ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
92位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
8位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

16:子ども手当「あしたのジョー」対象外

2010/03/13 (Sat) 12:14
http://x6.cho-chin.com/bin/ll?081850800
アクセス解析


↓ツイッター始めました(とりあえずブログ更新のお知らせしかしてないのですが…)
https://twitter.com/YNHiromiya





↓パワーアップしてます!
三橋貴明後援会→ http://mitsuhashi-takaaki.jp/wordpress/




好評発売中: 「さらば、デフレ不況」

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51Hj80b-2VL._SL160_AA160_.jpg

アマゾンでのご購入は こちらをクリック






本日(10/3/13)日経新聞朝刊2面

【子ども手当 支給巡り論争】

「あしたのジョー」対象外 外国人、母国の子も恩恵


12日の衆院厚生労働委員会では、

子ども手当の支給対象を巡り、長妻厚生労働大臣と自民党議員っが論争を繰り広げた。

『あしたのジョー』の矢吹丈はストリートチルドレンで、身よりもいない。
 年齢設定が中学生なら子ども手当の支給対象になるのか」。

自民党の田村憲久氏は漫画の主人公を例に挙げ、

日本人の子どもでも、子ども手当の支給対象にならない事例があると指摘した。



在日外国人労働者には、母国に残した子どもの人数分の子ども手当を支給することにも言及。

「外国人の子どもがもらえて、日本人がもらえないのはおかしい。欠陥法案だ」と批判した。



厚労相住所不定で養育する監督者がいないことから

「ジョーは支給対象にならない」と応じた。

両親が海外に居住し、全寮制の中学校に通う子少年院にいる子なども支給対象にはならないとの見解を示した。



一応は、
在日外国人労働者への支給については、2011年度以降の制度設計にあわせて見直しを検討する考えを明らかにした。


らしいのですが、あくまでも「検討」だけなんですかね。「廃止する」でもなく、「廃止の方向で検討」でもない'ということで…



上記の日経記事では触れられていませんが、

在日外国人が母国で大量の養子を持っていた場合も支給される

というような話もあるようで…


参政権のある在外邦人の子どもには支給されず

参政権のない在日外国人の母国にいる子どもには支給されてしまう。



「コンクリートから人へ」というよりは「コンクリートから外国人へ」


でしょうか。


私、「国債を刷れ!」p.246で

ブッシュ政権が行った減税のうち、
高所得者中心の戻し減税では減税額のたった2割しか消費に回らなかったが、
子育て世帯を対象にしたものは9割が消費に回ったのである。

そして、
この消費に回った金額が巡り巡って乗数効果によりGDPを押し上げることになるのである
から、適切なやり方での失業者支援や子育て世帯の支援は、人を育てると言う面でも、経済
成長を促すという経済合理性の面でも非常に効率的
であるということが言える。

日本では「子供手当て」を民主党が最初に言い出した(と思う)が、これは非常に的を射た方策である。

と書いていましたが、

本をお持ちの方には

最後の一行だけは墨入れの上、忘却して頂きたい

心底から思う今日この頃です。



なお、
子ども手当に関しては、当ブログ


で、改善提案を示しましたが、こちらの方法であれば、

「あしたのジョー」問題や、外国人優遇問題もほぼ完全に回避できるものと思われます。


「『コンクリートも人も』が正解。『コンクリートから人へ』、ましてや『コンクリートから外国人へ』は願い下げ」 と思われた方は、↓下のリンクのクリックをお願いいたしますm(_ _)m

http://blog.with2.net/in.php?751771

  ブログランキングに参加しております。ご協力、ありがとうございます!

☆アンチ対策に役立つ【反「国家破産」的マスコミ記事】はこちら→ http://blogs.yahoo.co.jp/eishintradejp/folder/1031019.html?m=lc

 
スポンサーサイト

未分類コメント(0)トラックバック(0)|

≪前の記事 私益と公益を一致させる
≫次の記事 ドンと来い!インフレ ~メキシコ編~

コメント

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。