ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
73位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
7位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

27:「さらば、デフレ不況」

2010/02/25 (Thu) 12:31
http://x6.cho-chin.com/bin/ll?081850800
アクセス解析


↓ツイッター始めました(とりあえずブログ更新のお知らせしかしてないのですが…)

https://twitter.com/YNHiromiya




「さらば、デフレ不況」アマゾンで予約受付中です

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51Hj80b-2VL._SL160_AA160_.jpg
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4883927334



先行発売について

首都圏の先行発売については、

25日の予定とご案内しておりましたが、25日中は時間が確定しないため、
明日26日(金)ということでよろしくお願いいたします。すみませんm(_ _)m

書店リストは本日の夜遅くか明朝、ご案内申し上げますので、しばしお待ちのほどをm(_ _)mm(_ _)m


※梅田「紀伊国屋書店」については、予定どおり26日(金)からであります。












三橋貴明後援会設立記念パーティのご案内


三橋貴明からのご案内でございます:

御世話になります。三橋貴明です。


さて、わたくしごとではございますが、この度、2010年参議院選挙(全国比例代表)立候補予定者として、自由民主党の公認を頂戴いたしました。


より良き日本を、わたくしたちの子供や子孫に残すために、全身全霊をもって闘い抜く所存でございます。


つきましては、後援会事務所「三橋貴明後援会」発足を記念し、後援会設立記念パーティを開催させて頂きます。

ご都合がよろしければ、みなさまお誘い合わせの上、是非お越し下さいますようお願いいたします。




◆日時:2010年3月10日 午後7時より午後9時まで

三橋貴明以外にも、ゲストとして、メディア・パトロール・ジャパンのコラムニスト、作曲家すぎやまこういち氏、ジャーナリスト西村幸祐氏など、様々な方に参加いただき、ご講演頂く予定です。

また、後援会のスタッフである渡邉哲也、廣宮孝信も会場にてお待ちしております。



◆会場:サンシャインクルーズクルーズ(池袋サンシャイン58階)

http://www.ginza-cruise.co.jp/ikebukuro/index.html
TEL03-3981-0962



◆会費 20.000円となっております。(先着制定員300名様)


参加ご希望の方は

メール(送信先アドレス: party.mitsuhashi@mbn.nifty.com )にて
住所、氏名、連絡先電話番号ご記入の上、御申し込みください。



*誠に勝手ながら、政治活動の一貫とみなされるため、政治資金規正法により、未成年者と外国人の方のご参加をお断りいたしております。

記載事項を確認の上、折り返し、受付NOと入金方法を記入したメールを返送させて頂きます。


入金確認後、一週間程度で、入金確認メール(NO入り)をご返送させていただきます。

この返送メールが入場券となりますので、
当日、メールを印刷頂くか、携帯電話のメールに転送してご提示ください。
(または、パーティチケットNOと身分証明書のご提示で入場頂けます)



今後とも三橋貴明を、何とぞよろしくお願いいたします。



三橋貴明



◆後援会事務所◆

三橋貴明後援会事務所

〒101-0025 東京都千代田区神田佐久間町3-38第五東ビル501-18

電話番号:03-5835-2336

ファックス番号:03-3864-0522



ということで、

私、不肖廣宮もお待ちしておりますので、

読者の皆様、よろしければご参加頂きたく、

どうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m

(参加のお申し込みを頂ける場合は上記の要領にてよろしくお願いいたします)






本日も秋葉原・某事務所からです。


まずは、前回の補足から。



国別のデータはありませんが、

米国債の国外保有のうち、公的部門と非公的部門の内訳です。

※非公的部門は、全体の合計額から公的部門(Foreign Officials)を差し引いて計算したものです。







こう見ると、米国債の海外保有は公的部門が主流ですね(6割以上が公的部門)


過去1年の増え方(増加額)も一応見ておきましょう









増加額は公的部門と非公的部門でほぼ同じペースです。




さて、本日の本題ですが、

「さらば、デフレ不況」の内容紹介です。


以前にも書きましたが、【この本の主題】は、一言で言えば

「おカネじゃないのよ、経済は、はっはぁ~♪(中森明菜風)」

です。


さて、これだけで終わってはミもフタも無いですので、

出版社から「著者から見たこの本の特徴はなんでしょうか?」と聞かれたときに考えた私からの回答を掲載しておきたいと思います。


・国家財政やマクロ経済においては常識とは正反対の見方をする必要があります。
 【本書の目的の第一】は読者の皆さんにその「正反対の見方」を提供することです。

・「財政黒字は良い」「財政赤字は悪い」。それが一般的な常識的なものの見方でありましょう。
 しかし、実際には
 「財政黒字なのに国家破綻」、「20年以上財政赤字が続いている国が高度成長を続けている」
 ということが世界ではごく普通に起きているのです。

そして、【本書の目的の第二】
 本当に怖いのは財政破綻ではなく、
 モノの供給が途絶えてしまう「物流上の破綻」であることを明示することです。

・なぜならおカネというものは印刷や帳簿上の処理で幾らでも創れますが、
 国民生活、国民の生存のために必要な食料やエネルギー資源などは、
 おカネと違って幾らでも創れるものではないからです。

・本書の最大の特徴は、一般の「経済書」では取り扱われることのない
 この「物流上の破綻」に焦点を当ている点です。

・この本当に恐るべき「破綻」起こらないようにするにはどうしたら良いか
 つまり、
 将来において供給不足が起こらないようにするにはどうしたら良いか
 そして、
 それを踏まえた上で、現在の需要不足に起因するデフレ不況にどう対応すべきか。

 この問題の解決策に関して年金問題をも絡めての具体的な提言を行っていることも、
 本書についての類書との際立った特異点でありましょう。



それから、
私自身が本の中で一番気に入っているのは、p.185に出てくる↓こんなフレーズです。

つまるところ、
おカネというものの存在は、
一人一人の国民の血と汗と涙無しには決して成り立たないものなのです。


「おカネじゃないのよ、経済は、はっはぁ~♪(中森明菜風)」 と思われた方は、↓下のリンクのクリックをお願いいたしますm(_ _)m

http://blog.with2.net/in.php?751771

  ブログランキングに参加しております。ご協力、ありがとうございます!


☆アンチ対策に役立つ【反「国家破産」的マスコミ記事】はこちら→ http://blogs.yahoo.co.jp/eishintradejp/folder/1031019.html?m=lc

スポンサーサイト

未分類コメント(0)トラックバック(0)|

≪前の記事 ムーディーズ:財政再建目標日本に策定促す
≫次の記事 米国債の海外保有状況

コメント

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。