ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
81位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
7位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

204:お金の創り方

2009/04/27 (Mon) 13:14
今日は記事は書かずに、明日くらいに日銀のバランスシートの話を書こうと思っていたのですが、

昨日の記事( 「FRB驚愕の危機対応」 http://blogs.yahoo.co.jp/eishintradejp/15835102.html#15835102 )で、
通貨当局は帳簿上でピッポッパッとやるだけで「通貨」を増やしてしまっているのです。
と書いてあったことについて、解説のご要望がありましたので、この辺り、補足しておきたいと思います。

まず、そのピッポッパですが、国債の買いオペを例に
簿記3級的に仕訳を書いてみますと

中央銀行:
国債10兆円(資産増加)/民間銀行に対する当座預金10兆円(負債増加)

民間銀行:
中央銀行当座預金10兆円(資産増加)/国債10兆円(資産減少)

となりますが、この中央銀行の「民間銀行当座預金10兆円(負債増加)」というのがポイントです。そして当座預金であれば、利息を払う必要がありません!

これは、中央銀行がまさに無から有を生ずるようにして、帳簿上(現在では基本的にコンピューター上で)で通貨発行=お金を増やしてしまえるわけです。

そして、
民間銀行は利息を生む国債を売って利息を生まない当座預金を持っていても意味がないので、
その国債を売って得た中央銀行当座預金という名の通貨を、企業への貸付とか住宅ローンのような利回りの高い貸付に回すことになります。

というような経緯で、中央銀行の当座預金というマネタリーベースの増加が信用創造のプロセスを通じて通貨量全体の増加へとつながるわけなのです。

ただし、マネタリーベースを増やしても通貨量全体(マネーサプライないしマネーストック)が増えるかどうかは、そのときの経済情勢に大きく左右されます。

→例えば、昨日の記事で書きましたように、
 07年末⇒08年末の間に、アメリカではマネタリーベースが倍増したのに、
 M2は9%しか増えていません。


さてさて、
それはそれとして、ここで、

お金の本質について整理してみたいと思います。


経済のフローをごくごく単純化してにしてみますと、

下のようなお金の回転と、その逆方向のモノ・サービスの回転という、

東京で言えば山手線、大阪で言えば環状線のようなことになります。





Q. お金って、なんでしょう?

A. お金とは物々交換をやり易くするための手段でしかありません!

というわけです。

おカネは手段でしかないのです。

それは貝殻でも、石ころでも、牛や豚や羊でも使いやすいものであればなんでも良いのです。

(さすがに、スーパーに買い物に行くのに牛や豚や羊を連れまわすのは無理ですが、モンゴルの草原では、昔、物の価値を計るのに「羊何頭分」とやっていたそうですね^^)


そして、
もし物々交換がスムーズに行くのであれば、上図の山手線外回りの「おカネのフロー」は必要ありません↓。




そして、
問題は山手線内回りの「モノ・サービスのフロー」

いかに、上図の上半分のミミズのような、か弱い、頼りない流れから、
上図の下半分ツチノコのような、太い、頼りがいのある流れにするか

です。

そして、
各国の中央銀行がマネタリーベースを膨らませているのは、
その本質は、
「モノ・サービスのフロー」がせめてミミズのようにやせ細らないようにするため
です。

目的は「モノ・サービスのフロー」が滞って多くの国民が生活にこれ以上困らないようにすることであり、マネタリーベースの増加とか、政府の財政出動はその手段でしかありません。


そういえば、最近こんな「物々交換」の動きが出てきています。

日本では「時間預託」と呼ばれ、英語では「Time dollar」とか「Time Banking」と呼ばれる仕組みです。

この仕組みについて、読売オンラインでこんな記事がありました:
ボランティア活動で点数ためる

民間による多様なサービスと並んで、「遠距離介護」の強い味方となっているのが、ボランティア団体などが行っている「時間預託制度」だ。

ボランティア活動をしてためた点数を使って、遠く離れた親の生活援助を受けられる。「地域ケア」の充実にも役立ちそうだ。

横浜市港南区の清水久子さん(88)宅には週1回、NPO法人「ニッポン・アクティブライフ・クラブ(NALC=ナルク)」(本部・大阪市)のボランティア、小野里康興さん(71)が訪れる。

春にひざを悪くし、つえをついて短い距離を歩くのがやっとの清水さんを病院まで車で送り迎えするためだ。

ナルクは、ボランティア活動を行った時間を「1時間1点」と定め、自分や家族がボランティアが必要な時に、それまでためておいた点数を使って援助を受ける「時間預託制度」を実践している。

海外でこのような取り組みが行われていることは、
英国ブレア政権ブレーンであったアンソニ・ギデンズさんの著書「第三の道」で読み知っておりましたが、

日本でも取り組みがあるということについては、次の名古屋市長・河村たかしさんの奥様から教えて頂いておりました。

名古屋でも、上記記事に出てくるNPOの支部があるのですが、恐らく、河村市政ではこの「時間預託」の取り組みをさらに推し進めることになるでしょう。

なお、世界的には
Time Banks というNPOのHPによれば、すでに22カ国でこのような仕組みがあるそうです。

この新しい形のマネーの台頭は、高福祉を低負担でやるための一つの大きな助けになるかも知れません。また、うまくやれば地域コミュニティーの再構築のためにも大いに役立つ可能性があります。

そして、
この新しいマネーにより、生活に対する安心感が増せば、
あまり将来不安のために貯め込まず済むことにつながり、
安心して従来型マネー(というか普通のお金)を使えるようになり、消費が盛り上がる→経済活性化、となるかも知れませんね!

(↑あくまでも「時間預託」は安心を増すためのいくつもある要素の一つでしかありませんが、安心感を積み増す効果はあるでしょう)

と言った具合に、
文字通りの、あるいは従来型のマネーと、このような新しいタイプの物々交換に近いマネーハイブリッドで、モノ・サービスの流れをツチノコにするというのが、一つの新しい経済モデルになるかも知れません。

たしかに「よーくかんがえよー。お金は大事だよー♪」だけど、「モノやサービスの流れ」がツチノコ型であることが保証されてさえいれば、極端な話、実はお金はなくても生活は成り立つのよねん、と思われた方は、こちらのリンクのクリックをお願い致します↓ m(_ _)m

    http://blog.with2.net/in.php?751771

ブログランキングに参加しております。ご協力、ありがとうございます!

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51iN5BfVzDL._SL500_SS75_.jpg

「国債を刷れ!」好評発売中です。ご購入はこちらをクリック⇒アマゾン

 また、全国の多くの書店で平積みして頂いております!
書店での平積み目撃情報は→こちらをクリック(現在は東京、名古屋、大阪、神戸、沖縄の情報を記載中)

【「国債を刷れ!」補足集】の一覧はこちらをクリック

スポンサーサイト

未分類コメント(0)トラックバック(0)|

≪前の記事 日銀のマネー創造
≫次の記事 FRB驚愕の危機対応

コメント

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。