ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
92位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
8位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

278:財政支出の乗数効果は1より小さい?[2]

2009/02/18 (Wed) 11:59

【「国債を刷れ!」補足集】の一覧はこちらをクリック


「国債を刷れ!」、発売早々に増刷決定です!

皆様のご協力のお陰です。誠にありがとうございますm(_ _)m



前回(http://blogs.yahoo.co.jp/eishintradejp/10736091.html)からの続きです

「③刺激策の消費者や企業への効果は、短期的なGDP創出だけではなく支出の価値で決まる」

これは、政府支出の項目をより好ましいものを選ぶということのようですね。

例えば、前回も書きましたように
教育・科学技術に加え「エネルギー的独立(石油依存の脱却)」の3つを「グローバル経済のなかでアメリカの競争力を高める投資」と位置づけている。そのような「投資」は、国全体の生産性を高めることを通じて将来のインフレ懸念を払拭する、極めて重要な「積み木」であると言えよう。
というような、オバマさんの財政拡大の方向性は、「支出の価値」が高くなると考えられますね。


「④財政支出の増加は最終的には増税にはねかえり、消費や投資を抑制する」


これにつきましては、「国債を刷れ!」のテーマである

「国の借金は本来全く問題ない」
とか
「国家の収入には税収その他のほかにも、『通貨発行益』がある」

ということを、少しでも多くの皆さんに知って頂ければ、解消し得ることであるように思われます^^。


以上で①から④について、お答えさせていただきましたが、
もう一つ

⑤アメリカの経済学者にはこれについてコンセンサス

について。

池田さんのブログでは、元々は
オバマ政権による史上最大の景気対策が成立したが、マーケットも経済学者も、その効果には懐疑的だ。
と書かれていますね。

さて、まあ、「マーケット」なるものは置いておきましょう(こんなの、投資家の皆さんの気分ですので)。

「経済学者」についてはどうでしょうか?

経済学者でもあるバーナンキFRB議長はバリバリの積極財政推進派ですね。「ヘリコプターでカネをばらまいたら景気が良くなる」が口癖「ヘリコプター・ベン」というあだ名まであるそうです。

次に、サミュエルソンさん、スティグリッツさん、クルーグマンさんと言ったノーベル賞を受賞暦のある錚々たる経済学者の面々もまた、積極財政万歳な皆さんです。

例えばクルーグマンさんは、あのオバマさんの大規模経済対策について
バラク・オバマ(Barack Obama)次期米大統領の政策が、米経済の低迷に終止符を打つには不十分なものとなる可能性を警告している。
のように、「まだまだ足りない」と主張されているとのことです(AFP通信 2008年12月08日)

どうも、新自由主義ちっくな方は、あまり事実に基づかない主張をされることが多いようです。

竹中さんもそんな雰囲気でいっぱいです。
例えば、昨年7月ごろだったと思うのですが、フジテレビの「報道2001」で、

同志社大学の浜矩子教授
「(財政出動による)弱者救済が必要」と発言に対しては
「世界は日本が財政出動することなんて望んでいません」のようにおっしゃっていました。

どうやら竹中さんの「世界」には、
世界最大の中央銀行のトップであるバーナンキさんや、
ノーベル賞経済学者であるサミュエルソンさん、スティグリッツさん、クルーグマンさん
含まれないようです。

ロバート・キヨサキさんは「金持ち父さん、貧乏父さん」の中で
金持ちになりたければ、感情ではなく、事実に基づいて判断するようでなくてはならない
のように書いていましたが…

「経済学者は『国民を金持ちにしたければ、感情ではなく、事実に基づいて判断するようでなければならない』よね」と思われた方は、
↓こちらのリンクのクリックを
http://blog.with2.net/in.php?751771
人気ブログランキングの「社会・経済ニュース 部門」で4位継続中です!
ご協力、ありがとうございます!!

「国債を刷れ!」、アマゾンにて好評発売中です
 →こちらをクリック(アマゾン 本の総合ランキング:現在613位です)

 また、全国の多くの書店で平積みして頂いております。
 私自身は地元神戸のジュンク堂三宮店(センター街)の5階に加えて、新たに1階と2階での平積みを目撃いたしました
 平積み目撃情報ありましたら、ぜひコメントくださいませm(_ _)m

 東京のジュンク堂池袋本店には現在27冊在庫があるそうです
 ありがとうございます

【「国債を刷れ!」補足集】の一覧はこちらをクリック

スポンサーサイト

未分類コメント(0)トラックバック(0)|

≪前の記事 「国債買い入れ、増額を」(日経の論説記事)
≫次の記事 財政支出の乗数効果は1より小さい?[1]

コメント

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。