ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
87位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
7位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

298:内閣府シミュレーションによる財政拡大⇒財政健全化の検証

2009/01/25 (Sun) 19:15
「国債を刷れ!」p.152にて
本項でとりあげたのは、筆者による極めて粗い形のシミュレーションであるが、政策決定にも使われる内閣府による精密なシミュレーションを用いた検証でも、「政府が支出をケチらない方が財政悪化は防げていた」という結論を導き出すことができる。詳細は筆者ブログを参照されたい。
と書きましたので、
その内閣府シミュレーションの話です。

内閣府のシミュレーション結果【短期日本経済マクロ計量モデル(2006年版)】 では、
2002年から04年までの各項目の実績値に対する差異の数値(パーセンテージ)のみが示されています(図表1)。

図表1 内閣府シミュレーション表の抜粋



筆者は、
そのマクロ計量モデルのパーセンテージ数値
実績値(図表2)の金額を掛け合わせて
各項目のシミュレーション金額を算出しました(図表3。単位は全て兆円)。

図表2 GDP、政府支出、国の借金の実績値



図表3 実績値にシミュレーション表の数値を掛け合わせた結果



シミュレーション(1)シミュレーション(2)も、
道路や建物などの「固定資本」を建設する公共事業等の政府支出を、
実績値と比べて年5~7兆円増やしたらどうなるかというシミュレーションです。

政府支出合計は実績では年々減らしています(図表2)。
それに対し、
シミュレーション(1)、シミュレーション(2)では共に、
政府支出合計は減らずに、122兆円前後でほぼ横ばいとなっています(図表3)。

シミュレーション(1)とシミュレーション(2)の違いは、

(1)は財政出動により金利は若干上昇、
(2)は短期金利は日銀が積極介入して上昇させない、
という条件であることです。

なお、ここでは累積財政赤字の増加分だけ国の借金が増加するものと仮定しています。

結果は、

シミュレーション(1)もシミュレーション(2)も実績値と比べて、

〔1〕政府支出以上に名目GDPが増えている!

〔2〕国の借金/GDP比が小さくなっている!


つまり、
内閣府のシミュレーションからは、
政府支出を減らさなかった方が財政の悪化はまだマシな状態になっていただろう
という結論を導き出すことができるのです。

しかも、
更なる経済成長を伴って!

#なお、図表3
 実績に対する累積赤字増加額(=実績に対する国の借金の増加額)が、
 実績に対する政府支出の増加額の3年間累計
に比べて小さくなっています。

 (1)では累積赤字増加額8.0兆円<政府支出増加額18.1兆円
 (2)では累積赤字増加額12.0兆円<政府支出増加額18.3兆円

 これはなぜかというと、
 政府支出増⇒名目GDP増⇒税収増となるために、
 政府支出の増加のうちのいくらかが税収の増加で打ち消されることなどにより、
 財政赤字が軽減することになるためです。

もっと国債を刷って景気対策→不況克服&財政再建だ!と思われた方は、↓こちらのリンクのクリックを。
  http://blog.with2.net/in.php?751771
  #ブログランキングに参加しました。ご協力、ありがとうございます!

【「国債を刷れ!」補足集】の一覧はこちらをクリック

スポンサーサイト

未分類コメント(0)トラックバック(0)|

≪前の記事 GDPデフレーターと生産性-原油高騰で名目GDPがマイナスでも実質GDPがプラスになるカラクリ
≫次の記事 財政拡大とマンデル・フレミング理論

コメント

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。