ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
87位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
7位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

282:「首相、追加経済対策指示へ」

2009/02/16 (Mon) 13:36

【「国債を刷れ!」補足集】の一覧はこちらをクリック


まず、本題に入る前に、謝辞からです。
アマゾンからは出版社の方へ追加注文があったそうです。

全くもって、皆様のお陰様であります。誠にありがとうございます!

そして、もう一つお知らせがあります。

この本を書くきっかけになったのは、とある国会議員の先生がテレビの中で
「まず、国の借金が全く問題でないという前提で考えなければいけません」
発言されていたのですが、他の出演者から全く反応がなく、そのことについて「義憤」を感じたことでした。
そして今回、「国債を刷れ!」の執筆→出版に至った次第です。

その先生に出版のきっかけになったことの感謝の気持ちから、
見本を一冊、遅らせていただきましたところ、
「是非一度お会いしたい」
とご連絡を頂きまして、目下スケジュール調整中であります。

現時点ではとりあえずは、お名前、政党名は伏せさせていただきますm(_ _)m。

ただ、「国債を刷れ!」でもご著書から引用をさせていただきました小野盛司さん主催で積極財政を進める団体である「日本経済復活の会」多数いらっしゃる国会議員の顧問の中のお一人です。

「国の借金は全く問題でない」運動、
微力ながら盛り上げて行きたいところであります^^

読者の皆様も賛同いただけましたら、よろしければ、
 ・当ブログのランキング順位向上
   こちらをクリック=>http://blog.with2.net/in.php?751771
  にご協力して頂いたり、
 ・内需拡大を大声で主張されている三橋貴明さんのブログ
   http://blogs.yahoo.co.jp/takaakimitsuhashi
  の応援をして頂いたり、
 ・「国債を刷れ!」への前向きコメントをアマゾンで書き込んだり
 ・積極財政派の議員さんを応援して頂いたり
 して頂けましたら幸いであります)

【「国債を刷れ!」補足集】の一覧
こちらをクリック


さて、本題です。

今日(09年2月16日)の毎日朝刊の1面トップの記事です。
首相 追加経済対策指示へ
20兆円前後
09年ど補正予算で

麻生首相は、08年10~12月期の国内総生産(GDP)が大幅に悪化する可能性が高いことを踏まえ、GDPを公表する16日にも自民党に追加経済対策の取りまとめを指示する意向を固めた。これを受けて、政府・与党は09年度補正予算案の編成も本格的に検討する。

追加対策の規模について、与党内では20兆円前後との見方が有力になっている。
「指示へ」というのがまるでスポーツ新聞のようで気がかりですが、いよいよ麻生さん、「景気の麻生」本領発揮となるやいなや…
(三橋さんのブログではとかく評判の悪い毎日新聞ですが^^、我が家では諸般の事情――母がオマケに釣られて日経をやめてしまったその他――にて^^;。そろそろ日経に戻りたいお年頃という具合です…)

本ブログ「自民党VS民主党「経済政策比較」 ②」の中ほど「※3」というところで、

政府の追加経済対策の「真水」規模は12兆円まで増えて来ていますが、平成20年第4四半期以降、GDPの落ち込みはそれ以上になってきそうなので、これでも物足りない感があります。
と書いていましたが、まさにその認識の中での追加対策のようです。正直、ちょっとホッとしています

さて、記事はそのあと、
公共事業が中心となる見通しだが、
太陽光発電の普及拡大といった、環境分野などへの重点投資をすることで、
「従来のバラマキ型だ」との批判をかわす。
と書いています。

上記のような積極財政のあり方は、米国クリントン政権→英国ブレア政権→米国オバマ政権の「第三の道」路線に非常に近い発想ですね。

そして、1面記事の結び
補正予算の財源について、自民党幹部は、
赤字国債の発行
も視野に検討する考えを示唆した
です。

今こそ「国債を刷れ!」と思われた方、↓こちらのリンクのクリックを
  http://blog.with2.net/in.php?751771
  人気ブログランキングの「社会・経済ニュース 部門」で4位にランクインしました!
  ご協力、ありがとうございます!!

「国債を刷れ!」、アマゾンにて好評「予約受付中」です
 →こちらをクリック

 また、16日ころから全国の多くの書店で平積みして頂ける予定になっております。
 ありがとうございます

【「国債を刷れ!」補足集】の一覧はこちらをクリック

スポンサーサイト

未分類コメント(0)トラックバック(0)|

≪前の記事 IMF専務理事、日本に感謝!
≫次の記事 続・郵政民営化

コメント

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。