ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
87位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
7位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

178:米政府破綻はあるか?【1】

2009/05/30 (Sat) 14:21
http://x6.cho-chin.com/bin/ll?081850800
アクセス解析


Q. 米政府破綻はあるか?


A. ないでしょう。ただし、当面、米ドル安が進行する可能性は高いかも



以上で終わってしまうとミもフタもないですので、↓解説します


日経新聞 09年5月28日夕刊 3面
米債券市場では27日

長期国債への大口の売りが相次ぎ、

需給悪化への懸念が強まった。



10年物国債利回りは直近4営業日で一気に0.53%上昇価格は下落)した。



FRBが国債買い切りを決める直前の水準(3月17日)を大きく上回っている。



米国債の大口の保有者である
中国「本格的に売りに動いている」との憶測も流れ、
一部の機関投資家が材料をはやす場面もあった。

この記事を読むと、

アメリカ、かなりヤバーい?

と思ってしまいますが…

以下、

中国政府が米国債を売ると、米国は財政破綻するか?


というテーマについて考えて見ましょう。


さて、
中国政府が米国債を買うということは、

これは、
基本的には人民元を安く維持して輸出を確保するために
為替介入
するというプロセスと考えてよいでしょう(たぶん)。





上の図では、

中国の輸出品餃子としていますが、
もちろんこれは、極めて安全な餃子という前提です(笑)。


餃子屋さんが、餃子の代金としてドルを手に入れ

それを銀行Aで人民元に両替してもらいます。

(なお、餃子屋は、人民元を銀行B預金)。

そして、
中国政府は、
国債(人民元建て)を発行し、
銀行Aにあるドルと両替することで、元安に持っていくための為替介入をします。

(ここで、中央銀行である人民銀行に国債を引受けさせてそれを原資に為替介入という手もありますが、ここではそれは置きます


さて、
中国政府は、為替介入で手に入れたドルを遊ばせていても仕方がないので、
基本的には、元本保証されている米国債を買うことになります。

別の物に投資する場合もあり得ます。
 例えば中国政府は投信運用会社であるブラックロックに出資ということを
 していたと記憶しています。

 しかし、
 その場合でも中国政府保有のドル預金は当然、投資先に回り
 結局は巡り巡って他の誰かの預金になりますので、
それがどこかで米国債の購入に当てられるはずです。)


以上、中国政府が為替介入した場合でした。


次に、
為替介入しないケース
を考えましょう。




為替介入なしのケースでは、

中国政府がドルを買い上げることがありません。


ということで、
銀行Aは、手に入れたドルを何らかの形で運用することになります。

手堅く運用しようとなると、やはり、米国債となるでしょう。


仮に、
米国債が安くなって、金利が高くなっていれば、悪くない投資先になりますので。

もちろん、
もしかしたら他の投資先に投資するかも知れませんが、

その場合でも、
上記の中国政府が米国債以外のものに投資した場合同じです。

米国債以外に投資したからといって、
米ドルの預金がどこか4次元空間にワープするわけではないですので、

結局は、金利の水準次第誰かがどこかで米国債を買うでしょう。


ただし、
相いも変わらず中国が一方的に貿易黒字であり続け、
かつ、
中国政府が為替介入しなければ

当面は元高ドル安の傾向が続くことになります。

しかしながら、
米国の内需が期待できず、つまり、米国向けの輸出が期待できなければ

中国は内需拡大する必要が高まり、財政出動を拡大せざるを得なくなります

その場合、
米国の輸入が減り
中国では、国内需要の増加とともに、やはり輸入が多くなるので、

米国の経常赤字の減少&中国の経常黒字の減少

というプロセスを経て、
元高ドル安もどこかの水準でバランスすることになります。


以上から、

中国政府が為替介入を止め、米国債購入を止めたとすれば、当面は元高ドル安が進行する

ただし、

中国政府が米国債を買おうが売ろうが、米国が財政破綻するということにはならない。


ということになります。

以上は理論的な話でしたが、明日

米国債そのものについて、データに基づいた考察を深めておきたい

と思います。

「中国政府が米国債を買わなくなったとしても、ドル安にはなっても、自国通貨建ての借金しかない米政府が破綻することはなさそう、という結論にナットク」と思われた方は↓こちらのリンクのクリックをお願い致しますm(_ _)m

    http://blog.with2.net/in.php?751771

ブログランキングに参加しております。ご協力、ありがとうございます!

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51iN5BfVzDL._SL500_SS75_.jpg

「国債を刷れ!」好評発売中です。ご購入はこちらをクリック⇒アマゾン

【「国債を刷れ!」補足集】の一覧はこちらをクリック

スポンサーサイト

未分類コメント(0)トラックバック(0)|

≪前の記事 米政府破綻はあるか?【2】
≫次の記事 実は…

コメント

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。