ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
76位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
6位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

265:定額給付金を簿記3級的に考察

2009/03/07 (Sat) 03:11
定額給付金、遂に支給決定ですね。

昨日は早速、青森県(だったと思うのですが)のとある自治体で支給開始されたそうで、うらやましい限りです^^

さて、今回は表題通り、

簿記3級の知識(+連結決算+ちょっとだけマクロ経済の知識)を使って、定額給付金のお金の流れ

を見てみたいと思います。

まず、図1政府が埋蔵金(とりあえず、政府預金とします)を取り崩すところから(図がきたない場合は、クリックすれば別ウィンドウできれいに表示されます^^。またちょっと長たらしいので、図(というより表)は適当に読み飛ばしてください^^;)。

【図1】


上図では、以下のような仮定に基づいて考えています(かなり無理やりです!)

・給付金をもらった個人は半分だけ消費に回す(ここでは「交際費」という項目)とする

・レストランなどの事業者(事業者①~∞)は、売上のうち、半分は仕入れに、
   残り半分は人件費に回すとする
   (つまり、利益ゼロ

・事業者Aは売上の全てを設備投資に、事業者Bは売上の全てを貯金に回すとする

・給付金を受けた個人や、その個人から売上を得た事業者などは、全て現金で受け渡すとする

・余ったお金はすべて銀行に預金され、銀行預金はこのご時世なので、企業への貸し出しには回さず、
 すべて国に「国債」や「政府短期証券」の形で貸し付けるものとする。

・上記の個人所得や事業者所得に対する税金は無視するものとする。


さて、ここでまずは、GDPです。

図1のような流れが起こったとすると、

この定額給付金2兆円によるGDPの増加黄色マーカーのところの合計、

つまり、
交際費1.0兆円+交際費0.5兆円+設備投資0.5兆円
=2.0兆円

となります。

最初に政府が個人に支給した2兆円は、生産活動を伴わないので、GDPにカウントされません。)

(なお、警察官の給料など公務員の給料は、例えば治安維持サービスを生み出しているので、
 同じ政府支出でもGDPにカウントされます。)

2兆円に対して、GDP2兆円なので、このケースでは乗数効果は1.0倍で1以下です。


しかし、ここで個人+事業者の資産の増加(負債の増加がないのでそのままイコール純資産の増加)を見てみましょう

個人+事業者の資産増加(=純資産の増加。赤マーカーのところ):
  定期預金1.0兆円+定期預金0.5兆円+当座預金0.5兆円+設備0.5兆円=2.5兆円

確かに、GDP増加は政府の支出以下でしかありませんでしたが、民間の資産増加は政府支出2.0兆円
上回っています!

なお、
政府の資産・負債の増減:
  政府資産: 政府預金2.0兆円-政府預金2.0兆円=±0兆円
  政府負債: 国債1.5兆円+政府短期証券0.5兆円=2兆円

 ⇒政府の純負債増加: 2兆円

で、ちょうど、給付金支出と同じ2兆円ですね。

また、銀行については純資産の増減はプラスマイナスゼロとなっています。


さて、次に、国全体(政府+個人+事業者+銀行)の連結決算をして(図2)
      連結貸借対照表(B/S)連結損益計算書(P/L)を作ってみます(図3)

(つまり、図2で、左右で打ち消し合う項目を二重線で消したあと、残った項目を
     図3の連結B/S、連結P/Lに計上し、純資産の増加と利益を計算

【図2】



【図3】



上記のケースでは、
純資産が0.5兆円増加し、利益も同じ金額計上されています。

実は、定額給付金は無駄どころか、国全体で連結決算すれば利益が出る可能性がある
のです。


ただ、事業者Aの「設備投資0.5兆円」が無ければ、純資産増加も利益もゼロとなります。

⇒逆に言えば、純負債の増加も、損失もゼロです! 

⇒また「純資産増加も利益もゼロ」だったとしても、
  上記ケースでは「交際費」によってレストランで食事をするなど、
  人々が付加価値を手に入れた上での利益ゼロなので、
 世の中全体では、お金が回転した分だけの価値を提供していることになります!

⇒もちろん、「政府支出の乗数が1以下」でも、
  連結決算すれば「純負債の増加も、損失もゼロ」で、
  世の中全体で付加価値が提供される結果となる
のですから、
  決して無駄とは言えない、と考えられるのです!


ところで、仮に、
政府支出の乗数は1以下、だから、政府支出を増やすのは無駄

というようなことを、言っている大学の経済学部教授の方がいるとします。

実は、私立大学と言えども、政府からの助成金が入っています。

「日本私立学校振興・共済事業団」という文部科学省所管の特殊法人があるのですが、
そのホームページによると、
この事業団は、
国から私立大学等経常費補助金等の交付を受け、これを大学等を設置している学校法人に交付しています。
だそうです。

そして、上記ホームページでは、私立大学への補助金の具体的数字が挙がっています(下図)。


平成20年度は合計で3千億円以上
「専任教員等給与費」というのは、たぶん教授等の給与の補助ですが、
これが1,326億円もの公金が入っています!

「政府支出は効果なし。無駄!」と言っている経済学部教授の方は、
きっと、このような補助金は受けることを拒否するか、自主返納
なさっているとは思うのですが、
もし仮に受け取っているとすれば、
「政府支出が無駄なのなら、あなたの存在そのものが無駄」
と言われても仕方ないと思いますが、皆様、いかがなものでしょうか…

とりあえず、私のところに来る定額給付金1万2千円の乗数は絶対に1を上回ります。

なぜなら、私は100%を消費に回す、つまり、消費性向100%を間違いなく実施するからです!

今のところは、神戸ポートピアホテルの高級フランス料理店、アランシャペル豪華ディナーを食べたいと思っています。

18,000円のコース+1,000円のグラスシャンパンのつもりなので、消費性向は100%超えちゃいそうな勢いです。

これが、アランシャペルの従業員の給料や、食材の仕入先の業者、さらにその先の農家の所得へと循環していくのは疑う余地もないので、

私の支出により、政府支出以上のGDPが生まれることは間違いありません!!!

え?寄付ですか?
ご心配なく。毎月1,500円、つまり、定額給付金を上回る年間18,000円とある慈善団体に寄付しておりますので^^;

「どんな場合でも政府支出は無駄、歳出削減!」と言う前に、まず自分自身が政府からカネもらうなよ、と思われた方は↓こちらのリンクのクリックを
     

http://blog.with2.net/in.php?751771

人気ブログランキングの「社会・経済ニュース 部門」で2位になりました!!

ご協力、ありがとうございます!!

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51iN5BfVzDL._SL500_SS75_.jpg
「国債を刷れ!」は、↓アマゾン等で好評発売中です
ご購入はこちらをクリック→アマゾンセブンアンドワイオンライン書店ビーケーワン(増刷でき、在庫ありです!お待たせいたしましたm(_ _)m)
 ↓↓↓↓↓
 東京ではジュンク堂池袋本店の昨日現在の在庫が40冊あります。

 全国の多くの書店で平積みして頂いております。
書店での平積み目撃情報は→こちらをクリック(現在は東京、名古屋、神戸の情報を記載中)
 平積み目撃情報ありましたら、ぜひコメントくださいませm(_ _)m


 ありがとうございます

【「国債を刷れ!」補足集】の一覧はこちらをクリック

【ニュース解説】の一覧はこちらをクリック




スポンサーサイト

未分類コメント(0)トラックバック(0)|

≪前の記事 号外!  
≫次の記事 幕府滅亡の背景の考察【2】

コメント

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。