ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
76位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
6位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

124:「そんなに資産があるわけない!」(2)

2009/08/12 (Wed) 16:30
http://x6.cho-chin.com/bin/ll?081850800
アクセス解析


http://ecx.images-amazon.com/images/I/51iN5BfVzDL._SL500_SS75_.jpg

「国債を刷れ!」好評発売中です。ご購入は↓こちらをクリック    http://www.amazon.co.jp/gp/product/4883926788








現実には、
この世界的金融危機に際して、日本はIMFに1000億ドル(約10兆円)もポーンと貸し出し、IMF専務理事から「人類史上最大の貢献」とまで感謝されています。

現実には、
この世界的金融危機で、円安ではなく円高が起こりました。

「先進国最悪の財政状態」のはずの日本から資産逃避(キャピタル・フライト)が起こるどころか、円高ということは日本に資金が集まってきたのですから、
世界中から日本への資産逃避が起こったわけです。


さらについでに言えば、

現実には、
この世界的経済危機の中、
世界中の政府や企業の中で、最も低い金利で驚異的な巨額の資金をいとも簡単に調達できているのは、誰でしょうか?

日本政府です!
他の国の政府や機関や企業ではありません。

他にあるのなら、是非とも教えていただきたいものです。


自分たちの属する国の政府が、資金調達に関して世界で最も有利な立場に立っているという事実を前にして、

本当は日本の対外資産はそんなにないのではないか?

心配する必要なんて、ほんの少しでもあるでしょうか???


なお、
円が強くなって円高になれば、当然、外貨建て資産が大半を占める対外資産は、円建てでの評価が低くなります。

それゆえに、
日本の対外純資産の金額は減ってしまいますが、


逆に言えば、

円が強くなって、海外の資産が安く買えるのだから、お金持ち国家・日本にとっては、単にバーゲンセール実施中というだけのことです。

ということで、
円高で対外純資産が減ったところで何ひとつ心配する必要はありません!


前にも書きましたが、お金の、というよりは、日本円の価値の裏づけというのは、
日本が国全体として持っている「物々交換能力」です。

ろくに資源の無い日本であるのに、
海外から資源を輸入し、その資源に他の国の人々が到底付けられないような付加価値を付け加えて送り返しています。

このことによって経常黒字を累積させることで対外純資産を積み上げてきたわけです。

つまり、
日本は他の国と比べても非常に強力な「物々交換能力」を持っているということです。

そして、
その物々交換能力が強いのは何も今に始まったことではなく、少なくとも戦国時代以降、つまり、何百年も前から鮮やかな形で常に発揮し続けて来ています。

ということは、↓で書きました。

【続「ジパング再来」【2】】
http://blogs.yahoo.co.jp/eishintradejp/20691454.html


ということで、

「日本が世界最大の対外純資産を持っているのは、日本のモノ作り能力が歴史的に見ても世界屈指であり続けていることからして、全くもって至極当然。何らの驚きにも値しない、ごくごく自然な成り行きにござりまするな」 と思われた方は、↓下のリンクのクリックをお願い致しますm(_ _)m

http://blog.with2.net/in.php?751771

  ブログランキングに参加しております。ご協力、ありがとうございます!

【「国債を刷れ!」補足集】の一覧はこちらをクリック

スポンサーサイト

未分類コメント(0)トラックバック(0)|

≪前の記事 債務GDP比と国債金利
≫次の記事 「そんなに資産があるわけない!」(1)

コメント

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。