ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
85位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
7位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

205:FRB驚愕の危機対応

2009/04/26 (Sun) 22:34
最近、
FRBのバランスシート
(正確には米国通貨当局の金融調節バランスシート
を見る機会がありました。

正直もの凄いことになっています:



米通貨当局の金融資産は、

07年末には約95兆円しかなかった(ということは、日銀の総資産より小さかった)のが、

08年末には約132兆円増の約227兆円(日銀総資産の倍)に膨らんでいます。


金融資産の中で大きく伸びたのは

・国内銀行貸付+51兆円

・CP買取機構への貸付+33兆円
 (みずほ銀の資料によると、
  実質的にはFRBによるCP買い切り)

・米国政府保有の非政府外貨建て資産+53兆円
 (↑あまり意味を考えずに直訳していますが、
  FRBの他の資料によると、ほぼ全部通貨スワップによる
  他国の中央銀行に対する貸付です)

です。

上記の巨額な資産増加と比べると霞んで見えますが

・AIGやベアスターンズ関係のRMBSやCDO買取りの金融受け皿会社(Maiden Lane)
 への貸付

なんて項目もあります。
 
なお、
AIGのCDO買取り云々については、
Maiden Lane III LLCという、ニューヨーク連銀とAIGが出資した金融受け皿会社が、
AIGが発行していたCDSの元本であるところのCDOを全て買い切ったので、
AIGのCDS契約は全部終了したらしいです。

 ↑これは、AIG参照です。

なんのこっちゃかというと、
CDSというのは債券の保険でしたね。

そして、
上記のCDOというのは色々な債券がごった煮になったパッケージ商品です。

で、
AIGはこのCDOに含まれる債券の発行元が破綻すると多額の保険料を払わないといけないので、
このCDOを捨て置くとどれくらい損失が出るか分からんとなるわけです。

で、
とりあえず、FRBが出資や貸付で目いっぱいお金を都合してくれて、
受け皿会社でそのCDOを買取り、それによって
AIGはCDSの保険料支払いがいくらになるか、という心配をする必要がなくなったことになります。

つまり、これで
「AIGつぶれるかどうか心配だー!」という心配だけは、とりあえずは払拭できた模様です(たぶん)。

ただ、その受け皿会社で買い取ったCDOの価値がこれからどうなるかという問題はありますが、

それは
FRBや米国政府のみならず、
世界中の中央銀行と政府がいかに金融システムの安定&景気回復のための対策(金融緩和や財政出動や、会計ルール変更その他システムの調整など)で、
うまく世界経済を回復基調に戻せるかどうかにかかっている、ということになりますね。

それは基本的には
・「これ以上、巨大な金融機関の破綻は起こさせない。政府がきっちり保証する!」
 +「今後もがっつり財政出動する!」と宣言した上で
 実際に財政出動+金融緩和を実行する

ということを、言い方はどうであれ、やるしかないしでしょう。
(現にやっていますが^^)

さて、もう一つ面白いのは、

・通貨当局(主にFRBですが)の米国債の保有残高が26兆円も減っている!

ですね。「買い現先」という「国債を担保にした貸付」も国債保有量に含めたとしても、買い現先は3兆円の増加でしかなく、

これだけFRBの国債保有量が減っていても10年物米国債の金利は

07年末4.1% ⇒ 08年末2.4%

低下しています。

なお、
09年4月22日現在ではFRBの米国債保有残高は53.4兆円、10年物国債金利は2.9%です。

08年末と比べるとFRBの国債保有残高は若干増えていますが、07年末と比べればまだまだ少ない数字です。

FRBがそれほど買い支えなくても米国債に買いが集まっているという、少々意外な状況であることになります。

さて、
とにもかくにも米通貨当局の金融資産が1年で130兆円増えたことに違いはありません。
その資産を増やすための資金はどうやって調達したのでしょう?
もちろん、お金を刷っているわけです。
ただ、文字通り「印刷」しているわけではありません

上の表を見ると、お札(というか現金)の増加はわずかに6兆円程度です。

何が増えたかというと、主に

・手元現金を除く預金金融機関の預金準備 +84兆円

政府預金 +35兆円(*)

となります。

*国債保有残高が26兆円も減っているのに、なぜ政府預金が増えているのかはナゾです。 根拠ありなし問わず、この辺り検討のつく方は是非コメントください!

ここで、
「手元現金を除く預金金融機関の預金準備」というのは、
日銀で言えば金融機関向けの「当座預金」と考えて良いと思います。

これと、政府「預金」が増えている。

通貨当局は帳簿上でピッポッパッとやるだけで「通貨」を増やしてしまっているのです。

これぞ「中央銀行マジック」ですね^^

なお、
信用創造(Money Creation)の元となる「マネタリーベース」には、「政府預金」は含まれません
基本的には「現金+民間金融機関の預金準備」です。

が、とにもかくにも
FRB、もの凄いことをやっています。

ところで、
ミルトン・フリードマン「選択の自由」第3章(文庫版上巻p.178)によると
1929年大恐慌の時にFRBが取った行動はというと:
連邦準備制度(FRB)がとった行動は、1920年代初期の景気後退期とはきわめて異なるものだった。

すなわち、準備制度は景気後退の影響を緩和するために通貨供給量を通常の場合より積極的に増大させるのではなく、1930年を通じて通貨量がしだいに減少するにまかせた。



株式市場崩壊の余波と1930年1年間における通貨量の漸減(わずか2.6%の減少)とが相まって、きわめて厳しい景気後退が起きた。
また
33年が大恐慌後の景気の底でしたが、
1930年末から33年初めにかけて通貨量がほぼ3分の1も激減した
のように書かれています。

さて、
今度の大不況では、
「準備制度は…通貨量がしだいに減少するにまかせた」
などということはなく

07年末⇒08年末

マネタリーベースは倍増(+100%)
M2は1.09倍増(+9%)

のように通貨量を増やしています。

大恐慌の時とは全く対応が違っています。

ところで、
29年と比べると33年の政府支出はマイナス7%でした。

政府支出の減り幅と比べると、通貨量の減少はかなり激しかったわけです。

そして、29年と比べて33年のGDPはマイナス46%、ほぼ半減です。

それゆえにフリードマン博士は「景気を良くするには財政出動より通貨量の増加」と結論付けたのだと思います。

しかし、

2001年から06年にかけての日銀の量的緩和のときは

マネタリーべースでは1.66倍(+66%)
M2は1.3倍(+30%)

でしたが、同期間、名目GDPは5年かけてわずか+2.4%
世界的大好況の中、日本の名目成長率は世界最低でした。

この間、日本の政府支出はマイナス5.7%です。

このような日銀の量的緩和の事例から、
金融緩和、通貨量の増加だけでは景気は良くならないということが分かります。

やはり、デフレ不況には「金融緩和+財政出動」です。

そして、
日米を始めとして、今、まさに世界中で「金融緩和+財政出動」をやっているし、さらに追加的に実施しようとしていますね。

なお、
FRBの政府預金35兆円を政府が使用し、民間に放出すれば、それはマネタリーベースの更なる増加を意味します。つまり、更なる「金融緩和+財政出動」となります。

(なお、次回は、日銀の過去一年のバランスシートの変化を見てみたいと思います。)

それにしても、たった1年の間に世界第二位の経済大国日本の中央銀行の総資産を上回るくらいのマネーを増やせる仕組み、ちょっと帳簿をいじって預金を増やせば通貨が130兆円も増やせる仕組みがあるとは、プリンセス天功も真っ青、ジャン・クロード・バンダムもっと真っ青、と思われた方は、こちらのリンクのクリックをお願い致します↓ m(_ _)m

    http://blog.with2.net/in.php?751771

ブログランキングに参加しております。ご協力、ありがとうございます!

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51iN5BfVzDL._SL500_SS75_.jpg

「国債を刷れ!」好評発売中です。ご購入はこちらをクリック⇒アマゾン

 また、全国の多くの書店で平積みして頂いております!
書店での平積み目撃情報は→こちらをクリック(現在は東京、名古屋、大阪、神戸、沖縄の情報を記載中)

【「国債を刷れ!」補足集】の一覧はこちらをクリック


未分類コメント(0)トラックバック(0)|

≪前の記事 お金の創り方
≫次の記事 名古屋から日本が変わる!?【3】もう一つの「積極財政」

コメント

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。