ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
92位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
8位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

262:Q&A【2】

2009/03/13 (Fri) 11:59
Q&A第2回です。(第1回はこちら⇒http://blogs.yahoo.co.jp/eishintradejp/12370609.html)

と、その前に前回のQ1に関して
「国債を刷れ!」を読んで日本における国債発行は、
国民に対する借金だから問題が無い事は分かりましたが、

外国に国債を売ってるアメリカはどうなのでしょうか?

ナチスドイツみたいに大量の国債を発行して
経済を回復させたのは良いが、国家財政は火の車になって
国債発行もままなら無くなり、
(中略)
このまま国家破綻(=ハイパーインフレ)か戦争するしか
なくなったわけで、それと同じようになるのではと心配
になります。
というご質問を頂きましたので、これにお答えをさせて頂きたく思います。

まず、ナチスドイツから。

第1次世界大戦後、ドイツは、
戦勝国であるイギリスやフランスは対して
莫大な賠償金を支払う義務を負いました。

そして、その莫大な賠償金は外貨建て(マルクではなく、英ポンドや仏フラン)
でした。

 ⇒ここが、現在の日本政府の借金が日本円建てのみ、アメリカ政府の借金も米ドル建てのみ、
  ということと、根本的に違う点です。

 ⇔逆に、2001年に破綻したアルゼンチン政府は自国通貨ペソではなくて外貨(米ドル建て)の
  借金が返せなくて破綻しました(その後、一部踏み倒し、また、世界中が好景気を
  謳歌するなかで自国通貨対米ドルレートを1/3にして輸出を伸ばすなどして急速に経済
  は回復しましたが)。
  また、現在通貨危機に見舞われているアイルランド、ハンガリー、韓国などは、
  民間部門の外貨建て借金(米ドル、円、スイスフランなど)が返せなくなりました
  それらの通貨危機の国の政府は外貨建ての借金については外国の支援を頼るほかないことになります。
 

さらには、フランスが賠償金の早期支払いを要求すべく、ドイツの大工業地帯であるルール地方を占領しました。⇒これで、ドイツの国としての供給力が大幅に低下しました。

このようにして一次大戦後のドイツは、
1.需要>>供給の状況で、
2.外貨建て借金を背負い
3.経済を破綻させないように大量に通貨を発行
という条件がそろい

天文学的なハイパーインフレが発生しました。

その後、
賠償金を軽減してもらったり、ルール地方も返してもらったり
ハイパーインフレは解消

更には米国向け外需経済は回復して行きました。

そして、1929年の大恐慌で、外需が失われ、ドイツ経済は再び急激に悪化しててしまうのですが、
外需が失われて不況、ということは、
需要<供給
需要不足、デフレ不況ですね。

そのデフレ不況下でヒトラーが出てきて、
・一次大戦の賠償金は完全に踏み倒し、
・軍備増強・経済立て直しを、マルク建ての国債発行、つまりは、自国通貨建ての借金
 で調達した資金での積極財政政策により行ったわけです(デフレ不況の積極財政による克服

さて、このような状況の中で
「このまま国家破綻(=ハイパーインフレ)か戦争するしかなくなった」
という判断で戦争を選択したのだとしたら、

それは、その当時のドイツ人にとって、まだ記憶に新しいあの激しいハイパーインフレに対する恐怖心を拭いきれなかったからだと、勘考いたします。

戦争をするなら、むしろ却って、国の借金をどーんと増やさなければならないので、もし「国の借金が問題、国の借金をそれ以上増やすと国が破綻する」のであれば、戦争をする方が財政破綻を早めるはずです。

しかし、実際には、
もしアメリカという強大な国家が大西洋の向こう側からしゃしゃり出てこなければ、一時は欧州のほぼ全域を支配したナチスドイツは、そのまま支配を続け得たかも知れません。

もっとも、非人道的なことをやり続けることで、各地で反乱が頻発するなどして、政権を維持できたかどうかは疑問ではありますが。

第二次大戦では、日本もアメリカも国の借金をどーんと増やして戦争を継続しました。


日本は負け、国内も爆撃でずたずたになり、生産供給力は一気に落ち込み、戦後は年率300%台のインフレが生じましたが、
一次大戦後ドイツの最大月間約3万%のハイパーインフレとは比べ物になりません!

(ドイツの最大月間約3万%のハイパーインフレの出典:英国テレグラフ紙2008年11月13日記事

米国では、1940年からの5年間で1940年のGDPの2.1倍も借金が増えました。
これは、今の日本のGDPで比較すると、たった5年間で1000兆円以上も国の借金が増えるような感覚です。
それでも、その5年間の各年のインフレ率はほとんどの年で10%を切っていました
(米国のこの辺りの話は「国債を刷れ!」p.48に書いてある通りです)

更には、米国では戦後もインフレ率が10%を上回ったのは朝鮮戦争と二度のオイルショック期のみ(下図参照)です。


しかも2009年1月の消費者物価指数(CPI)の前年同月比は0.0%です。
つまり、アメリカでは現在インフレよりもデフレが問題なのです(米国CPI出典:Bureau of Labor Statistics)。


また、米国債10年物の金利は、1958年以来約50年ぶりの低水準をマークしていますので、基本的に資金調達には困らないと考えられます(下図。出典:FRB



「国債を刷れ!」の第2章で、
「国の借金は、悪性インフレの発生を防ぐためのシステムの副産物」
のように書きました。

政府が直接紙幣を発行すれば、基本的には国の借金は必要のない概念のものです。
しかし、
政府に紙幣発行を任せていると、際限なく発行して悪性インフレを起こす懸念があるので、
紙幣発行は政府からは一応は独立した中央銀行に任せるシステムができていると、私は考えています。

よって、日本政府と同様、インフレ率が低く、国債金利も低くなっている米政府が破綻するリスクは、極めて低いと考えられます。

また、この不況のご時世では、民間部門も大量の資金を運用するのに、日本国債や米国債ほど安心できる運用先がないので、
結局は日本国債も、米国債も消化に困ることはなかなか起こることはないと考えられます。

ただ、
日米のどちらがより余裕があるかというと、それはやはり、外国からの借金が極めて小さい日本の方だと思います。


すみません、長くなってしまいました。
また、本日は日経新聞で面白い記事が二件ありましたので、そちらの紹介を後ほど
こちらです⇒http://blogs.yahoo.co.jp/eishintradejp/12421943.html)

Q&Aの続きはまた後日m(_ _)m

アメリカも一応は大丈夫っぽいかも、と思われた方は、こちらのリンクのクリックを↓

      http://blog.with2.net/in.php?751771

ご協力、ありがとうございます!!

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51iN5BfVzDL._SL500_SS75_.jpg

「国債を刷れ!」好評発売中です

アマゾンでのご購入はこちら→アマゾン

 また、全国の多くの書店で平積みして頂いております!
書店での平積み目撃情報は→こちらをクリック(現在は東京、名古屋、神戸の情報を記載中)

【「国債を刷れ!」補足集】の一覧はこちらをクリック

【ニュース解説】の一覧はこちらをクリック

スポンサーサイト

未分類コメント(0)トラックバック(0)|

≪前の記事 「世界の工場稼動6-7割」(日経新聞記事)
≫次の記事 Q&A

コメント

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。