ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
87位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
7位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

270:公的年金の資産について

2009/02/27 (Fri) 17:34
三橋さんのVoice記事
「負債は840兆円もあるけど、同時に資産もでかいんだよ。なにしろ政府の金融資産だけで550兆円近くもあるんだから・・・」

上記に対する、とある経済学者の批判
この金融資産は、自由に処分できるわけではない。大部分は年金の積立金だから、これで国債を償還することはできない。

上記批判に対する私の批判
日銀資金循環統計2008年4~6月期確報によりますと、

公的年金の積立金を含む「社会保障基金」の資産は約227兆円

それに対して、

一般政府(中央政府+地方政府+社会保障基金)の資産は約507兆円

です。


ところで、

「大部分」の意味は三省堂の「大辞林」によると

”全体のほとんどの部分”です。


そして、

仮に、社会保障基金の全てが公的年金の資産とします(実際には医療保険や雇用保険の資産も含まれる)。

すると、社会保障基金の資産が一般政府の資産に占める割合

227兆円÷507兆円=44.7%

つまり、「半分以下」ですね。「全体のほとんどの部分」ではないので、「大部分」とは言えません

よって、上記の某経済学者の批判の「大部分は年金の積立金」は大間違いです。


次に、国立社会保障・人口問題研究所のサイト内にあった
先進各国の公的年金制度と高齢低所得者対策(有森美木氏:日興フィナンシャル・インテリジェンス株式会社社会システム研究所アナリスト)という資料の中で、

各国の公的年金積立金について書かれています。それを拾ってみると

アメリカ:給付費の2.8年分(2001 年末時点)の積立金を保有

イギリス:給付費の2カ月分程度の準備金を保有

ドイツ:年金給付費の約0.2カ月分(2004 年末現在)の積立金を保有

日本:給付費の約4.5年分(2005 年3 月末現在、厚生年金保険の場合)の積立金を保有

となっています。

日本厚生年金に限っていますが、なんと4.5年分も溜め込んでいます。

これは、上記の他のどの国よりも大きくなっており、ドイツに至ってはわずか0.2ヶ月分の積立金で年金を回しています。

日本の公的年金については、無意味に積立金を溜め込んでいて、そのせいで国債発行残高を増やしてしまっている可能性がありますね。

なお、ニッセイ基礎研究所の「公的年金資産運用の論点」という資料によりますと、

厚生年金・国民年金だけで150兆円、各共済年金を合わせれば205兆円(いずれも2005年度末)の支払準備資産を持っている。

とありますので、

上記の「社会保障基金」の資産の「大部分」は年金の積立金のようです。ただし、くどいですが、一般政府の資産の「大部分」ではありません(笑)。

日本の公的年金全体が4.5年分を積立てている仮定して、ドイツ並みの0.2ヶ月に減らしてしまえ、としたとしますと、

205兆円×(0.2/(4.5×12))=0.8兆円

で済みますので、

205兆円-0.8兆円=約204兆円

国債償還に使っちゃっても良いかも、です。

もちろん、一気に取り崩したら、年金基金で保有している株が暴落したりその他いろいろ問題があるので、取り崩すとしても少しずつにすべきですね。

まあ、昨日の記事で簡単にまとめてしまいましたように、

そもそも国の借金には一切問題がないので、そんなことをする必要もないのですが。


さて、上記某経済学者は、三橋さんのVoice記事について、
この記事は他にも間違いが多く、正しい部分はほとんどない。
と書いていますが、私、↑これを読んで
思わず腹を抱えて笑い転げてしまいました。
この方にはまず、
「大部分」と「半分以下」の区別を付けることから勉強されることを強力に推奨致します。

換言すれば、小学校低学年の国語からやり直した方が良さそうですね、と言えましょうか。

「経済学者」だというなら、せめて資金循環統計くらいは見てから批判しなはれ、と思う今日この頃でした。

日本の「厚生年金の積立が4.5年分」に対して、ドイツの「公的年金の積立金がわずか0.2か月分」!そりゃーびっくりたまげたよ、と思われた方は、↓こちらのリンクのクリックを
     http://blog.with2.net/in.php?751771
人気ブログランキングの「社会・経済ニュース 部門」で4位継続中です!
ご協力、ありがとうございます!!

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51iN5BfVzDL._SL500_SS75_.jpg
「国債を刷れ!」は、アマゾン等で好評発売中です
ご購入はこちらをクリック→アマゾンセブンアンドワイオンライン書店ビーケーワン(目下、品切れ中。増刷待ちですm(_ _)m)
 ↓↓↓↓↓
 東京ではジュンク堂池袋本店の昨日現在の在庫が15冊あります。

 全国の多くの書店で平積みして頂いております。
書店での平積み目撃情報は→こちらをクリック(現在は東京、名古屋、神戸の情報を記載中)
 平積み目撃情報ありましたら、ぜひコメントくださいませm(_ _)m


 ありがとうございます

【「国債を刷れ!」補足集】の一覧はこちらをクリック

【ニュース解説】の一覧はこちらをクリック

スポンサーサイト

未分類コメント(0)トラックバック(0)|

≪前の記事 続・年金資産について(「隠れ債務」?)
≫次の記事 「国の借金」が問題でないことの根拠(簡単にまとめると…)

コメント

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。