ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
87位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
7位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

134:「ご利用は計画的に」

2009/07/28 (Tue) 13:27
http://x6.cho-chin.com/bin/ll?081850800
アクセス解析


http://ecx.images-amazon.com/images/I/51iN5BfVzDL._SL500_SS75_.jpg

「国債を刷れ!」好評発売中です。ご購入は↓こちらをクリック    http://www.amazon.co.jp/gp/product/4883926788




唐突ですが、

クイズです。

↓これは何のグラフでしょう?







政界は、

じゃなかった、

正解は…


アメリカの公的債務残高の推移です。

出典: http://www.treasurydirect.gov/govt/reports/pd/histdebt/histdebt.htm



それにしても、
1980年代以降の増え方は凄まじいですね。
対数グラフではなく通常のグラフで見ると)



ところで、
対数グラフ歴史上のイベントを重ねる非常に興味深いことが浮かび上がってきます。







戦争のたびに、米政府の借金残高がポコッ、ポコッと増えているのが良く分かりますね。


よく、日本・財政破綻教団の方も含めて、
戦争が起こると景気が良くなる、経済は持ち直す
能天気なことをおっしゃっている方がいますが、


【戦争は最大の公共投資?】
http://blogs.yahoo.co.jp/eishintradejp/9949598.html

でも述べましたように、


もちろんそれは、

政府が借金を増やし、

GDP=民間消費+民間投資+政府支出+純輸出

政府支出が増えて景気が良くなるわけです。


戦争したら突然、4次元空間からお金が湧き出てきて景気が良くなるわけでは絶対にありません!


「景気を良くしたいがために戦争する」ということが仮にあったとすれば、

その戦争は、
あくまでも政府支出を増やすための口実、大儀名分に過ぎません。


もしも、
経済を良くしたいという目的のために、戦争するのであれば、
本来的には、戦争以外の名目で政府支出を増やせば良いだけです。



では冒頭で

戦争とは、政治目的を達成するための手段であり、その政治目的は、戦争と戦争以外の手段によって達成される」

のように戦争を定義しています。


まさに、

戦争は手段でしかない
ということをくれぐれも忘れてはいけないと思うのですが、いかがでありましょうか?



さて、
もう一つ、破綻論者の皆さんの定番

これ以上政府の借金が増えるとハイパーインフレになる!


というのがありますが…


上の米国の公的債務のグラフを、
1791年を基準にした倍数、1946年(第二次大戦直後)を基準にした倍数で表示してみましょう。







08年の残高は、1791年の13万倍、1946年の37倍に達しています。

とにもかくにも、アメリカの政府(連邦+地方)の借金はもの凄く増えているわけです。


ここで、
その公的債務残高とインフレ率の推移を見てみましょう。




1980年代以降はもう指数関数的に公的債務が増えています。

でも、インフレ率はむしろ下落傾向ですね!


「これ以上国の借金が増えるとハイパーインフレ」

「これ以上」って、「どれ以上」なんでしょうかねぇ、全く…


「いや、このまま国の借金が増え続ければ、いつか必ずハイパーインフレ」

→「その『いつか』っていつやねん! 太陽の寿命が尽きる前か?あとか?どないやねん! アメリカじゃ217年の間に13万倍も国の借金増えとるけど、一向にハイパーインフレのハの字にもならんやないか~い!!!」

てなものです。



次に、

公的債務残高の増加率とインフレ率について見てみましょうか







インフレ率は1914年以降しかないのですが…

例えば、第一次大戦や第二次大戦の様子が分かります。

公的債務の増加率がもの凄いことになっている(一次大戦では+150%つまり、1年で公的債務残高が2.5倍になっている)と同時に、インフレ率も高くなっています。

それでも、
せいぜい年20%とか10%のインフレです。

ハイパーインフレは年率13,000%程度以上のインフレ(月率50%の複利計算)
を言いますが、

第一次大戦や第二次大戦の超弩級の、
年に倍くらい増えるような、
公的債務残高の増加率であっても、

ハイパーインフレには無縁のインフレ率で終わっていますね。


しかも、
一次大戦も二次大戦も、戦後はデフレになっています。


デフレとなったアメリカとは対照的に、

一次大戦後のドイツはハイパーインフレになりました。

二次大戦後の日本も結構なインフレになりました(ただし年率364.5%なので、ハイパーインフレとは言えない)。

これは、同じ大戦後でも、

アメリカは物が余っていたのでデフレ

一次大戦後のドイツや二次大戦後の日本は、戦争でボコボコになって生産供給力がボロボロになり、物不足に陥ったために高いインフレ

となったわけですね。


これだけの事実を見せ付けられたとして、

それでもまだ

「何が何でも、国の借金が増えれば、ハイパーインフレになるんだー!」

主張される方が仮にいらっしゃるとしたら、

思わず、






↑この動画の3:22あたりで発せられる言葉を、口にしてしまいそうな衝動に駆られてしまうのは、きっと私だけではないでしょう(笑)。


で、話を少し戻しますと、

仮に、
「デフレを脱してインフレにしたい」という「政治目的」を達成しようとした場合の戦争以外の手段にはどんな手段があるでしょうか?

もちろん、戦争以外の思い切った積極財政ですね。

一次大戦級、二次大戦級の、「大戦」ではない類の思い切った積極財政です。
二度の大戦並の積極財政をやっても、物不足にならない限り、ハイパーインフレなんて、起こっていないのですから!!!!!

「この記事を見れば、さすがの『ハイパーインフレ教・原理主義派』の皆さんも、ニンニクと十字架を突きつけられたドラキュラ伯爵のように、ひいひい言いながら退散する他あるまい。 『国の借金がこれ以上増えればハイパーインフレだー』なんぞ、チャンチャラおかしいわい! でも、積極財政の使い道は戦争以外の有効な使い道で、『ご利用は計画的に』と行きたいね」  と思われた方は、↓下のリンクのクリックをお願い致しますm(_ _)m

http://blog.with2.net/in.php?751771

  ブログランキングに参加しております。ご協力、ありがとうございます!

【「国債を刷れ!」補足集】の一覧はこちらをクリック

スポンサーサイト

未分類コメント(0)トラックバック(0)|

≪前の記事 「国の債務超過282兆円」【1】
≫次の記事 貯蓄率低下で財政破綻?【2】

コメント

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。