ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
81位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
7位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

32:物価、M2、政府支出、マネタリーベース in USA

2010/02/19 (Fri) 13:21

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51xJ2bE3HTL._SL160_AA115_.jpg

「国債を刷れ!」「高校生でもわかる日本経済のすごさ!」アマゾンでのご購入は こちらです→ http://www.amazon.co.jp/gp/product/4883926788









↓ツイッター始めました(とりあえずブログ更新のお知らせしかしてないのですが…)

https://twitter.com/YNHiromiya




「さらば、デフレ不況」アマゾンで予約受付中です



http://www.amazon.co.jp/gp/product/4883927334




先行発売の予定


書店での発売は3月3日頃ですが、

2月25日(木)首都圏の数箇所

2月26日(金)大阪1箇所(梅田 紀伊国屋書店)

先行発売となる予定です。

#今回は「高校生~」のときに
 「なんで監修者が関西在住なのに関西での先行発売がないのん?」
 というコメントを頂いていましたので、
 1箇所のみですが、
 阪急梅田の紀伊国屋で先行発売が実施される予定であります。

新しい情報が入り次第、またお知らせ致しますm(_ _)m




さて、本題です。


コメント欄で、

日銀がどれくらい金融緩和(ベースマネー増加)させればデフレ脱却できるか

という趣旨のご質問を頂きましたのでそれに関連してアメリカのデータを見てみましょう。


先に結論を書いておきますと、一言で言えば、

「中央銀行がベースマネーを増やすだけではデフレ脱却は保証されないでしょう」


となります。

以下、出典




CPI(消費者物価指数): BLS
http://www.bls.gov/cpi/

です。





#縦軸は対数スケールですのでご留意下さい!


08年以降、ベースマネーがドカンと増えましたが、CPIはピクリとも増えていません。

ということで、上記の結論になるのですが、

一応、

マネタリーベースとCPI

政府支出とCPI

M2とCPI

それから、

マネタリーベースとM2

政府支出とM2

関係を順次グラフで示してみます。







マネタリーベースとCPIの関係が崩れていますね。ただ、それは08年リーマンショック以降です。








政府支出とCPIの関係は、
政府支出の増加に対して、CPIの増加が近年緩やかになっています(オイルショック後の80年代から)。

まあ、前にも書きましたように、
パソコンの普及、インターネットの普及はデフレ要因ですから、そのような傾向が出るのは特に不思議はありません。

ああ、あと貿易自由化の拡大もデフレ要因ですね。







M2とCPIの関係は、政府支出とCPIとの関係に似ています(相関係数もほぼ同じ)。


M2、政府支出、CPIの間には密接な関係があると言えそうですね(私は「ある」とほぼ断定していますが)。







マネタリーベースとM2の関係も、
傾向はマネタリーベースとCPIの関係とご同様です。




さて、最後の↓このグラフが面白いのですが、







政府支出とM2の関係が全く崩れていません。

相関係数がなんと

0.999

純金の濃度みたいな数字になってますね。

M2を増やすにはベースマネーを増やすだけではダメで、政府支出(というか総需要)を増やす必要がありそうです。


じゃあ、

政府支出をいくら増やせば良いか?という話ですが、

1年でデフレギャップ分30兆~40兆円くらいで良いのではないでしょうか。

その後はインフレ率等々の様子を見ながらということになりましょう。

ただ、とりあえずは3ヵ年計画くらいを作った方が良いかも知れません。そうでないと企業の方でも事業計画が立て難いと思われますので。




それから、

「今、石油ショックが起きたら?」

というご質問に関しては、

どれくらい石油の供給が細るかによるということになるのではないでしょうか?

ただ、
これは実際の過去の石油ショックのときの状況を見ておくと参考になると思いますので、

よろしければ内閣府(当時は経済企画庁)




をご参照下さい。



「デフレ脱却にはやっぱり、いつもの【財政出動+金融緩和】のバリューセットが必要なのねん」 と思われた方は、↓下のリンクのクリックをお願いいたしますm(_ _)m

http://blog.with2.net/in.php?751771

  ブログランキングに参加しております。ご協力、ありがとうございます!


☆アンチ対策に役立つ【反「国家破産」的マスコミ記事】はこちら→ http://blogs.yahoo.co.jp/eishintradejp/folder/1031019.html?m=lc

スポンサーサイト

未分類コメント(0)トラックバック(0)|

≪前の記事 政府「純」利払い負担
≫次の記事 企業の「純」金利負担

コメント

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。