ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
87位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
7位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

303:あけましておめでとうございます!

2009/01/01 (Thu) 00:29
以下は、
出版準備を進めている私の本の「はじめに」の案の一つです。
この案はすでにボツになっていますが、
本ブログの年始のあいさつにふさわしい
ような気がしましたので、ここに掲載してみることにしました:



はじめに

 「The Other Side of Midnight(邦題:真夜中は別の顔)」―― 2007年に世を去った米国の流行作家シドニィ・シェルダンの往年の大ヒット作のタイトルです。この「Midnight(真夜中)」というのは第二次世界大戦を指すそうなのですが、現在の「100年に一度」と言われる経済危機も、まさに「真夜中」と言えるのではないでしょうか。しかし、さまざまな経済指標をよくよく調べてみると、この「真夜中」の「別の顔」、つまり、明るい側面が数多く見えて来るのです。

 たとえば、株価が下がり続ける中でも、世の中全体のお金(現金+預貯金)の量は減っておらず、むしろ増加しています。そのことは、現金と預貯金の量を示す各国中央銀行のマネーストック統計(以前はマネーサプライ統計と呼ばれたもの)を見れば明らかです。経済危機といわれるような状況のときは、損をした人々にばかりに注目が集まり、その反対側で得をしている人々については見落とされがちになります。しかし、株取引であれ、このところ取り沙汰されている「サブプライムローン」や「CDS」を組み込んだ「証券化商品」などの複雑な金融取引であれ、お金というものは損をした人から得をした人に移って行くだけであって、総額では決して減ることはないのです(詳細は本書第3章にて)。

 また、そのような経済状況下では、各国政府は支出を増やすことで景気刺激をしようとします。この場合には、国の借金や財政赤字が増えることが問題視されることになりますが、国の借金が増えると、民間の資産がそれにつれて増えることになります。これは、日本なら日銀「資金循環統計」の時系列データを見れば明らかです。日本の場合、90年代初頭のバブル崩壊以降ですら、国の借金の増加額よりも民間の金融資産の増加額の方が大きくなっています。国の借金が驚異的な金額になっているという「真夜中」においても、別の顔、民間の金融資産がそれ以上に驚異的に増えているという明るい側面があるということです(詳細は本書第1章にて)。

 そして、政府が支出を増やして財政赤字が増えるという負の側面についても、その分だけ民間の収入も増えるという正の側面があるということは見逃せません。この「政府の支出増加=民間の収入増加」の関係を発展させていくと、実は「政府支出を増やすと却って財政は健全化する」という理論が成り立ちます。しかも、これは理論だけの話でなく、過去に、というよりは現在進行形で、世界各国で何度も実際に起こっている現象です(詳細は本書第3章以降にて)。

 さらには、よくよく経済指標データを検証してみると、日本は景気刺激をやる上で、本来、世界で最も財政面での余裕がある国であることが分かります。これに関しては日本のインフレ率が世界で最も低い水準にあることが鍵になりますが、このことも「国の借金が大きい」ということに対する「別の顔」なのです(詳細は本書第1章にて)。

 明けない夜はなく、上がらない雨はありません。そして、克服できない経済危機というものも決してないのです。本書では、そのことをさまざまな経済指標データを用いて明らかにしています。そして、日本というこの小さな島国が本来はいかに力のある国かということも。「The Other Side of Midnight」―― いまこそ、「真夜中」の「別の顔」をしっかりと見据えるときであります。
                      平成20年12月8日
                      廣宮 孝信 (ひろみや よしのぶ)
スポンサーサイト

未分類コメント(0)トラックバック(0)|

≪前の記事 タイトル・表紙案
≫次の記事 ビッグマックとiPodで為替相場を予測?

コメント

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。