ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
87位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
7位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

154:政治に「ビジョン」は無用!

2009/07/01 (Wed) 20:01

今日は、エッセイを書きます。

「ビジョン」という言葉につきまして。


よくテレビ等

政治家は日本の将来のビジョンを示せ!

というような批評をなさる方がいます。


私、常々思うのですが、

「ビジョンを示せ」と言われてピンと来る人って、世の中にどれくらいいらっしゃるでしょうかね?

少なくとも私はピンと来ません。


仮に、私が
「ビジョンを示せ」
と言われたら、

そもそもビジョンという言葉の意味が分からないから、示しようがありません。

と答えるでしょう。


ビジョンとは日本語で「将来像」のことだよ

と言われても、やはり、いまいちピンと来ません


はて、どうしましょう?


ということで、
↓こんな言葉に置き換えることを考えてみました。

大目標

これなら、かなり分かりやすいのではないでしょうか。


国政が目指すべき大目標は ―― すでに2、3度このブログでも書きましたが ――
100年後、1000年後においても、国民の生活を維持向上し続けること
とすれば、いかがでしょう?

↑この「大目標」であれば、反対する国民の方というのはなかなかいないと思います、きっと…



恐らく、
「ビジョン」という言葉、全ての日本人にとって共通の明確な定義というものが存在しません

たぶん、
その定義を問われれば、10人いれば、10人ともが別々の定義を答えるのではないでしょうか。


そんな曖昧模糊な、はっきりしない「ビジョン」という舶来モノの概念
政治家に示せなんて言った時点で、政治家の皆さんも困ってしまうでしょう。

恐らく、それをなんとか示そうと思って、本を何冊も書く羽目になるのではないでしょうか?

そして、
本を書いても、読者はどんなに頑張っても100万人には届かないでしょう。
つまり、全人口の1%以下の人にしか伝わる機会がないことになります。


一方、

誰にでもはっきりと分かる「大目標」という概念であれば、

短い言葉であっという間に表現し尽くしてしまえるので、非常に伝わり易くなろうかと思うのです。


ということで、

国政が目指すべき「大目標」と、その大目標の下位概念である「中目標」、「手段」を書き示したものを
こっそり作ってみました↓




↑これを「ビジョン」と呼ぶのなら、そうかも知れないですね。

でも、
上で完全否定した手前、どうしても「ビジョン」という言葉は使いたくなかったですので、

代わりに「ぴちょんくん」(空調メーカーのダイキンのキャラクター)をあしらってみました(笑)
「大目標」、「中目標」、「手段」のどこにも、「政府の財政再建」なんて入り込む隙がないですね^^


さて、ちょっとだけ補足しておきますと、

とにもかくにも「国民生活の維持向上」のための「物々交換」さえうまく行けば、何でも良いわけです。

社会主義でも資本主義でも、なんでも良いです。

(私は、社会主義と資本主義の良いとこ取りの、政府はしっかりカネを出すが、努力や競争もしっかりさせるという「第三の道」路線が最適だと思いますが。)

さらには、
そもそもおカネを媒介にして経済を回す「貨幣価値経済」ですらなくても良いわけです。

おカネというのは、前々回も述べましたように、
中国では3000年前の商の紂王より前の時代には存在すらしなかったわけですから、貨幣価値経済が都合が悪いというのなら、物々交換経済に戻したって良いわけです。

物々交換経済にすれば、おカネが存在しなくなるので、
財政再建論者の皆さんが忌み嫌う「国の借金」だって存在しなくなります

どうしても、国の借金に存在して欲しくないというのであれば、
それはそれで一興でありましょう。

ジャン・ジャック・ルソーじゃないですが、
自然に帰れ!
てなもんです。


いずれにせよ、国政が目指すべきは、

ただただ、

(1)国民生活に必要な物の供給が途絶えないよう、他国に対する「物々交換能力」を保持し続けるために、ひたすら技術を磨き続けることと、

(2)社会保障を充実させて、国民が安心して日々生活を送り、仕事にも集中して打ち込むことができる環境を整えること、

この2点だけ押さえていれば、間違いはないように思います。


逆に、
国政が目指すべき「ビジョン」を「財政再建」としてしまうと、お先真っ暗です。


これは、例えるなら、

明智光秀が京の都近郊の桂川を渡り切った地点で、

「敵は本能寺にあり」という「目標」を、
なにを勘違いしたのか「敵は本願寺にあり」と間違えてしまうようなものです。

本願寺に行っても、肝心の「大目標」である信長はいないわけですから…


財政再建を「目標」にすると、国として必要な技術は磨かれるどころか廃れて行くのみとなりましょう。

「財政再建を目標になんてしようものなら、仮に『国の借金』がなくなったところで、他国に対する『物々交換能力』も消えてなくなり、国民はどこかよその国の奴隷か、さもなくば、乞食のようになっているのがオチだろうよ。 仮に今後、またもや政府が『1にも2にも財政再建』なんて言い出そうものなら、今のうちから美味しいキムチの作り方とか、美味しくて、かつ、『安全』な餃子の作り方をマスターしておいた方が身のためか?」と思われた方は、↓下のリンクのクリックをお願い致しますm(_ _)m

http://blog.with2.net/in.php?751771

  ブログランキングに参加しております。ご協力、ありがとうございます!

「国債を刷れ!」好評発売中です。ご購入は↓こちらをクリック    http://www.amazon.co.jp/dp/4883926788/

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51iN5BfVzDL._SL500_SS75_.jpg

【「国債を刷れ!」補足集】の一覧はこちらをクリック

スポンサーサイト

未分類コメント(0)トラックバック(0)|

≪前の記事 米国債保有の損得【1】
≫次の記事 負債の増加は資産の増加

コメント

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。