ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
87位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
7位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

279:財政支出の乗数効果は1より小さい?[1]

2009/02/18 (Wed) 11:50

【「国債を刷れ!」補足集】の一覧はこちらをクリック


「国債を刷れ!」、発売早々に増刷決定です!

皆様のご協力のお陰です。誠にありがとうございますm(_ _)m



さて、本題です。

「国債を刷れ!」をご購読頂きました本ブログ読者の方から、次のようなご質問を「コメント」にて頂きましたので、お答えをさせて頂きたく存じます:

池田信夫という経済学者のブログに次のような命題が存在すると書かれています。

①財政支出の乗数効果は1より小さい

②支出の増加は一時的なものと想定されているが、利益団体にいつまでも食い物にされる

③刺激策の消費者や企業への効果は、短期的なGDP創出だけではなく支出の価値で決まる

④財政支出の増加は最終的には増税にはねかえり、消費や投資を抑制する

アメリカの経済学者にはこれについてコンセンサスがあるそうです。ヨッシーニさんはどのように思われますか。『国債を刷れ』を読んだ立場からすると、特に④が怪しいと思うのですが。

池田さんのブログは私もチラリと拝見したことがあるのですが、氏はかなりバリバリの「新自由主義」な方のようですね。

ということは、
やはりマネタリズム(政府の財政出動に効果はなく、中央銀行の金融緩和こそが経済成長をもたらすという考え方)信奉者でしょうか。

ちょっと前ふりです:

金融緩和だけではあまり経済成長の効果がなかったようだという検証は、
「国債を刷れ!」p.218の
「日銀による『ゼロ金利、量的緩和』の効果と弊害」で説明させていただきました通りです。

これだけの金融緩和をやったにもかかわらず、
政府支出がマイナスだったので、

この日銀による「ゼロ金利、量的緩和」が実施されていた期間の名目GDP成長率は世界最低であったという明白な事実は、
金融緩和単独では効果がない(=「マネタリズム」は事実に反する)ことの一つの証左
と言えるでしょう。

と、前置きはこれくらいにしまして、
上記①から④について:

「①財政支出の乗数効果は1より小さい」


本ブログ【バブル崩壊後の「財政拡大」の効果】のところで、下のような、「1990年の水準とくらべたGDPやその構成要素の増減表」を掲載しました。



財政支出の乗数効果は1より小さいということは、

 政府支出(=G)の増加分をΔG
 GDP(=Y)の増加分をΔY
としますと、
ΔG>ΔY
にならなければなりません。

しかし、
上の表を見ますと、

90年の水準に対する政府支出増加分ΔGは平均26.5兆円
それに対し、
90年の水準に対するGDPの増加分ΔYは平均47.4兆円
となり、
ΔG<ΔY
となっており、
つまり乗数は47.4兆円÷26.5兆円=1.79で1より大きくなっています

つまり、
「財政支出の乗数効果は1より小さい」は事実に反します。


「②支出の増加は一時的なものと想定されているが、利益団体にいつまでも食い物にされる」


これは意味が正確には分かりませんが…

仮に「利益団体」が食い物にしていても、
その利益団体の関係者にも生活があるわけですから、

政府支出から受け取ったお金を100%貯蓄するようなこともなく、それなりの割合は消費に回すでしょう。

もちろん、
そこに「不平等」が生じることになりますので、その問題はありますが、

彼らがもらったお金も、彼らが支出することで結局は世の中に循環して行くわけですから、
全く経済効果がないということにはなり得ません。

少し別の話をしておきますと、孫子では

「囲師は必ず闕(か)け」

というのがあります。
「囲」は包囲する。「師」は軍隊。「闕け」は欠け。
で、

敵を包囲するときは必ずどこか隙間を開けておけ、という意味です。

あまり相手を追い詰めすぎると、
窮鼠猫を噛むで、命がけで抵抗を受け、
味方に思わぬ大損害をこうむる危険があるので、
相手にとっての逃げ道をどこかに用意しておくのが良い

というわけです。

明治維新で長州軍を率いた大村益次郎幕府軍の城を、この方法で次々と陥落させたり、

たしか、
マレー作戦日本軍がこれを使い、イギリス軍をマレー半島から追い落とした

のではなかったかと記憶しています(あいまいですが)。

で、何が言いたいかと言いますと、

その「利益団体」を追い詰めすぎると、やはりその「利益団体」の皆さんは、死に物狂いでもの凄い抵抗をすると考えられます。

ということで、
彼らが利益を得ることにはある程度目をつむり、それとは別に本当に困っている人にもお金が回るような項目の政府支出を増やす

ということが一つの方策ではなかろうかと思うのです。

そんなことも、「国の借金が問題でないという前提」であればこそ可能になります^^。

例えばスウェーデンを考えてみて下さい。

全国民の6.4人に一人が公務員で、ものすごい「大きな政府」です。

この国の2000年代半ばの貧困率は5.3%で日本の14.9%よりもずっと小さくて、つまり、スウェーデンの格差は非常に小さくなっています。

また、スウェーデンの00年から07年にかけての平均実質経済成長率は日本の倍ほどあります。
(スウェーデンについては「国債を刷れ!」第4章と第5章参照)

公務員は一種の「利益団体」だと思いますが、
スウェーデンのような「効率の良い大きな政府」路線という道筋も、一つの選択肢としてあるのではないでしょうか、といった具合であります。

(長くなりましたので、次の記事に続きます->http://blogs.yahoo.co.jp/eishintradejp/10736352.html

「国債を刷れ!」、アマゾンにて好評発売中です
 →こちらをクリック(アマゾン 本の総合ランキング:現在613位です)

【「国債を刷れ!」補足集】の一覧はこちらをクリック

スポンサーサイト

未分類コメント(0)トラックバック(0)|

≪前の記事 財政支出の乗数効果は1より小さい?[2]
≫次の記事 「公共事業 大幅前倒し」

コメント

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。