ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
85位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
8位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

223:政府赤字は民間黒字!

2009/04/11 (Sat) 09:17

【「国債を刷れ!」質問コーナー】はこちらをクリック






上図は、
日銀出身の経済学者、深尾光洋さんの、「財政再建と貯蓄投資バランス」という論文(というより、読み物?)にある図(私の方で、若干加筆しました)です。

#そのままでは見にくいですので、クリックして別ウィンドウで見てみて下さいm(_ _)m
#携帯でご覧の方は見にくくてスミマセンですm(_ _)m


深尾さんは、政府紙幣絶対反対論者なので、どうかと思っていたのですが、上記論文はまさに「財政再建と貯蓄投資バランス」について、非常に明快に書かれていますので、是非、ご一読をお勧め致します。

(まあ、日銀出身の方が政府紙幣に反対するのは立場上、至極当たり前なので、それはそれで良いのですが^^。)


この論文の内容の説明の前に、私から一言

上の図を見ると、
だいたい87年くらいから92年まで
政府が黒字になっています

その時期は、民間部門の貯蓄余剰が減り、または、マイナス、いわば「赤字」になっています。

端的に言えば、

民間の赤字は、政府の黒字

となるわけです。

この時期って、バブルですね。
めちゃくちゃ景気が良かったわけです。
90年に崩壊したあとも、91年、92年はまだそのバブルの余韻があったのですが、
とにかく、
民間が赤字(借金をいっぱいしてお金をじゃんじゃん使うと言う意味での赤字。損益計算書上の赤字ではなく、キャッシュフローでの赤字)をしたのは、民間が自らの意思で喜んで赤字にしました。

不動産はもっと値段が上がる、だから借金してでも不動産を買おう。モノがもっと売れる、だからもっと借金してでも設備投資しよう、借金しなきゃ損、損♪、てな具合です。

その結果として、政府は黒字になれています。

#このバブルのころ、私の知人のところに、その知人は借金したいなんて、これっぽっちも思っていなかったのに、銀行の営業マンが「是非、お金借りてください!」って来てたそうです。「いや、ぜんぜんお金に困ってないから、いらん」と言ったら、なんとその営業マン、副支店長まで連れて来てたとか。
↑民間がこれくらい盛り上がらないと、政府は黒字にならないでしょう。


さて、
バブルの思い出話はここまでです^^。

いま現在、この景気の悪いときに、仮に政府が黒字にするという事象が起きると、何が起こるでしょうか?

つまり、
この景気の悪いときに「プライマリーバランスを黒字化するために増税or歳出削減します!」と政府が宣言したとして、

民間は、この不景気に喜んで、借金を増やしてガンガン投資、つまり、「赤字」になりたがるでしょうか?

テレビなどでよく、バラマキだ、国の借金が大変だ!
家計に例えれば国は収入以上の借金をしている、ダメ亭主だと言っている方々を拝見しますが、

この方々には、是非、
あなた方が赤字になりたいのならお好きにどうぞ。

勝手に赤字になり、勝手に預金を取り崩し、勝手に銀行なり消費者金融なりから金借りまくって、勝手に破産してください。

でも、私までそれに付き合わせないでもらえますか?

政府の赤字は、民間の黒字。政府の赤字削減は、民間の黒字削減。政府の黒字化は、民間の赤字化です。

この単純極まりない原理、ぜひ分かってくださいませんか?
言って差し上げたいところです。


ところで、
政府が赤字を減らそうとしても、必ずしも民間の赤字に直結するわけではありません。
海外に赤字になってもらえば良いのです。

外需開拓、他力本願だ!てな具合です。

まあ、世界同時大不況で、アメリカの経常赤字は過去1年の間に
2007年   2008年
7,3126,732 (億ドル)

580億ドル減っています。

日本円ではおよそ6兆円くらい減っているわけです。

一方、日本の経常黒字
2007年   2008年
24.7    16.3 (兆円)

8兆円くらい減っています。

それでもまだ、外需頼み、アメリカ頼み、アメリカの財政出動頼みで、日本は政府の赤字を増やしてはいけない!プライマリーバランス黒字化、財政健全化だ!!とでもおっしゃるのでしょうか???


さて、元の論文のお話に戻ります
上記の論文は一昨年(2007年)の2月のものですが、

内容を、もの凄くコンパクトにまとめますと、
82年~86年の期間、
 民間の貯蓄余剰(=貯蓄-投資。つまり「黒字」)が大きいときに、
 政府が赤字を削減したため、経常黒字が大幅に拡大した。

・「現在(07年。安倍内閣の時期)のような貯蓄超過状態にある日本経済の下で
  財政赤字の削減を行うことは、
  経常黒字拡大による円高が発生する可能性があるので、
  景気に対するダウンサイド・リスク(景気悪化リスク)が発生しうる
  ことを忘れてはならない。」
となります。


さて、
私なりの表現で、貯蓄投資バランスの話をしてみますと、
・民間の黒字は、政府の赤字

・民間の黒字が、政府の赤字を上回る状態が、経常黒字

・自国の経常黒字は、他国の経常赤字

・世界中の国の経常赤字の合計と、世界中の国の経常黒字の合計を足すとゼロ
となります。

また、簡単な数式を書いてみますと

民間黒字-政府赤字=経常黒字

さて、
もし円高で日本は大変だ!というのが正しいとします(仮定)

じゃあ、上の式をみると、どうするのが正しいでしょう?

政府の赤字を増やせば、経常黒字が減り、円安圧力になるのですから、円高が問題なら、財政出動を増やせば済む話ですね。

「円高が大変だ!」という一方で、「国の借金も大変だ!」と言っていたら、財政出動もできず、なにもできずに終り、「YOUはSHOCK!」、お前はもう死んでいる(by ケンシロウ)ですね。

#この記事に関連して、次の記事は「自国の黒字は他国の赤字」です。

「国の借金が大変だ、財政出動はバラマキだ、国は収入以上の借金をしている、ダメ亭主だ」と、やたらテレビ等で批判している人々が勝手に赤字になるのは一向に構わないけど、そのせいで俺が、私が、赤字になるのはまっぴら御免!クワバラクワバラ、悪霊退散!と思われた方は、こちらのリンクのクリックをお願い致します↓ m(_ _)m

    http://blog.with2.net/in.php?751771

ブログランキング、あと少しでニュース部門全体でトップ10入りです。いつもご協力下さり、ありがとうございます!!!

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51iN5BfVzDL._SL500_SS75_.jpg

「国債を刷れ!」好評発売中です

ご購入はこちらをクリック⇒アマゾン(アマゾン、入荷しました!)
 また、全国の多くの書店で平積みして頂いております!
書店での平積み目撃情報は→こちらをクリック(現在は東京、名古屋、大阪、神戸、沖縄の情報を記載中)

【「国債を刷れ!」補足集】の一覧はこちらをクリック

【ニュース解説】の一覧はこちらをクリック

スポンサーサイト

未分類コメント(0)トラックバック(0)|

≪前の記事 自国の黒字は他国の赤字!
≫次の記事 大変!国債金利が急上昇!!

コメント

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。