ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
85位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
7位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

294:自民党VS民主党[経済政策比較] ②

2009/01/30 (Fri) 23:12

【3】定額給付金の効果

積極財政・景気対策をしようとすると、すぐ「バラマキ」マスコミもこぞって批判を始めるが、
「バラマキ」が全くの無意味ということはない。

例えば、
与党の「定額給付金2兆円」の場合。

この「給付金」は、それ自体が公共事業とは違って「生産活動」を伴わないので
GDPの計算には入らない

しかし、
この金額だけ国民の金融資産が増えたり借金が減ったりする=国民の純資産が増える
ので、
その分だけでも意味がないということにはならない。

また、
この給付金の使い道については共同通信の電話調査(東京新聞2008年11月11日 朝刊に掲載)で

・「生活費」50.3%
・「娯楽費や高価な商品の購入」16.9%

という結果が出ている。

この調査通りになると仮定すると合計67.2%が消費に回ることになる(※1)。

※1.
最近の日経ネット調査でも「消費者の約6割が買い物やレジャーなどの消費に使うと考えている」となっています(日経ネット09年1月29日)
これ(67.2%)と国全体の消費性向として07年度実績の57%を用いて乗数効果を計算すると

2兆円×0%+2兆円×67.2%+2兆円×67.2%×57%+2兆円×67.2%×57%2+・・・
↑ここで0%を掛けるのは、
    最初の2兆円(政府→国民への支給)は単なるお金の給付で生産行為ではなく、
    価値を生まない、つまり、GDPの計算に含まれないため。
=2兆円×67.2%×1/(1-57%)
2兆円×1.56倍
=3.1兆円

名目GDP押し上げ効果が期待できる(※2)。

※2.
定額減税はいわば所得税の減税です。内閣府経済社会総合研究所の短期「短期日本経済マクロ計量モデル(2008年版)」によれば、名目GDP比1%の所得税減税(毎年継続)による名目GDPの押し上げ効果は
1年目 0.25%  
2年目 0.80%
3年目 1.08%
で、単年度だと、なんと乗数効果は0.25倍にしかならないことになります。

ということは、
2兆円なら2兆円×0.25=0.5兆円しか名目GDPは増えないことに。
それでも使われない部分は貯金などの形で国民資産の増加になるのですが。

でもこれだと、消費性向(r)は
定額給付金のうち「r」の割合だけ使われ、その後は国全体の消費性向57%でお金が循環すると仮定すると、

r×1/(1-0.57)=0.25
⇒r=0.108

で、国民は平均でもらったお金のうち10.8%しか使わないという想定になります。

では、先ほど計算した1.56倍は大げさか?ということになりますが、そんなことはないと思います。

というのは、
通常の所得税減税では、所得税を払っている人、つまり、課税最低限以上の所得のある人だけしか恩恵がりません(夫婦子2人の給与所得者なら所得税の課税最低限は325万円[財務省])。

と言うことは、
所得のうち消費に回す割合の高い低所得者層に対しては、減税の効果は皆無となります。
それゆえ、
通常の減税では、消費性向は低くなる=乗数効果が小さくなると考えられます。

しかし、
定額給付金は所得に関係なく全世帯に支給されるので、
消費性向はもっと高くなる=乗数効果は高くなるでしょう
(前述のアンケート調査のように6~7割程度ではないでしょうか)。

【4】与党の「生活対策」(2008年10月30日)では規模は不十分

ただし、名目GDP
平成20年度第2四半期年額換算前年同期比マイナス4.3兆円
第3四半期 マイナス10.5兆円
になっている中で、
真水5兆円(※3)で
しかも単年度のみの経済対策では
乗数効果を入れてもGDPのマイナスをある程度緩和するくらいにしかならない
と考えられる。
しかも、
経済対策の実施時期がずるずる遅れてしまっている点は非常に問題である。

※3.
その後、政府の追加経済対策の「真水」規模は12兆円まで増えて来ていますが、平成20年第4四半期以降、GDPの落ち込みはそれ以上になってきそうなので、これでも物足りない感があります。なお、その12兆円のうち、この記事を投稿した時点で国会で成立しているのは4.8兆円です。

【5】民主党の政策の方向性は評価に値するが…

一方、
民主党の「経済・金融危機対策」は真水の金額を明瞭にしていない点が問題であるが、

とりあえずは
4年にわたって継続的に積極財政を行おうとしている点は高く評価できる。

また、
「子ども手当て」や「後期高齢者医療制度の廃止・医師不足解消」など、
カネを使ってこの国をどういう方向に持って行きたいかがある程度明らかになっている点も好ましい(※4)。

ただし、
民主党案が有効かどうかも、結局真水がいくらになるかに左右される
ということを指摘しておきたい。

※4
・医療重視、社会保障費削減は止めるというのは、国の借金が問題ないという前提の中では、
 全く正しいと言えます。
・また、「子ども手当て」については、「国債を刷れ!」の中で、
  ・子どもの「貧困」はその子自身の責任ではありえない。
  ・「貧困」で子どもの教育機会が奪われれば、潜在的に能力の高い人材が
   埋もれたままになって、将来、国全体の利益が損なわれかねない
  ・子どものいる世帯は消費性向が高いので、「子ども手当て」は乗数効果
   が高くなることが期待でき、よって経済合理性が高いと考えられる
 のような内容を書きました。
上記のような観点で、民主党の政策の方向性は好ましい、というわけです。
 



〔追記次項① 自民・民主 経済対策の最新情報〕

自民党民主党、それぞれ景気対策について具体的な内容を簡単にまとめた「チラシ」がありますので、ご参考までにリンクを:
自民党チラシ(pdf)
民主党チラシ(web)

また、
景気対策の財政出動の規模(「真水」)について最新情報

自民党の12兆円に対し、

2月1日のテレビ朝日「サンデープロジェクト」
民主党の鳩山幹事長「それでは全く足りない」

のように発言されていました。

ということは、民主党の考えている真水は12兆円を超えていることになりますね。

「結局、なんぼやねん」ということは、民主党のホームページを見てもさっぱり分からないのですが、真水の規模は大きいに越したことはありません!

〔追記次項②〕 求む「対立を乗り越える柔軟なリーダー」
アメリカではオバマ大統領が、
・予備選であれだけ激しくやりあっていたヒラリー・クリントンを国務長官に指名
・米国史上で初めて民主党大統領として共和党の閣僚(国防長官)を留任
といった具合に、
国難にあって、鮮やかなまでに対立を乗り越えるようとする姿勢を打ち出しています。

日本に今望まれるのは、対立を乗り越えていけるような、柔軟に事態に対処できるリーダーであるように思うのですが、いかがでしょうか。

犬猿の仲だった薩摩藩と長州藩の間を取り持って薩長同盟を成立させた坂本龍馬のような、調整力に長けた人物が…



定額給付金って意外とイケてるかも、と思われた方は、↓こちらのリンクのクリックを
  http://blog.with2.net/in.php?751771
  #ブログランキングに参加しました。ご協力、ありがとうございます!

【「国債を刷れ!」補足集】の一覧はこちらをクリック


未分類コメント(0)トラックバック(0)|

≪前の記事 積極財政派VS上げ潮派①「埋蔵金」
≫次の記事 自民党VS民主党[経済政策比較] ①

コメント

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。