ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
85位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
8位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

212:「もっと財政出動を!」

2009/04/19 (Sun) 09:53


#本日もこれから出かけるため、短めです。
 (コメントを下さった皆様、ありがとうございます。
  また、レスポンスできなくて、申し訳ありませんm(_ _)m)

昨年ノーベル経済学賞を受賞したポール・クルーグマン氏

「日本に謝罪した」と報じられ、話題になりました。

さて、何について謝罪したかと言えば
1990~2000年代のデフレ不況に対する
日本政府や日本銀行の対応の遅さを批判したことを謝罪した。

 教授は、
「日本は対応が遅く、根本的な解決を避けていると、
 西欧の識者は批判してきたが、
 似たような境遇に直面すると、私たちも同じ政策をとっている」と指摘。

読売オンライン(2009年4月14日)

で、何が言いたいかというと、

「現在のアメリカ政府やFRBの経済対策も対応が遅い」

言いたいということになりますね。

今朝のフジテレビの「報道2001」でも
この話題が取り上げられていました。

そして、クルーグマンさんの本の翻訳をなさった方がインタビューに答えて
クルーグマン氏は、
日本に謝罪したいと言うよりは、

アメリカが90年代の日本と同じにならないように、日本を反面教師にしないといけない

と言っているのです
のように解説されていました。

ところで、
クルーグマン氏の主張とはどんなものかというと、
クルーグマン氏は、
不振にあえぐ米経済の活性化策の1つとして、
インフラ整備や公共事業への積極的な財政出動を支持していることで知られ、



バラク・オバマ次期米大統領の政策が、
米経済の低迷に終止符を打つには不十分なものとなる可能性を警告している。

クルーグマン氏
「米経済が悪化するスピードを考慮した場合、
 経済対策がどれほど早急に実施されるかが非常に懸念される」と述べ、

財政出動こそ
「実際にわれわれが取れる唯一の行動だ。
 今は危機的な状況で、支援が必要な時だ。
 民間部門は自らを支援することはできない」
強調した。

冒頭のAFP記事(2008年12月08日)参照

つまり、氏の主張の肝

もっと大規模な財政出動を、もっと早くやれ

です。

先ほどのフジテレビ「報道2001」では、
クルーグマン氏について、
「アジア通貨危機や、サブプライム危機の発生など数々の予言を的中させた」とか
リーマンショック後の金融機関への公的資金注入ついて、米財務省がその意思決定に2週間もかかったのは遅すぎると批判した」
クルーグマン氏は天才
クルーグマン氏は日本を褒めているのではなく、日本は反面教師にしたいと言っているだけ

といったことは「報道」していましたが、肝心カナメ
もっと大規模な財政出動を、もっと早くやれ
については、

見事に一言も触れませんでした!

ヨハン・フォン・ゲーテは死ぬ間際に「もっと光を!」と魂の叫びを挙げたそうですが、

なぜ、フジテレビがクルーグマン氏について報道するのに「もっと財政出動を!」という氏の主張について全く触れないのか、よう分からん! 単純に気が付いていなかったということはあるのかな?というよりは、そもそも単に都合が悪かったから意図的に触れなかったのかなー?と思われた方は、こちらのリンクのクリックをお願い致します↓ m(_ _)m

    http://blog.with2.net/in.php?751771

ブログランキング、ニュース部門全体でトップ10入りしました!いつもご協力下さり、ありがとうございます!!!

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51iN5BfVzDL._SL500_SS75_.jpg

「国債を刷れ!」好評発売中です。ご購入はこちらをクリック⇒アマゾン

 また、全国の多くの書店で平積みして頂いております!
書店での平積み目撃情報は→こちらをクリック(現在は東京、名古屋、大阪、神戸、沖縄の情報を記載中)

【「国債を刷れ!」補足集】の一覧はこちらをクリック

【ニュース解説】の一覧はこちらをクリック

スポンサーサイト

未分類コメント(0)トラックバック(0)|

≪前の記事 国債増加は預金増加!【1】
≫次の記事 「戦争特需」考  

コメント

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。