ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
85位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
8位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

292:積極財政派VS上げ潮派②「消費税と麻生首相」

2009/02/02 (Mon) 23:18
(前回http://blogs.yahoo.co.jp/eishintradejp/9646400.html
からの続きです)

② 麻生さんは積極財政派か?それとも財政規律派か?-「消費税」と麻生さん

 麻生さんはあくまでも少数派閥の領袖で、麻生内閣は与謝野さんら財政規律派の皆さんに支えられています(積極財政派と財政規律派が組んで、上げ潮派を内閣から締め出した、という構図です)。

 財政規律派にそっぽを向かれては、支持率も極端に低い状況で首相としては決して生きていけません(というのは私の想像ですが)。

 それと、民主党との違いを打ち出したいという思惑「民主党は財源がない、無責任だ」というような論法)も絡んでいるので、消費税アップの話を積極的に打ち出さざるを得ないという政治力学が働いていると思われます。

しかし、

麻生さんの消費税アップは、あくまでも景気が良くなっていれば、という条件付きです。

ここがミソです!

景気が良くなってからの増税であれば、借金が増えるのが先行する話になります。これは、実は「国債を刷れ!」p.205に書きましたスウェーデンと同じパターンです。

以下、関連する麻生さん語録です:
俺は政調会長のときから市場経済原理主義者や財政再建原理主義者らと戦ってきたと思っている
http://www.aso-taro.jp/lecture/talk/070928.html 07年9月28日)
先に幹事長をお受けした際にも福田首相に『景気対策を実施して頂きたい』と申し上げましたが…景気対策というと、すぐに「バラマキ」等々、ワンパターンの批判が出ます。…
…経費節減だけで財政再建が果たせるわけではありません。
…景気を伸ばし経済のパイを大きくしつつ、かつ財政再建をやるというのが常道…
http://www.aso-taro.jp/lecture/talk/080912.html 08年8月30日)
→市場経済原理主義者=上げ潮派。それに、「景気対策」重視。
 つまり、麻生さんはやはり積極財政派と言えます。
確かに橋本政権が消費税を上げ、景気が一気に悪化した。
あのとき、大蔵省は9兆円の税収増をもくろんでいたが、景気が落ち込み税収は前年度比マイナス4兆円となり、結果として13兆円も読み間違った。
当時の経済成長率は4%ぐらいだったが、『まだ早い』と反対したのが小泉純一郎、亀井静香、麻生太郎だった。その後、日本は再び不況になったが、どのぐらいの税収を失ったかを考えると、大蔵省(現財務省)の責任は極めて重い」(http://www.aso-taro.jp/lecture/talk/080125.html)08年1月25日
→1年前の夕刊フジのインタビューです。
 4%程度の成長なら消費税増税は「まだ早い」という主張です
 (ただし、橋本内閣のときの成長率は名目でも実質でも2~3%です)。

この主張に沿えば、麻生さんは3年後に消費税を上げるつもりはサラサラなさそう、

と読むこともできます。

なお、小泉さん(上げ潮派)、亀井さん(積極財政派)とそろって増税反対、と言っていたというのが面白いところです。

このときは意見を同じくしていたのが、その後、郵政解散で、小泉さんは刺客を送るなどして、亀井さんたち積極財政派を大量に自民党から追い出しました。

 ちなみに、その追い出される形になった亀井さんたち積極財政派が結成したのが国民新党です。

最後に。
ここまで、麻生さんをかなり褒めちぎっているような形になってしまいましたが、一つだけケチを付けさせていただきます。

野党の積極財政路線と麻生さんの積極財政路線、基本的には違いはありません。

つまり、
野党の経済政策を「財源がない」なんて批判して、不必要に野党を敵に回すのは政治的に正しいやりかたとは決して言えない
と思うのです。

消費税率引き上げは、あくまでも経済が成長軌道に乗った後に行いたいと考えています。妊婦たらい回し事件や、相次ぐ公立病院の閉鎖といった「医療崩壊」は今、現実に起こっているのです。現状の医療や介護をとりまく状況には、国民の皆さんは決して安心・満足しておられないのではないでしょうか?スウェーデンの高福祉・高負担までは行かなくても、中福祉・中負担を目指す必要があると思うのです。そのスウェーデンが高福祉国家になるまでには政府支出の増加、借金増加が先に起こり、財政再建は後回しになっていました。日本もその道筋を行くべきだと思うし、日本にはそれをやるための力が間違いなくあります。皆さん、福祉水準の向上ということに反対はないのではないでしょうか?そのための基本部分については政党の枠組みを超えて、なにとぞ協力して頂きたい。


↑このような形で、世論を納得させ、さらには野党を「取り込む」ような、対立を乗り越えて国民を豊かにしようという姿勢を是非とも打ち出して頂きたいものです。

少なくとも、この国がどうあるべきかについて、もっと言葉を尽くして考えの異なる人々を説得する努力をして頂きたいと思うのです。

麻生さん、漢字は読めなくても経済は結構読めてるかも!?と思われた方は、↓こちらのリンクのクリックを
  http://blog.with2.net/in.php?751771
  #ブログランキングに参加しました。ご協力、ありがとうございます!

【「国債を刷れ!」補足集】の一覧はこちらをクリック

スポンサーサイト

未分類コメント(0)トラックバック(0)|

≪前の記事 政府紙幣は是か非か?
≫次の記事 積極財政派VS上げ潮派①「埋蔵金」

コメント

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。