ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
92位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
8位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

225:経済対策:与党案と民主党案

2009/04/10 (Fri) 10:38

【「国債を刷れ!」質問コーナー】はこちらをクリック



政府・与党は本日
「追加経済対策 財政支出15兆円」
正式決定する予定ですが、

民主党案との比較をしてみたいと思います(読者の方からご要望がありました)。

ただ、とりあえず中身の比較は置きたいと思います(両方の中身そのものについて、とくに異論はありません。いまのところ^^)。

ここでは、規模や財源を中心に書きます。

なお、中身については下のリンクをご参照下さい:
与党案毎日新聞
民主党案民主党

毎日新聞の見出しには「バラマキ色強く」という余計な文言がありますが、
 それは無視してください(笑)。
 内容については一通り具体的に書いてありますので、参考になります。

ただ、中身について一点だけ:
さっきテレビで「エコカー購入助成金などは大企業優遇策」と言っている大学教授の方がいましたが、これは与党案にも民主党案にもあります。

大企業の売上が増加すれば、下請けの中小企業もある程度潤うわけですし、
また、与党案も民主党案も中小企業支援策を盛り込んでいますので、上記の批判は若干的外れかと思います。

それに、
エコカーや太陽発電パネルの普及促進は、
景気対策のみならず石油依存度の低下、エネルギー的独立のためにもなり、
国家的な安全保障上の問題の解決にもつながる重要な「投資」となる可能性があります、
というのは前にも触れたとおりです(『比較・日中の景気対策』参照)。


では、
規模と財源について


与党・政府案
財源
当初予算に計上した1兆円の経済緊急対応予備費や、
3~4兆円程度活用できる財政投融資特別会計の金利変動準備金などを充てるが、不足分を補うには国債の大幅増発が避けられなくなった。
(時事ドットコム 2009/04/08

与謝野馨財務・金融・経済財政相は9日、BSフジの番組で、補正予算の財源確保のための赤字国債発行額について「7兆~8兆円程度」に上るとの見通しを明らかにした。
(時事ドットコム 2009/04/09)

半年前の与党・政府の「生活対策」では
「赤字国債に依存しない」
と書いてあったので、まるで天地をひっくり返したような根本的方向転換です。

しかも、あの財政再建派の与謝野さんが「赤字国債発行します」とテレビで公言したのですから、すごいことですね。さすが「私、宗旨替えしました」とおっしゃっていただけのことはあります^^。

なお、
財政投融資特別会計の金利変動準備金
というのは、いわゆる「霞ヶ関埋蔵金」ですが、本来は国債の返済に回すお金です。

これを国債の返済に回さずに景気対策に使うわけですから、実は国債の増発と同じことです(『自民党VS民主党[経済政策比較 ①』参照)。



民主党(上記のリンクから引用):

4.規模・財源

2年間で約21兆円(真水)の財政出動

「天下り廃止等による公共調達のコスト削減」「独法・特殊法人の原則廃止」「国家公務員の総人件費削減」「直轄公共事業の見直し」「個別補助金の原則廃止、一括交付金化」等に財源を確保。
 これを担保するため、民主党は既にNC各部門において国の全ての事業の精査(事業仕分け)に着手済。

○H21年度の措置は、「経済緊急対応予備費」の活用、埋蔵金等により確保。

<参考>「埋蔵金」残高
  「財政投融資特別会計」 =6.5兆円
  「外国為替資金特別会計」=19.6兆円

ということで、
与党・政府案
【規模】1年で15兆円の真水の財政出動
【財源】赤字国債8兆円くらい 建設国債 3兆円くらい 埋蔵金活用 4兆円くらい


民主党案
【規模】1年あたりで10.5兆円の財政出動
【財源】ムダ削減と埋蔵金の活用

なのですが、ここで改めて財源に注目します。

与党・政府案は、完全に追加での財政出動なので、
まるまる15兆円の財政出動
です。

一方、
民主党案は、「ムダ削減」というものがあります。
ということは、
財政出動は「10.5兆円-ムダ削減分」の式になりますので、10.5兆円より小さくなります。

ムダ削減は大いに結構です。それは異論はありません。
でも、それなら与党・政府案の15兆円に、そのムダ削減分を加算した「景気対策」だって出来るはず、になりますね^^。

ところで、民主党・小沢党首
赤字国債「賛成しかねる」
(時事ドットコム2009/03/31)
発言されています。

「財政投融資特別会計」 =6.5兆円
活用するという、民主党案も、上記で触れましたように、国債返済に回す金を返さないで支出に回す、つまり、国債増発と同じなのですが…


同じ民主党でも
日本国債は財産

経済学のイロハのイである「貯蓄投資バランス」からわかるように、(民間の)貯蓄過剰は国債になる。

国が借金漬けという前提に立つ「骨太の方針」は、そもそも経済学的に根本が間違っている。
とおっしゃっていた
河村たかしさん(『国会議員に聞く、国債のお話』参照)は、
今度の名古屋市長選に出馬されるため、先ごろ衆院議員を辞職されました。


小沢さんも、
あまり赤字国債発行を批判しすぎると、
仮に民主党が政権を取った時に、財源について手足をしばってしまい、
「国が借金漬けという前提に立つ」ことで政策実施の自由度を大幅に失うことになりかねないので、あまり言わない方が良いように思います。

「貯蓄投資バランス」、つまり、「政府の赤字は民間の黒字」、については面白い論文を見つけました。また後ほど紹介します^^。

小沢さん、「財政投融資特別会計」は国債増発と同じです。赤字国債発行批判は、自分で自分の首をしめることになりかねないので、お止めになった方が…、と思われた方は、こちらのリンクのクリックをお願い致します↓ m(_ _)m

    http://blog.with2.net/in.php?751771

ブログランキングに参加しております。ご協力、ありがとうございます!!

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51iN5BfVzDL._SL500_SS75_.jpg

「国債を刷れ!」好評発売中です

ご購入はこちらをクリック⇒アマゾン(アマゾン、入荷しました!)
 また、全国の多くの書店で平積みして頂いております!
書店での平積み目撃情報は→こちらをクリック(現在は東京、名古屋、大阪、神戸、沖縄の情報を記載中)

【「国債を刷れ!」補足集】の一覧はこちらをクリック

【ニュース解説】の一覧はこちらをクリック

スポンサーサイト

未分類コメント(0)トラックバック(0)|

≪前の記事 大変!国債金利が急上昇!!
≫次の記事 2年物国債=有利な短期定期預金

コメント

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。