ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
85位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
8位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

189:「国家破産」論 迎撃「PAC-3」トーク集

2009/05/16 (Sat) 18:58
今日は、

「国が借金をこれ以上増やすと破綻する!」

という

「国家破産」スカッドミサイルを迎撃

するための

爆笑、爆裂、パトリオット・ミサイル・トーク集

です。


(破)

「国が借金をこれ以上増やすと破綻する!」


(迎撃トーク)

「これ以上って、いくらですか?」


(破)

「国の借金が1000兆円以上になると破綻する!」


(迎撃トークPAC‐1)

イタリアでは、1980年から95年までに、
 1980年のGDPの5.1倍も国の借金が増えました。

 つまり、
 今の日本で言えば15年間で2500兆円以上も国の借金が増えたのに、

 今でもイタリア人はジョーク好きで女好きのおちゃめな首相の下で、
 陽気に暮らしていますね。」


(迎撃トークPAC‐2)

「もっと凄いのは、第二次大戦のアメリカです。
 1940年から45年までのわずか5年の間に、
 1940年のGDPの2.1倍も国の借金が増えました。

 つまり、
 今の日本で言えばたった5年間で1000兆円以上も借金が増えたのに、
 アメリカは破綻どころか、世界の覇権を手に入れて、
 いまだに大艦隊を世界中に派遣しています。」


(迎撃トークPAC‐3)

「ということで、1000兆円だろうが、1京円だろうが、関係ありませんよ。
 ところで、破綻という言葉の定義はなんですか?」


(破)

「でも、政府負債のGDP比が先進国中最悪だから、ダメなんだ!いつもテレ東の株の番組で早稲田の教授がそう言ってるじゃないか。」


(迎撃トークPAC‐1)

破綻とは、借金が返せなくなって金詰りになった状態のことですが、最近ではアイスランドが『国家破綻』しましたね。アイスランドが破綻する前の政府債務のGDP比はご存知ですか?」


(破)

「そりゃあ、具体的な数字は知らないけれど、日本よりも悪かったんだろう」


(迎撃トークPAC‐2)

破綻前、07年末のアイスランドの政府負債GDP比は、たったの53.8%
 日本は今190%くらいですが、破綻する兆しは全然ありません

 もし破綻しかけているのなら、
 国債の金利はもっと大きくならないといけないですが、
 日本国債の金利は世界最低です。

  しかも、
 07年末のアイスランドは政府の金融資産がGDP比54.6%で、
 負債以上の金融資産を持っていたんです。

 つまり、アイスランド政府は実質借金ゼロでした。

 それが破綻したのですよ。
 国の借金が多い少ないは国家破綻とは全く関係ありません。」



出典:Statistics Iceland http://www.statice.is/


(破)

「アイスランドみたいな小国と日本とは違う!」


(迎撃トークPAC‐3)

小国とか大国とか、関係ありません

 ロシアは超大国でしたが98年に破綻しました。

 破綻するかどうかは、小国か大国かじゃなくて、
 国全体として外国からの外貨建ての借金が多いかどうかです。

 アイスランドもロシアも、外貨建ての借金が返せなくなったから破綻したのです。

 日本は、国全体として対外資産の方が、対外負債よりもずっと多い
 つまり対外純資産がプラスで、しかも対外純資産の規模は世界最大です。

 これで、どうやって、アイスランドやロシアのように破綻できるのですか


(破)

「でも、これ以上国債が増えると金利負担が大きくなって…」


(迎撃トークPAC‐1)

金利の受け取り手は国民です。国債の95%は日本国内で保有されています。

  また、仮に金利が外国にわたったとしても、日本国債は全部円建てですので、
  そのおカネは結局日本に帰ってきます。

  彼らは日本円で持っていても仕方がないので、
  円を自国通貨に交換するはずですし、
  もし円のまま預金しているとしたら、その預かっている銀行も運用先に困るので、
  結局は巡り巡って日本国債を買うしかないでしょう。

  円建て国債なら、金利が外国に渡っても、弊害は円安になることくらいです。
  いま円高過ぎるくらいですから、ちょうど良いではないですか?

  それに、
  金利がどうしても気になるなら、
  日本銀行が国債を買いオペすることでいくらでも調整できます。」


(破)

「でも、日銀が国債を買うとなるとハイパーインフレに…」


(迎撃トークPAC‐3)

ハイパーインフレの定義はご存知ですか?
 月率50%、年率13000%のインフレのことです。

日本の1830年以降のインフレ率は最高で、大戦直後1946年の365%です。

物価指数資料:
・新保博氏「江戸の物価変動,1830年-1867年」
  http://www.lib.kobe-u.ac.jp/repository/00172556.pdf
・吉野俊彦氏「円の歴史」p.275
・総務省・統計局 「接続指数」http://www.stat.go.jp/data/cpi/1.htm


(迎撃トークPAC‐3)

「しかも、
 あの第二次世界大戦でボロボロになった、
 極端な物不足・供給力不足の1946年で、たったこれだけなのです。

今の超モノあまり、超デフレの時に
なぜ、大戦直後を大幅に上回るようなインフレを心配しないといけないのですか?

 では、伺いますが、日本がこれからものすごい勢いで国の借金を増やしたとしても、
 1980年以降15年間のイタリアや、
 1940年以降5年間のアメリカ
 下回るペースでしか国の借金を増やせないでしょう。

 その、
 80年以降15年間のイタリアですらオイルショックの余韻の20%台から
 5%くらいにまで下がって行き
 大戦中のアメリカですら最高で11%にしかなりませんでした。

 日本でこれ以上国の借金が増えたらハイパーインフレになるという根拠が、
 一体どこを探したら出てくるのか、

 どれくらいの期間で、どれくらいの金額で、何%のインフレになるのか、
 客観的数値データに基づいて、論理的に、明快にご説明ください

 何の根拠もなく、ただなんとなくハイパーインフレになるとおっしゃるのであれば、
 それはあなた、単なる風説の流布ですよ。」


(破)

「いや、そんな数字は関係ない。破綻するんです…」


迎撃トークPAC‐3…では間に合わないので、
大陸間弾道ミサイルを使用


『数字は関係ない』、『数字に意味がない』とおっしゃるなら、
 あなたの預金通帳に印刷されている数字も意味がない、価値がないですよね。

 あなたが持っていても何の役にも立たないでしょうから、是非私にください

 私が有効活用して差し上げます。

 もちろん、贈与税もちゃんと法律の規定に従って納付し、
 それによってきっちり国家に貢献いたします。」

「さすがに『大陸間弾道ミサイル』までは使わずに済みそうかな(笑)、と思われた方は↓こちらのリンクのクリックをお願い致しますm(_ _)m

    http://blog.with2.net/in.php?751771

ブログランキングに参加しております。ご協力、ありがとうございます!

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51iN5BfVzDL._SL500_SS75_.jpg

「国債を刷れ!」好評発売中です。ご購入はこちらをクリック⇒アマゾン

【「国債を刷れ!」補足集】の一覧はこちらをクリック

スポンサーサイト

未分類コメント(0)トラックバック(0)|

≪前の記事 続・「国家破産」論 迎撃トーク集(1)
≫次の記事 日本は破綻しない!?「CDSプレミアム」急降下

コメント

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。