ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
76位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
6位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

17:ドンと来い!インフレ ~メキシコ編~

2010/03/12 (Fri) 12:33
http://x6.cho-chin.com/bin/ll?081850800
アクセス解析


↓ツイッター始めました(とりあえずブログ更新のお知らせしかしてないのですが…)
https://twitter.com/YNHiromiya









好評発売中: 「さらば、デフレ不況」

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51Hj80b-2VL._SL160_AA160_.jpg

アマゾンでのご購入は こちらをクリック





先日のパーティーで、

日本経済復活の会・会長 小野盛司さん

とお会いでき、感激でした。


「『国債を刷れ!』の中でご著書から無断で思いっきり引用させまくって頂いていました」

と申し上げましたところ、

「もうどんどん引用してください!」

とお許しを頂き、ほっとしております^^。


何せ、小野さんのこれまでのご活動・ご活躍が無ければ、
私、「国債を刷れ!」を書くどころか、いまだに「日本政府は破綻するぅー」と思っていたに違いありませんので(笑)




さて、今回の記事のタイトル「ドンと来い!インフレ ~メキシコ編~」はもちろん、

藤井厳喜さんの名著

「ドンと来い!大恐慌」
http://www.amazon.co.jp/dp/4915933113/

のパクりです(笑)。


さっそくですが、メキシコ合衆国の

対ドル為替レートと物価の状況をば










メキシコペソの対米ドルの価値は、

過去30年ほどでなんと

588分の1

になってます。



消費者物価の総合と食品は1200倍、
エネルギーは2500倍

となっています。

ちなみに同期間の日本の消費者物価指数はたった1.2倍にしかなっていません。
(あと、円は対ドルの価値は2倍以上になる円高ですね)


まあ、桁違いではありますが

アメリカの

為替レートの低下よりも消費者物価の伸び(=通貨価値の下落)の方が大きい

【通貨安と物価(in USA)[2]】
http://blogs.yahoo.co.jp/eishintradejp/24585264.html

という傾向は同じですね。

というよりは、


アメリカの場合は、

為替レートが安定していても物価は上昇している

と表現した方が良いでしょうか。


メキシコでも2000年以降はそんな感じです。












それはそれとして、

80年代、90年代の凄まじいインフレを通じて、


メキシコ国民はさぞや格差や貧困の拡大にさいなまれているに違いない、と思いきゃ

データを見る限りはそうでも無いようです。






出典:
80年代半ば→00年代半ば

・メキシコの物価は80倍くらいになるという、かなりのインフレ。

 しかし、実質可処分所得(インフレの影響を考慮した可処分所得)

 は、物価がわずか1.1倍増と安定している日本よりもずっと大きく伸びています。

 しかも、比較のために出している、イタリアやアメリカよりも、
 メキシコの実質所得の伸び率は大きいですね。


さらには、

・メキシコの貧困率(絶対的な貧困の度合いではなく、相対的な格差の指標)は、
 この超インフレの中で改善しています(ただ、元々のレベルが高いですが)

 日本はデフレの中で悪化(上記4国の中で悪化の度合いは最悪)。



「超インフレのメキシコ人の実質所得の伸び率が超デフレの日本より大きいとは、こいつぁ一本取られたよ。やっぱデフレに良いことなんて何も無さそうね」 と思われた方は、↓下のリンクのクリックをお願いいたしますm(_ _)m

http://blog.with2.net/in.php?751771

  ブログランキングに参加しております。ご協力、ありがとうございます!


☆アンチ対策に役立つ【反「国家破産」的マスコミ記事】はこちら→ http://blogs.yahoo.co.jp/eishintradejp/folder/1031019.html?m=lc

スポンサーサイト

未分類コメント(0)トラックバック(0)|

≪前の記事 子ども手当「あしたのジョー」対象外
≫次の記事 各国政府借金の積上げグラフ

コメント

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。