ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
85位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
7位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

21:通貨安と物価(in USA)[1]

2010/03/06 (Sat) 12:12
http://x6.cho-chin.com/bin/ll?081850800
アクセス解析


↓ツイッター始めました(とりあえずブログ更新のお知らせしかしてないのですが…)
https://twitter.com/YNHiromiya









発売となりました! : 「さらば、デフレ不況」

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51Hj80b-2VL._SL160_AA160_.jpg

アマゾンでのご購入は こちらをクリック





◆3月22日 新宿ブックファーストにてトークイベントがあります。整理券配布中(新宿ブックファーストにて「さらば、デフレ不況」購入が条件)関連情報→ http://www.book1st.net/event_fair/event/page1.html








「『さらば、デフレ不況』、何度も読み返しています」というコメントを複数頂きました。著者として感無量です。


この数ヶ月、本当に苦心して作業してきた甲斐がありました(私のみならず、関係者一同)。


本当にありがとうございます。m(_ _)m



アマゾンでも、
本書の内容を網羅的にかつ簡潔にまとめたレビューを書いてくださった方(じゃがー様)がいらっしゃいます。


タイトル:「財政赤字は国民が幸せになるためにある」


少しだけ引用させて頂きますと、

需要不足によるデフレ対策は政府支出の拡大であり、将来の少子化に際に予想される供給不足に対応すべきとの国家論にも胸打たれる


まさに
私が本書で最も強調したかった部分であり、
このように書いて頂き、私も心が打たれます(T T)


それに続けてこんなことも書いていらっしゃいます:

極端な話、財政赤字は国家の存在理由だ!


これは、端的で実にうまい表現ですね!


リンクは↓こちらです(短縮していますが、ちゃんとアマゾンに行きます^^)
http://bit.ly/9mpy8k




前回の

【「失われた12年」大正~昭和初期編】
http://blogs.yahoo.co.jp/eishintradejp/24544679.html

で、大正~昭和初期の驚異的なデフレのグラフを示しまし、

分析は後回しにしていましたが、

皆様から

「原因はこういうことでは?」というようなコメントを多数頂きました。


・緊縮財政(軍事支出含む)

・金融引締め(金本位制で金融緩和にしばりがあった)

といったことで要約できそうですが、


結果だけお示しして、皆さんに原因は何かというコメントを頂くスタイルも面白いかも知れません。


私にとっても、かなり勉強になりましたので、今後、このスタイルに味をしめてしまうかも、です(笑)。



とりあえず、財政とか金融のデータをまたお示ししたいと思いますが、

紙ベースの数値表を打ち込む必要があるため、

残念ながら、気力と時間が有り余っていないとできないのであります。

来週は三橋貴明後援会パーティーもあったり、色々アレですので、しばしお待ちの程をm(_ _)m





今回は、


【超円安:1ドル=1000円シミュレーション】
http://blogs.yahoo.co.jp/eishintradejp/24482017.html

補足です。


まあ、この記事の趣旨は、

・極端な通貨安になっても、悪いことばかりではなく、良い面もあるんですよ

ということを確認したかっただけです。

別に私が近い将来1ドル=1000円になると予想している訳ではありません
また、
それを望んでいるわけでもありません

念のため…


スポンサーサイト

未分類コメント(0)トラックバック(0)|

≪前の記事 通貨安と物価(in USA)[2]
≫次の記事 「失われた12年」大正~昭和初期編

コメント

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。