ける余力がなくなれば、

国債価格の下落、

長期金利の上昇にもつながりかねない。



上記で公的債務のGDP比うんぬんと述べているのは
「経済学者」ではなくて、日経ビジネスの記者さんのようですが、

テレビ東京の朝の株番組によく出てくる、
某有名私立W大学の教授の先生も、ことあるごとに

日本の公的債務GDP比は先進国中最悪で、日本の財政に余裕はありません

と、
まるで壊れたレコードのように繰り返しています。


ということで、

公的債務GDP比と10年物国債金利の関係

を見てみましょう。





出典: 公的債務GDP比:IMF
    国債金利:日銀




公的債務GDP比が上昇すると「余裕がなくなる」のであれば、
国債金利はグングン上昇しているはずですが、

現実は無情にも彼らの主張と正反対

債務GDP比の急上昇とは正反対に、国債金利はどんどん下がって行きました。


ついでに、
相関関係も見ておきましょう。








なぜ、1986年以降しか示していないかと言うと、
日銀の国債金利のデータが86年以降しかなかったからです。

これだと、高々23年分のデータでしかなく、申し訳ないですので、

アメリカの約50年分のデータも見ておきましょう。

アメリカの方は、国債金利のみならず、FFレートも示します。









出典: 公的債務: Treasury Direct
    GDP: Bureau of Economic Analysis
    国債金利・FFレート: FRB




アメリカの長期データを見てもやはり、

どちらかというと公的債務GDP比と国債金利は負の相関関係になっています。


なんでこんなことになるかというと、

基本的に、金利はインフレのときに高くなるからです。

インフレのときに金利が高くなるのは、中央銀行が金融引き締めのために、たとえば保有国債を手放す(売りオペ)からですね。


そして、
インフレだと、名目GDPが伸びやすくなります。


その一方、
過去に借りたお金の残高というのは、インフレに関係なくそのままです。

それゆえ、
公的債務残高÷GDP

で計算される公的債務GDP比は、

インフレ下では

分子はあまり大きくならず、分母がどんどん大きくなるので、

小さくなり易くなります。


債務GDP比が小さくなる一方、インフレなので金利が高くなるわけです。


ということで、


インフレでは、

公的債務GDP比が小さく、金利が高くなり易い


逆にデフレでは、

公的債務GDP比が大きく、金利が低くなり易い

ので、


公的債務GDP比と金利は逆相関になり易い

というわけです。



もちろんこれは、

あくまでも傾向の話であり、

かつ、

公的債務が主に自国通貨建てである場合に限った話ですが。



いずれにせよ、

現実の状況として日本では国債金利が低い(しかも、世界最低水準)のですから、

公的債務GDP比が大きくなる = 資金調達が難しくなる = 財政に余裕がなくなる

というのは、上のグラフからして、明らかに

事実無根の非科学的空想ファンタジーでしかない


というわけです。


↑ここまでで、「面白い!」と思われた方は、
↓下のリンクのクリックをよろしくお願い致しますm(_ _)m

http://blog.with2.net/in.php?751771




以下、
若干ややこしい話を含みますので、読み飛ばしていただいて良いような話なのですが、

「科学」と「経済学者」、「非科学的 経済学者」

について、書いてみたいと思います




まず「科学」という言葉について。

gooで提供している「大辞林 第二版」では
自然や社会など世界の特定領域に関する法則的認識を目指す
合理的知識の体系または探究の営み

実験や観察に基づく経験的実証性論理的推論に基づく体系的整合性をその特徴とする。

研究の対象と方法の違いに応じて自然科学・社会科学・人文科学などに分類される。

狭義には自然科学を指す。

とあります。

ついでに「社会科学」を引くと、
社会現象を実証的方法によって分析し、
その客観的法則明らかにしようとする学問の総称

研究対象により、経済学・政治学・法律学・社会学・歴史学などに分かれる

「経済学」は「社会科学」に含まれる

わけですね。

そして、
広義では「社会科学」は「科学」なので、

「経済学」も広義には「科学」

ということになります。

(以下、科学は広義の科学を指します


それでもって、「社会科学」

「客観的法則を明らかにしようとする学問」

であり、

「科学」は、

自然や社会など世界の特定領域に関する法則的認識を目指す
合理的知識の体系または探究の営み

とあります。


つまりは、「経済学」というのは、

経済に関する事実を客観的・合理的に積み上げて、その中から一定の法則を見出して、社会の役に立つような知識の体系を作り上げる

といったことになるでしょうか。


ここで、

日本の公的債務GDP比は世界最悪
→だから、日本の財政に余裕はない

という主張を思い返してみて下さい。

この主張

一切、事実を見ていないですし、客観的・合理的に法則を明らかにしていないですよね。
だって、上で見ましたように、日本は公的債務GDP比急上昇で、逆に国債金利がダダ下がり=余裕がある(しかも世界随一)ですから。

つまり、この主張、全く「科学的でない」ということです。


つまり、

日本の公的債務GDP比は世界最悪
→だから、日本の財政に余裕はない

と主張している「経済学者」は、残念ながら、「科学的な存在」とは言えません
「科学」の範囲から外れてしまう「経済学者」って、この社会にとって、一体何でしょうね…

K大学のT教授は、
 それが後に『失われた10年』と言われたが、

 こんな言葉でごまかせるような状況にはないほど、

 国と地方の長期債務残高は積み上がっている

おっしゃいますが

「あなたこそ、非科学的空想ファンタジーを振りかざして多くの国民をごまかしてちゃいけません、T教授!」 と思われた方は、↓下のリンクのクリックをお願い致しますm(_ _)m

http://blog.with2.net/in.php?751771

  ブログランキングに参加しております。ご協力、ありがとうございます!

【「国債を刷れ!」補足集】の一覧はこちらをクリック

スポンサーサイト

未分類コメント(0)トラックバック(0)|

≪前の記事 「コスト削減5兆円」[1]
≫次の記事 「そんなに資産があるわけない!」(2)

コメント

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。