ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
73位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
7位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

152:米国債保有の損得【2】

2009/07/03 (Fri) 00:53

【1】 http://blogs.yahoo.co.jp/eishintradejp/19563915.html
からの続きです。


そんなこんなで、少なくとも過去10年は、

米国債を外貨準備で沢山持っていると思しき日本政府も、

「奪われた」とか「アメリカに持ってかれた」とかいうことも無かったわけです。むしろ、
結構な利益を上げているハズですね^^

為替を考慮に入れても、日本国債よりも運用利回りが良かった、ということは、

日本国債発行→米国債購入

は、政府にとって、おトクなおいしい取引だったわけです。


しかしここで、

「今までは、金利下降局面だったから利益が増幅したけど、
 ということは、今後、金利上昇局面では損しないかな?」

という心配が起きますね。

でも、
債券って、最後にはかならず価格は100(償還価格)に戻ります。

一時的には価格が下がることで、評価損が出ても、

最後まで持っていたら、発行元が破綻しない限り、かならず価格は元に戻ります。


これが、発行元が政府で、かつ、現地通貨建ての国債なら、
まず取りっぱぐれはありません

そこが国債の一番の魅力です。


そして、もう一つ大きなメリット

価格が下がろうが上がろうが、金利は毎年きっちりもらえるわけです。

そのもらった金利で、価格が下がった、または、金利が高くなった債券を買い増しして行けば、
やはり、しっかり儲かります


以上のような理由から、「現地通貨建て国債」による運用は、

金利上昇局面でも、ある程度の時間をかければ、
結局は確実に利益を出すことが出来る
ことになります(為替損益は別です)。


ちなみに、
前出の野村の国債運用指数の推移グラフにしてみますと、

金利上昇局面(↓赤枠)では、確かにパフォーマンスは落ちています。




実は、これ、バブル絶頂期ですが、これだけの金利上昇(4%→8%)
で、元本の評価額が平均14%程度落ちたのですが、

高くなった金利がすぐにカバーして、
運用指数は5%程度しか落ちなかったのです。


そして、

その後の金利下降局面(↑青枠)では、
金利が高いときに買った分の高金利収入と、
価格上昇の相乗効果で、

急激に指数が上昇していますね。


ということで、
債券での運用、米国債での運用自体にはそれほどの不安はない、というよりは、むしろ期待を持てると言えるくらいの勢いです。

あとは、為替です。

日本の、特に政府の多額の米国債の運用損益については、
円高ドル安がどこまで行くかが焦点です。

でも、これから一層の円高ドル安になるとしたら、

日本の景気が回復が先行し、アメリカが遅れる

という状況ではないでしょうか?
国内の景気が良くなれば、政府の保有米国債の損益なんて誰も気にしなくなるでしょう。

逆に、

日本の景気が仮に低迷を続けたままで、アメリカが先に回復したとしたら

円安ドル高で、日本政府はまたもや儲かりますね。


といいつつ、これまでも散々書いてきましたが、
マクロ経済運営が主たる役割である政府は、別に儲ける必要なんてありません。
それに、
日本政府が借金を全く気にせずに「国債発行+財政出動」を続ければ、
日本の経常黒字が減る方向になるので、
必然的にドル安に歯止め圧力がかかります。

それなら、
日本の景気もよくなり、保有米国債の円建て評価額も下がりません。
それだと、一石二鳥ですね^^

(私としては、政府の保有米国債の円建て評価額は、別に気にしなくても良いと思いますが…。それを気にするのは、あくまでも「国の借金は問題だー」という前提での思考態度でありますので^^;)

「過去10年、長期モノの米国債投資だと、ドル建てなら元手が倍以上に、円建てでも1.8倍になるくらい儲かってたとは、驚いた!」と思われた方は、↓下のリンクのクリックをお願い致しますm(_ _)m

http://blog.with2.net/in.php?751771

  ブログランキングに参加しております。ご協力、ありがとうございます!

「国債を刷れ!」好評発売中です。ご購入は↓こちらをクリック    http://www.amazon.co.jp/dp/4883926788/

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51iN5BfVzDL._SL500_SS75_.jpg

【「国債を刷れ!」補足集】の一覧はこちらをクリック

スポンサーサイト

未分類コメント(0)トラックバック(0)|

≪前の記事 まとめてQ&A
≫次の記事 米国債保有の損得【1】

コメント

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。