ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
92位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
8位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

23:マネタリーベースとM2その他(日本)

2010/03/02 (Tue) 15:19
http://x6.cho-chin.com/bin/ll?081850800
アクセス解析


↓ツイッター始めました(とりあえずブログ更新のお知らせしかしてないのですが…)
https://twitter.com/YNHiromiya



「さらば、デフレ不況」アマゾンで予約受付中です
http://ecx.images-amazon.com/images/I/51Hj80b-2VL._SL160_AA160_.jpg
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4883927334




「さらば、デフレ不況」先行発売書店一覧(2月26日から)は、→こちらをクリック

※一般の書店での発売は3月3日以降となります。






とりあえず、

↓こんなグラフ作ってみました。





出典:政府支出は内閣府 http://www.esri.cao.go.jp/jp/sna/toukei.html
   それ以外は日銀 http://www.stat-search.boj.or.jp/index.html





2週間ほど前、アメリカのデータ


【物価、M2、政府支出、マネタリーベース in USA 】
http://blogs.yahoo.co.jp/eishintradejp/24375359.html


を見たときは

・マネタリーベースを増やしても、M2が増えるとは限らない

・M2と政府支出が似たような動きをしている

のようになっていました。



しかし、

日本のM2を見てみると、


・政府支出が伸びていないのに、M2は一直線で伸びている(90年代半ば以降)

ですね。



しかし、

面白いのは90年代後半以降


M2が伸びてるのに、

・民間(非金融)法人の借入が減っている

・家計の借入も減っている

という点です。


ただ、
日本の場合はM2というのは特殊郵貯が入っていません


ちなみに、日本のM2の定義

M2: 対象金融機関:日本銀行、国内銀行(除くゆうちょ銀行)、外国銀行在日支店、信金中央金庫、信用金庫、農林中央金庫、商工組合中央金庫

M2=現金通貨+国内銀行等に預けられた預金

http://www.boj.or.jp/type/exp/stat/exms.htm


要するに、

現金+預金(ゆうちょ銀行除く)


ですね。



さて、一方。


上のグラフで、

現金+預金(郵貯を含む)

を見てみると、90年代末以降はほとんど横ばいです。



M2=現金+預金(郵貯除く)が増えているのに、現金+預金(郵貯を含む)が減っている、ということは、


郵貯が減っちょる

ちゅうことになりますね。




更に、

2001年から2006年の量的緩和

の期間においても、

民間(非金融)企業や家計の借入が減ってます。



昨日話題にした「たかじんのそこまで言って委員会」によく出演されている元官僚(構造改革派・緊縮財政派)の方が繰り返し


日銀がもっと金融緩和しなければならないのに、していないんです


というような、

日銀だけのせいにする発言をしているのは、本当にミスリードです。
そろそろ統計に基づいた真っ当な発言を心がけて頂きたいと思う、今日この頃…





ところで、上のグラフを【対数軸】にしてみます。










政府支出が伸びて無くても

M2:現金+預金(ゆうちょ銀行除く)

伸びていますが、

現金+預金(ゆうちょ銀行含む)

は、政府支出と結構似たような動きをしています(アメリカの政府支出とM2の関係に似ている)


さて、面白いことに、


家計の借入(残高)

もまた、政府支出と似た動きをしていますね。



これは、政府支出と給与総額が連動していることと関係があるものと思われます。






出典:民間給与総額は国税庁 http://www.nta.go.jp/kohyo/tokei/kokuzeicho/jikeiretsu/01_02.htm
政府支出は内閣府




まあ、
基本的には、「返すあて」があるからこそ借りるということなのでしょう。


個人であれば、

給料が増える、あるいは減らない、という見込みがないと、そうそう借金はできないというのが人情でしょう(例外もありますが)

もちろん、
貸し手の方も、住宅ローンであろうと消費者金融であろうと、返してもらえる見込みがないと基本的には貸しませんし(これも例外はありますが…)。


しかし、
それはあくまでも家計の話であって、政府には当てはまりません


「増え続けるM2。減らない現金+預金。減り続ける民間借入。さて、余ったおカネはどこへ行ったのかしら?どうやって運用されているのかしら?」 と思われた方は、↓下のリンクのクリックをお願いいたしますm(_ _)m

http://blog.with2.net/in.php?751771

  ブログランキングに参加しております。ご協力、ありがとうございます!


☆アンチ対策に役立つ【反「国家破産」的マスコミ記事】はこちら→ http://blogs.yahoo.co.jp/eishintradejp/folder/1031019.html?m=lc

スポンサーサイト

未分類コメント(0)トラックバック(0)|

≪前の記事 「失われた12年」大正~昭和初期編
≫次の記事 「そこまで言って委員会」

コメント

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。