ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
85位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
7位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

25:超円安:1ドル=1000円シミュレーション

2010/02/27 (Sat) 11:31
http://x6.cho-chin.com/bin/ll?081850800
アクセス解析


↓ツイッター始めました(とりあえずブログ更新のお知らせしかしてないのですが…)
https://twitter.com/YNHiromiya



「さらば、デフレ不況」アマゾンで予約受付中です
http://ecx.images-amazon.com/images/I/51Hj80b-2VL._SL160_AA160_.jpg
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4883927334




「さらば、デフレ不況」先行発売書店一覧(2月26日から)は、→こちらをクリック

※一般の書店での発売は3月3日以降となります。






三橋貴明後援会からのお知らせ:

ところで、
3月10日(池袋サンシャイン58F)に予定されている
「三橋貴明後援会発足記念パーティ」のオープニング挨拶をして頂ける方が決まりました。

 何と、あの稲田朋美衆議院議員です! 
 
 後援会設立記念パーティへのご参加は↓こちらから。
http://mitsuhashitakaaki.blog65.fc2.com/blog-category-9.html





ちょうど1年ほど前↓こんな記事を書いてましたが、

【「超超円高:1ドル1円の世界」を想像してみると… 】
http://blogs.yahoo.co.jp/eishintradejp/11260520.html


逆に、
「超円安になったら、どんな風になるでしょう?」
というご質問がありましたので、

ちょっくらシミュレーションしてみました(かなり強引かつ簡便なシミュレーションですが)。







【仮定】

・外貨はドルだけ

・対外資産は全てドル建て

・対外負債は全て円建て

・多国間決済は全てドル建て

・為替の変動のみ考慮。資産等の時価はそのまま

・現状は1ドル=90円とする




という単純極まりない仮定で考えると、

対外純資産は 247兆円 → 5788兆円 で約20倍

経常黒字は 13.3兆円 → 147.5兆円 で約11倍

ということになります。



ただ、これは、現在の収支状況が変化しないという、'''為替レートを単純に掛け算しただけの数字です。

円安になれば輸出が非常に有利になるということなどもありますので、実際の動きはもっと複雑になります。

が、いずれにせよ、為替の変動相場制というのは、

経済の調子が悪くなった国に有利に働く

経済の調子が良い国に不利に働く

という「スタビライザー機能」があるわけです。


変動相場制経済の調子が悪くなった国に有利に働く、という事例については
↓こちらをどうぞ




逆に、
円高になったときは、


【「超超円高:1ドル1円の世界」を想像してみると… 】
http://blogs.yahoo.co.jp/eishintradejp/11260520.html


に書きましたように、

海外での権益を獲得する又とない絶好の機会

になります。


さて、

結局のところ

円高には円高の有利(海外の資産が安い)、不利(輸出に不利)があります。

円安には円安の有利(輸出、所得収支が改善)、不利(輸入物価が高くなる)があります。



円高になろうが、円安になろうが、

政府がやるべきことは、

その時々の状況に応じた最適な作戦計画を策定し、実行すれば良いということになります。


「【円高破綻論】への反論:『海外権益を買いあさって世界征服可能』。 【円安破綻論】への反論:『輸出とか所得収支の黒字がドカンと伸びるっちゅうねん』 ということでOK牧場」 と思われた方は、↓下のリンクのクリックをお願いいたしますm(_ _)m

http://blog.with2.net/in.php?751771

  ブログランキングに参加しております。ご協力、ありがとうございます!

☆アンチ対策に役立つ【反「国家破産」的マスコミ記事】はこちらをクリック

スポンサーサイト

未分類コメント(0)トラックバック(0)|

≪前の記事 「そこまで言って委員会」
≫次の記事 ムーディーズ:財政再建目標日本に策定促す

コメント

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。