ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
76位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
6位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

129:続「ジパング再来」【2】

2009/08/04 (Tue) 16:32
http://x6.cho-chin.com/bin/ll?081850800
アクセス解析


http://ecx.images-amazon.com/images/I/51iN5BfVzDL._SL500_SS75_.jpg

「国債を刷れ!」好評発売中です。ご購入は↓こちらをクリック    http://www.amazon.co.jp/gp/product/4883926788







さて、少し時計の針を進めて、
幕末の話も書いてみます。


司馬遼太郎さんの作品で「花神」というのがあります。

えーと、司馬さんに関しては特に「坂の上の雲」については批判が多いのですが、まあ、それは置いておいて下さい


で、
「花神」の話。


元々が緒方洪庵の適塾で学んだ百姓上がりの蘭方医・蘭学者で、
後に討幕軍の総司令官となった

大村益次郎を主人公にした小説なのですが、


同じく幕末を扱った「竜馬がゆく」とは趣きを異にして
維新、革命の技術面にスポットを当てた作品となっています。

大村益次郎、もとは村田蔵六は、元来が蘭方医ですが、
オランダ語ができる関係で、軍事技術の翻訳なんかもするわけです。

その関係で、
長州藩出身でありながら最初は宇和島藩に見出されて上士待遇を受け、次に幕府講武所の教授に引き上げられました。

その後、郷土愛も手伝って桂小五郎に請われて幕府と敵対する長州に帰り
第二次長州征伐では一軍を率いて幕府軍を追い散らし

更に後には、この百姓上がりのお医者さんが、あの西郷隆盛の上に立って彰義隊討伐の指揮を執ることになります…


大村益次郎の紹介はさておき
この小説の中では次のような話が紹介されています

ペリー率いる黒船来航にまつわるエピソードです。


薩摩藩主の島津斉彬、佐賀藩主の鍋島直正、宇和島藩主の伊達宗城(むねなり)の三人が、浦賀で蒸気機関で動く黒船を目の当たりにして、

このような話合いをしたそうです

「三藩で競争してあの黒船を作ろうではないか」


それで、
なんと3藩とも3年前後で蒸気機関で動く船を作り上げてしまいます


薩摩藩なんかは幕府に隠れてコッソリ外国人の技術者を雇って手伝わせた模様ですが、

宇和島藩は純粋に日本人だけで作ってしまったのでした。

村田蔵六(大村益次郎)は、その宇和島藩で船体の設計を担当しました。
なお、蒸気機関の担当は、武士でも蘭学者でもなく、町人ですらない「借家人」、ちょうちんの張替えを生業にしていた嘉蔵という人物です。

↑小説の中ではそうなっていますが、事実はもしかしたら宇和島藩もコッソリ外国人を雇ってたかも知れません。
が、それにしてもです、

「この時期前後に蒸気軍艦を目撃した民族はいくらでも存在したはずだが、

どの民族も日本人のようには反応しなかった」

(文庫版上巻 p.204から引用)

という点に間違いはないように思われます。


この当時
世界一の海軍を持っていたイギリスですら主力艦は全て帆船で、
ペリー艦隊は当時でも極めて先進的だったそうです。

それが、
初めて見てから3年前後で、
薩摩、佐賀、宇和島という地方の藩
その世界最先端の技術を習得してしまったわけです。


この蒸気軍艦の話、何やら、戦国時代の鉄砲に似ているような気がしませんか?


世界最初の大規模銃撃戦、長篠の戦いが行われたのは1575年で、
鉄砲伝来(1543年)からわずかに32年後でしかありませんでした。




本日取り上げたことは、
「全てが全て絶対的真実」ということは多分、ないでしょう。


しかし、

日本人のモノ作り好き

「なんじゃこりゃ?」と思ったらとりあえず自分で作ってみようとする性質

新し物好き、旺盛な知的好奇心というのは、

今に始まったことではない、ということだけは間違いないと言えそうです。


そして、

このような民族的性質の上に成り立っている日本の技術力こそが、

100年後も1000年後も人類が繁栄を続けるための力の源泉

と私は勘考致します次第であります。

「『黄金の国 ジパング』の力の源泉は、どうやら日本人の伝統的なモノ作り好きの性質にありそうだ」 と思われた方は、↓下のリンクのクリックをお願い致しますm(_ _)m

http://blog.with2.net/in.php?751771

  ブログランキングに参加しております。ご協力、ありがとうございます!

【「国債を刷れ!」補足集】の一覧はこちらをクリック


未分類コメント(0)トラックバック(0)|

≪前の記事 財源、消費税 自民VS民主【1】
≫次の記事 続「ジパング再来」【1】

コメント

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。