ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
73位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
7位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

18:各国政府借金の積上げグラフ

2010/03/08 (Mon) 19:41
http://x6.cho-chin.com/bin/ll?081850800
アクセス解析


↓ツイッター始めました(とりあえずブログ更新のお知らせしかしてないのですが…)
https://twitter.com/YNHiromiya









発売となりました! : 「さらば、デフレ不況」

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51Hj80b-2VL._SL160_AA160_.jpg

アマゾンでのご購入は こちらをクリック





◆新宿ブックファーストにてトークイベント:整理券配布中(新宿ブックファーストにて「さらば、デフレ不況」購入が条件)関連情報→ http://www.book1st.net/event_fair/event/page1.html






☆本日、MPJに私目のコラムが載っております↓

「政府紙幣」考(3/3)--「未来を創るための政府紙幣発行プラン」

http://mp-j.jp/modules/d3blog/index.php?cid=21



私、今回のMPJコラムでうっかり書きそびれておりましたが、

「絶対政府紙幣じゃー」という考え方ではありません

ただ、

(1)感情的な否定論はいかがなものでしょうか、

というのと、

(2)おカネってそもそも何でっか?

ということを考えるきっかけを提起したかっただけであります。

「メディア・パトロール・ジャパン」的には、(1)の方がより重要なような気がしますが。



で、基本的には、

デフレ期における政府の国債発行による財政出動+日銀による金融緩和

という既存のシステムでやった方が良いと思っています。

(もちろんインフレのときは緊縮財政+金融引締です。)


日銀のやるべきことは、日本銀行法の第1条と第2条
http://www.boj.or.jp/type/law/bojlaws/bojlaw1.htm

(目的)
第1条  日本銀行は、我が国の中央銀行として、銀行券を発行するとともに、通貨及び金融の調節を行うことを目的とする。


(通貨及び金融の調節の理念)
第2条  日本銀行は、通貨及び金融の調節を行うに当たっては、物価の安定を図ることを通じて国民経済の健全な発展に資することをもって、その理念とする。

に従って、

物価の安定を図ることを通じて国民経済の健全な発展に資する

ために、

国債を適宜市中から買ったり売ったりする

ということです。




さて、本日の本題ですが、

すみません、メキシコはしばらく延期、ということで…



↓こんなグラフ作ってみたので紹介しておきます
 (本当はMPJの次回コラム向けに作っていたのですが、
  どうもうまくストーリーが作り込めなかったので、
  こちらブログのネタにしました)












米ドル換算名目GDP

と、

OECD Economic Outlook No. 86 Annex Tables - Table of Contents 
http://www.oecd.org/document/61/0,3343,en_2649_34573_2483901_1_1_1_1,00.html



各国の一般政府負債GDP比(91年はNo. 85 Annex Tables)

から、

米ドル換算の各国の一般政府負債

の金額を計算して表示したものです。


なお、
表示国・地域はOECDのデータで、91年以降のデータがそろっている国・地域のみです。


ここで表示した国・地域では、

「国の借金(正確には政府の負債)」は過去18年増え続けてますね。


ちなみに、これらの国・地域

世界のGDPの7割前後を占めています。












上のグラフでは、ついで各国の米ドル換算GDPを表示していますが、


過去18年の米ドル換算GDPの増加倍数

世界全体 2.5倍

日本   1.4倍

米国   2.4倍
ユーロ圏 2.3倍
英国   2.5倍

となっています。

日本が非常に小さい(仮に、いまの1ドル90円の円高のレートで換算しても、やはり1.5か1.6倍に過ぎません)です。


その原因は、

GDP=民間消費+民間投資+【政府支出】+純輸出

足し算を思い起こして頂きつつ、

↓こちらをご参照下さい。

【恐れず増やそう政府支出![1]】
http://blogs.yahoo.co.jp/eishintradejp/22343111.html



さて、ちょっと脱線しましたが、

上のグラフで本当に見ていただきたいのは緑色の線です。

70%前後で推移していますね。


要するに少なくとも世界経済の7割を占める国々政府の負債が増え続けちょる、ということです。





前出の政府の負債グラフ【折れ線・対数軸】でしたが、

下に同じデータによる【積上げ】グラフを示します。












世界経済の7割を占める国々の政府負債の合計

91年 10.9兆ドル
08年 32.3兆ドル

ということで、過去18年で3倍になっており、21.4兆ドル増えています。

簡単のため1ドル=100円とすると

過去18年でこれらの国々の政府負債の合計が2140兆円増えたということになりますね。


国の借金はゼロにしなければならないと思っておられるタイプの破綻論者の皆さんは、これをどのように思われるのやら…


「【国の借金=悪】の皆さんは、32.3兆ドル(=約3000兆円)をどうやって返せると思うのかしら…^^; 」 と思われた方は、↓下のリンクのクリックをお願いいたしますm(_ _)m

http://blog.with2.net/in.php?751771

  ブログランキングに参加しております。ご協力、ありがとうございます!

☆明日から木曜まで東京なので、次回は金曜日か土曜日あたりを予定しておりますm(_ _)m


☆アンチ対策に役立つ【反「国家破産」的マスコミ記事】はこちら→ http://blogs.yahoo.co.jp/eishintradejp/folder/1031019.html?m=lc

スポンサーサイト

未分類コメント(0)トラックバック(0)|

≪前の記事 ドンと来い!インフレ ~メキシコ編~
≫次の記事 円、3ヵ月ぶり高水準:実効為替レート

コメント

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。