ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
81位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
7位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

261:「世界の工場稼動6-7割」(日経新聞記事)

2009/03/13 (Fri) 12:37
本日2件目の記事です。
1件目はこちら⇒http://blogs.yahoo.co.jp/eishintradejp/12420412.html


日経新聞 09年3月13日(3面)
世界の工場稼動稼動6-7割

09年見通し 自動車・半導体など
余剰感 長引く恐れ

自動車や半導体などの工場稼働率が通常の八-九割から
2009年は通年で六-七割にまで落ち込む見通しだ。

新興国の需要増をにらんで生産能力を拡大したところを世界同時不況による需要急減に見舞われた。

日米欧などの需要低迷の長期化で世界の市場規模が不況前の2007年の水準に戻るのは2012年以降になるとの見方も出ている。

在庫調整が進んでも生産設備の余剰感が来年以降も続き、企業収益の改善への足かせになる可能性が出てきた。

つまりは、世界中で生産設備がもの凄い規模で余っているということになりますね。

つまり、生産供給力が大幅に余っている

供給>>需要(供給過剰、需要不足)


デフレ不況です。

こんなデフレ不況ときこそ、

政府支出を増加して需要を補うこと


が、有効な経済政策ということは疑う余地もありません

本日1本目の記事では米国の長期的なインフレ率の推移のグラフを掲載しましたが、

今回は、最近のものを↓(出典:Bureau of Labor Statistics


インフレ率は急激に低下しており、
需要不足が鮮明になっていると言えます!

昨日の日経夕刊1面トップ
財政出動
米「GDP比2%協調を」
G20で提案
という見出しで、記事の内容は、
G20の会合
アメリカのガイトナー財務長官
各国に「もっと政府支出を増やせ!」
呼びかけたということです。

日本国内では・・・

「国の借金が大変だ」ということで、
歳出削減を主張していた構造改革派の皆さんも、政府紙幣を発行してバラまけ!方向を転換済み

同じく「国の借金が大変だ」ということで、
増税を主張していた増税派の代表格である与謝野さんも、宗派を変えて、赤字国債容認に転換済みです。

ということは、与党内では
構造改革派、増税派、積極財政派
3派ともが、とりあえずは積極財政を主張するようになっています。

今こそ財政出動で需要を補い余剰生産力を活用しろ!と思われた方は、こちらのリンクのクリックを↓

      http://blog.with2.net/in.php?751771

ご協力、ありがとうございます!!

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51iN5BfVzDL._SL500_SS75_.jpg

「国債を刷れ!」好評発売中です

アマゾンでのご購入はこちら→アマゾン

 また、全国の多くの書店で平積みして頂いております!
書店での平積み目撃情報は→こちらをクリック(現在は東京、名古屋、神戸の情報を記載中)

【「国債を刷れ!」補足集】の一覧はこちらをクリック

【ニュース解説】の一覧はこちらをクリック

スポンサーサイト

未分類コメント(0)トラックバック(0)|

≪前の記事 Q&A【3】
≫次の記事 Q&A【2】

コメント

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。