ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
92位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
8位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

232:前向きニュース:資金「新製品投資に重点」35%(主要上場企業。日経記事)

2009/04/07 (Tue) 12:17
日経新聞 2009年4月7日15面
資金「新製品投資に重点」35%

主要上場企業財務調査から、
景気や業績の見通しは厳しくても、
企業は将来の成長に向け設備投資や研究開発に充てる資金を
増やそうとしていることが明らかになった。

資金の使途として増額を計画する項目を三つまで挙げてもらったところ
「増産や新製品のための設備投資」
と答えた企業が35%で最も多かった

東京ガスは産業向けに液化天然ガス(LNG)の需要が高まると判断
関連設備を増設する計画だ。

電機や精密機械、医薬品なども設備投資を増やす。

「更新や補修のための設備投資」
「研究開発」
を増やすとの回答もそれぞれ20%'''に達した。


ここから読み取れるのは、

上場大企業の経営者の多くが
「日本経済もうダメだ、世界経済もうダメだ」とは考えていない、ということです

今の苦しい状況で何をするかによって、
景気が回復したときにどれだけ業績を伸ばせるかが決まってくる。
だから、将来に向けた投資をする。

そいういうことなのでしょう。


なお、上記の主要上場企業の資金調達については、
「銀行借入金」が89%と最も多く、
「社債」の38%を大きく上回った。
(複数回答)
とありました。

ちなみに、
国内銀行の新規貸出の平均約定金利は、過去の日銀による「量的緩和」の時期並みに低下してきています:


出典:日銀

日銀の利下げ、CPや社債の買い切りオペ、長期国債買いオペ増額や、

日本政策金融公庫による中小企業への資金繰り支援
(総額30兆円の枠で、実績:セイフティーネット貸付1.4兆円+保証額7.1兆円)

日本政策投資銀行の大企業・中堅企業向け危機対応融資(実績:1兆円)やCP買取り(実績:0.2兆円)

と言った、公的な金融機関による融資拡大も利いているのではないでしょうか。


金利が下がっている今、
あとは政府による大規模な追加経済対策(財政出動)の拡大が望まれるところであります。

「政府は11兆円から14兆円の間で調整」(日経・09年4月7日1面)しているようです。

個人的見解としては需給ギャップを埋めて余りあるくらいの20兆円-30兆円以上を望みたいところですが…

とにもかくにも多くの大企業の前向きな姿勢には一票、と思われた方は、↓こちらのリンクのクリックを

      http://blog.with2.net/in.php?751771

ブログランキングに参加しております。ご協力、ありがとうございます!!

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51iN5BfVzDL._SL500_SS75_.jpg

「国債を刷れ!」好評発売中です

ご購入はこちらをクリック⇒アマゾン(アマゾン、入荷しました!)
 また、全国の多くの書店で平積みして頂いております!
書店での平積み目撃情報は→こちらをクリック(現在は東京、名古屋、大阪、神戸、沖縄の情報を記載中)

【「国債を刷れ!」補足集】の一覧はこちらをクリック

【ニュース解説】の一覧はこちらをクリック

スポンサーサイト

未分類コメント(0)トラックバック(0)|

≪前の記事 国債は通貨!
≫次の記事 米ドルの裏づけ【2】

コメント

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。