ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
85位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
8位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

273:国会議員に聞く、国債のお話

2009/02/24 (Tue) 16:15
先週末、衆院議員・河村たかしさんの事務所に訪問して参りました。

「国債を刷れ!」を執筆する最初のきっかけは、河村代議士のテレビでの「国の借金は問題ないという前提で考えなければいけません」というご発言でした。

#当ブログの読者のみなさんには民主党嫌いな方がたくさんおられると思いますので、河村代議士について少々補足します:

河村さんの常日頃からの主張に、
「党議拘束撤廃」
というものがあります。

党議拘束が撤廃されれば、
それぞれの議員が自分の考えに従って、
野党の議員でも案件によっては自由に与党の案に賛成することもできるし、
与党の議員でも案件によっては自由に野党の案に賛成することができるので、

例えば
衆参のねじれによる議事進行の遅滞も相当程度に解消されるはず、と言えそうです。

また、
「国の借金は問題ない」という河村さんの主張が、もしも世の中の主流であったなら、
自民党はここまで窮地に陥っていなかっただろう、皮肉なものだと、氏は語っています。


さて、
河村代議士にお会いしたのは先週の土曜日(09年2月21日)でしたが、
ちょうどその日の朝刊に
名古屋市長選の民主党推薦候補が河村さんでほぼ一本化
というような記事が載っていたので、電話がひっきりなしに掛かってくる慌しい中でしたがいろいろと、面白いお話を伺いました。


たとえば、

河村さんがテレビで「国の借金は問題ない」と発言すると、ほぼ間違いなく編集でカットされていた、とか、

元財務官僚という方と対談したときに、
その方が「国の借金が大変だー」と言うのに対して、

河村さんが「銀行は預金と言う形で借金を増やせば褒められるのに、なぜ国が借金を増やしたらいかんのだ」とやりこめると、
「確かにそうですね」とひるんだあと
こんなことをおっしゃったそうです:
「でも、河村さん、そんなことを言ってたらあなた、総理になれませんよ」
河村さんがおっしゃるには、↑これに全てが凝縮されているとのことです。

麻生さんが、首相になる1年半前
確かに橋本政権が消費税を上げ、景気が一気に悪化した。

あのとき、大蔵省は9兆円の税収増をもくろんでいたが、景気が落ち込み税収は前年度比マイナス4兆円となり、結果として13兆円も読み間違った。

当時の経済成長率は4%ぐらいだったが、『まだ早い』と反対したのが小泉純一郎、亀井静香、麻生太郎だった。その後、日本は再び不況になったが、どのぐらいの税収を失ったかを考えると、大蔵省(現財務省)の責任は極めて重い」([http://www.aso-taro.jp/lecture/talk/080125.html ])08年1月25日
と書いていたのが、

首相になった後は
「景気が回復したら」という条件付きながらも
消費税増税を繰り返し主張せざるを得なかった本当の理由「それを言わないと総理になれない」ということだったのかも知れません。

この消費税問題は麻生政権の支持率を大きく下げる要因となりました。


ところで、
マスコミでは通常、財務省付きの方が出世コースに乗り、社長になるので、財務省の「国の借金は大変だ、だから増税が必要だ」という「教義」には逆らえない
だから、
「国の借金は問題でない」と話すと「編集でカット」、ということになるようです。


私が拝見したフジテレビの「報道2001」は生放送だったので、

奇跡的に全国ネットで河村代議士の「国の借金は問題ない」という言葉が放送されてしまった
ということのようです。

それが「国債を刷れ!」執筆に至る原点になったのですから、人の縁というのは不思議なものですね。

(ただ、最近ではアメリカの財務長官がG7で各国に「もっと積極財政を」と圧力をかけているので、風向きが変わる可能性は無きにしもあらずですが、どうでしょうか。)


ここで、河村代議士が、三橋さんファンにはおなじみのVoice(2008年9月号)で書いていた記事のうち、「国の借金は問題ない」という内容の部分を紹介します:

(河村さんは↓下のようなバランスシートとキャッシュフロー計算書を組み合わせたような図を作って説明されています)


日本国債は財産

 「日本は財政危機」は大ウソである。

 経済学のイロハのイである「貯蓄投資バランス」からわかるように、貯蓄過剰は国債になる。

 図1(上の図)にあるように平成18年度は民間のおカネが投資不足で、36兆円余っている。
 海外からも15兆円、日本へ入ってきている。この貯蓄過剰の受け皿が国債である。

 赤ちゃんがオギャーと生まれたら600万円の借金があると、財務省はオオカミ少年よろしく、国民を脅し、増税ばかりを訴えるのだ。

 そもそも赤ちゃん一人当たり600万円も借金が本当にあったら、確実に日本はつぶれる。世界各国にODA(政府開発援助)などできるわけがない。一人当たり600万円分の日本国債という財産もあるというのが真相だ。

 財務省が誘導する財政危機のプロパガンダ。勤勉な日本庶民を「国も借金漬けなんだから苦しくとも辛抱しよう」とガマンさせる巨大な詐欺行為である。

 そもそもなぜ経済学のイロハのイである「貯蓄投資バランス」から、いまの日本国債の性質が議論されないか、不思議で仕方がない。日本の政治評論家は経済学オンチなのだろうか。

 いま、自民党では上げ潮派と財政健全派の二つがシノギを削っている。だが、どちらも「貯蓄投資バランス」がわかっていない。
 国が借金漬けという前提に立つ「骨太の方針」は、そもそも経済学的に根本が間違っている。「貯蓄投資バランス」に基づく議論は経済財政諮問会議ではいっさいなされなかった。財務省の二枚舌が日本政府を支配している。

 いまこそ、日本は貯蓄過剰を正しく解消する政策を打ち出すべきだ。

なお、
このような「国の借金は問題ない」という考え方は民主党内部でも主流ではないそうです。何せ、民主党の"財務大臣"は元財務官僚の榊原さんだったりしますので。

ただ、
榊原さんは「国の借金は大変だ」と言う一方で、埋蔵金の活用や政府紙幣の発行による国の借金削減を提唱しているので、増税したい財務省とはだいぶ毛色が違うようでもあります。

ところで、
法律で赤字国債の発行が基本的には禁じられている財政法第4条)ので、あくまでも彼ら財務官僚の言い分は「法律にのっとった当然の主張」となるのだということです。


河村さんによれば、麻生さんの景気対策がオバマ政権に比べると、どうしても小さくなってしまうのは、その第4条があるからなのだそうです。つまり、これが政府による大胆な支出増加のボトルネック(制約条件)というわけです。


そこで、氏は国会議員としての置き土産として、第4条の改正法案を議員立法すべく、その条文を衆院の法制局に作ってもらっているところなのだそうです。

(法制局は、こういう法律を作りたいと議員が依頼すると、他の法律との関係を調整した上での条文の案を作成してくれるという国会の部署なのだそうです)

ここで面白いのは、
「国の借金が大変ではない」という河村代議士の主張が世の中の主流になっていたら、自民党はもっと積極財政ができたし、
年金問題も後期高齢者医療保険問題も起こらず、民主党が先の参院選で圧勝することもなかったということです。

河村さんは、「第4条があったり、国の借金が大変というのが世論の主流だったことで、却って民主党が政権を取れるチャンスができたのは、なんとも皮肉なことだわ」のようにおっしゃっていました。

それから、市長選・市政改革についても、色々面白いお話を聞かせていただきましたが、これはまた後日させていただきたく思います。

上記の記事が面白い、と思われた方は、↓こちらのリンクのクリックを
http://blog.with2.net/in.php?751771
人気ブログランキングの「社会・経済ニュース 部門」で4位継続中です!
ご協力、ありがとうございます!!

「国債を刷れ!」は、アマゾン等で好評発売中です
 ご購入はこちらをクリック→アマゾンセブンアンドワイオンライン書店ビーケーワン(アマゾン、セブンアンドワイは在庫切れ、ビーケーワンは在庫あり…と思ったら在庫切れです)
 ↓↓↓↓↓
 東京ではジュンク堂池袋本店の昨日現在の在庫が17冊あります。

 全国の多くの書店で平積みして頂いております。
 平積み目撃情報ありましたら、ぜひコメントくださいませm(_ _)m

 書店での平積み目撃情報は→こちらをクリック

 ありがとうございます

【「国債を刷れ!」補足集】の一覧はこちらをクリック

【ニュース解説】の一覧はこちらをクリック

スポンサーサイト

未分類コメント(0)トラックバック(0)|

≪前の記事 「超超円高:1ドル1円の世界」を想像してみると…
≫次の記事 「藩札」について

コメント

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。