ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
76位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
6位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

208:名古屋から日本が変わる!?【1】

2009/04/23 (Thu) 13:08
次の日曜日(26日)
名古屋市長選があります。

私が「国債を刷れ!」を執筆するきっかけとなった、

前衆院議員・河村たかしさんが立候補されているのですが、

その政策が非常に興味深いですので、ご紹介させていただきたく思います。

が、
政策の話の前に、どんな人物かのお話をご著書の「この国は議員にいくら使うのか」から少し拾っておきます。

例えば、政権交代を目指す民主党に所属しておられるのに、こんなことを書いちゃっておられます
【「政権交代」よりも「議員改革」】p.92

与党を代えるだけでは大きなことは何も変わりはしない。

「議員病」にかかった「職業議員」たちが政権を担うのであれば、…大きな変化を期待できない…

議員の報酬をもっと現実的な金額に下げて、特権的な手当てもなくす。

そうすると、何が起きるか。実は、議員たちが働き始めるのだ。

簡単な話、自分たちよりいい暮らしをしていたり、悪いことをしていそうな者に対して敏感になる。庶民感覚が戻って、税金の無駄遣いに対して敏感になるのだ。

なお、
「議員改革」に関連して、河村さんは「党議拘束撤廃」ということも重視されています。

というのは、
・党議拘束があると、政治家は自分の公約を守れない。
 (たとえば、郵政民営化選挙のときに、
  少なからぬ自民党議員が地元では「民営化反対」、
  東京に来ると「民営化賛成」と言わざるを得ないケースが見受けられましたね…)

・党議拘束があると、幹部以外の議員は自分で政策を考えなくなる

からだそうです。

欧米では、党議拘束というものが存在せず、議員は公約どおりに行動する基盤ができているそうです。

ただ、閣僚は閣議に反対してはいけない。

端的な例が、
英国ブレア政権で閣僚の一人がイラク参戦に反対して、大臣職はクビになりましたが、労働党議員としての資格で国会議員を続けています。

河村さんによれば、
党というのは緩やかな集まりであれば良く、個々の議員は各自の理念・公約どおりに行動すべき、とのことです。

政策集である「河村ビジョン」には、
「内閣は総理に従うが議員は理念に従う」が世界の常識
と、書かれています。

ここまで見ていると、
河村さんはかなり普通の感覚の方だと思えるのですが、

普通の感覚では国会議員を続けるのがなかなか難しいようです:
【議員特権を拒否して委員長解任】p.84
これは、引用ではなく、私のほうで要約を書きますと、

・衆院の国会等移転特別委員会の委員長に任命された

・委員長特権である、日当6,000円や、運転手付き黒塗り公用車を拒否した

すると、2ヶ月で委員長をクビになった

・委員会での議決で解任、ではなく、
 なんと、民主党の国対委員長から勝手にクビにされた


世にも奇妙な国会物語はまだ続きます:

p.64で赤坂の豪華議員宿舎について、

「国民には財政危機を訴えて、なぜこんな豪華な議員宿舎を建てるのか?」
 と主張していると、周りの国会議員に白い目で見られた

あるときからテレビでパッタリこの問題が取り上げられなくなった
 (テレ朝の出演依頼も一週間延期になったあと、ボツになった)

テレビで取り上げられなくなったとたん、某クリーンなイメージだけは
 ダントツな党の議員たちが続々その豪華宿舎に入居
 (本の中ではどこの党か具体的に書かれています^^)

あと、こんなお話も:
議員年金は受給資格があるが、
「議員年金全面廃止」を主張する急先鋒だったので、
国会で全部寄付すると宣言し、1億円くらいをフイにした話

などなど、興味深い話がいっぱい書かれています。
(「この国は議員にいくら使うのか」、是非アマゾンで買いましょう(笑)。)

なお、上記のような話だと、

河村さんは、なぜ民主党に所属しているのか?

という素朴な疑問が湧いてきますが、これについては、
残念ながら国会議員がひとりでできることは非常に少ない。

たとえばひとり会派では本会議で代表質問はできないし、
一般質問でさえ回ってこないかもしれない。

だから私は、党に属しながら、やりたいことをやり、言うべきことは言う、という姿勢になったのだが、それが異端に見えているということだ。
(「この国は議員にいくら使うのか」p.103)

「劇団ひとり」は成立しますが、「国会議員ひとり」ではできることがあまりにも限られてしまうようですね^^。

そして、
政党に属していても国会議員としてできることもなかなか限られてしまいます。

ということで、
河村さんは、これまでは総理大臣になって国を変えてやろうというスタンスだったのですが、それは上記のような民主党内でも嫌われる主張をしているので、推薦人が集まらず断念

そして、名古屋市長への立候補となっているわけです。

人口220万人の巨大都市で改革を成功させれば、全国へのインパクトもきっと大きいでしょう^^。

河村さんが市長になったとしたらどんな政策をするか、というお話は紹介は、また明日させて頂きますm(_ _)m

河村先生、単なる名古屋弁のオモロイおっちゃんじゃなかったのね!と思われた方は、こちらのリンクのクリックをお願い致します↓ m(_ _)m

    http://blog.with2.net/in.php?751771

ブログランキングに参加しております。ご協力、ありがとうございます!

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51iN5BfVzDL._SL500_SS75_.jpg

「国債を刷れ!」好評発売中です。ご購入はこちらをクリック⇒アマゾン

 また、全国の多くの書店で平積みして頂いております!
書店での平積み目撃情報は→こちらをクリック(現在は東京、名古屋、大阪、神戸、沖縄の情報を記載中)

【「国債を刷れ!」補足集】の一覧はこちらをクリック

【ニュース解説】の一覧はこちらをクリック

スポンサーサイト

未分類コメント(0)トラックバック(0)|

≪前の記事 名古屋から日本が変わる!?【2】
≫次の記事 支出抑制でも借金増のナゾ

コメント

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。