ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
73位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
7位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

250:改めて「第三の道」【2】

2009/03/24 (Tue) 22:59
↓【1】からの続きです。
http://blogs.yahoo.co.jp/eishintradejp/13421929.html

政府が「国の借金が全く問題ない」という前提に立って、しっかり景気対策・経済対策を立案・実施すれば、

1.今、余裕がない人々も余裕が出てくる

2.今、余裕がある人々は、更に余裕が出てくる

ということで、いわゆるWIN&WINで行けるはずです。

どの階級も恩恵を受けることにつながるはずなのです。


私が「国の借金が問題でない」という考え方を世の中に広めたいと思うのは

階級間闘争のようなことが起きないようにしたい、
日本人同士で悲劇的な対立抗争のようなものが決して起きないようにしたい、
ということも大きいのです。

もし、「国の借金が問題だ」という前提(私に言わせれば完全に間違った前提)のもとで、小出しの対策しか打てず、不景気が長期化したとすれば、そのような悲劇的対立がおきるという心配が決して杞憂とも言えなくなると思うのです。
本来問題でもなんでもない国の借金を問題にすることで、そんなことになったとすれば、あまりにも悲しすぎると思うのです…


また、
いま、既得権益を守ろうとして必死にしがみついてい人々がいて、それについて批判されているようなことがあったとしても、

仮に「国の借金は全く問題ない」ということが世の中全体の主流の考え方になり、
政府もその前提で景気対策を打ち、社会保障(医療・介護・年金・雇用保険など)を充実させることで、

経済が成長軌道に戻り、かつ、社会全体で安心感が広がれば、

既得権益にしがみついている人々もしがみつく動機付けが弱くなり、そのような問題も自然に解決できる可能性があります。


私自身、
構造改革派の皆さんが、仮に国の借金が問題でないと言う前提に立って、歳出削減をせず、むしろ増やしながら構造改革をする、と主張されるならば特に反対しようとは思いません(つまり、対立しようとは思いません)^^

あるいは、構造改革派の皆さんが、もし国の借金を問題にしていたとしても、政府紙幣を発行して財政出動する!と主張されるなら、それについてもとりあえずは異存はありません!


国の借金が問題でないという前提に立てば、いろいろな対立関係がきれいさっぱり解消されちまうのではなかろうか?と思われた方は、こちらのリンクのクリックを↓

      http://blog.with2.net/in.php?751771

ブログランキングに参加しております。ご協力、ありがとうございます!!

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51iN5BfVzDL._SL500_SS75_.jpg

「国債を刷れ!」好評発売中です

ご購入はこちらをクリック⇒アマゾンセブンアンドワイビーケーワン
 また、全国の多くの書店で平積みして頂いております!
書店での平積み目撃情報は→こちらをクリック(現在は東京、名古屋、大阪、神戸、沖縄の情報を記載中)

【「国債を刷れ!」補足集】の一覧はこちらをクリック

【ニュース解説】の一覧はこちらをクリック

スポンサーサイト

未分類コメント(0)トラックバック(0)|

≪前の記事 通貨の量と「信認」の考察【1】
≫次の記事 改めて「第三の道」【1】

コメント

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。