ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
85位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
7位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

34:国債「『悪い金利上昇』の恐れも」

2010/02/17 (Wed) 13:39

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51xJ2bE3HTL._SL160_AA115_.jpg

「国債を刷れ!」「高校生でもわかる日本経済のすごさ!」アマゾンでのご購入は こちらです→ http://www.amazon.co.jp/gp/product/4883926788









↓ツイッター始めました(とりあえずブログ更新のお知らせしかしてないのですが…)

https://twitter.com/YNHiromiya





昨日も取り上げました日経新聞の記事の続編です
(本日朝刊1面)

国債 揺れる市場(下)

CDSがどうちゃらこうちゃら…

主要国では英国と並び市場の信認が低い。

…そうです。


よかったー。「イギリス並み」で。

前みたいに「ボツワナ並み」と言われるよりは、こいつぁ、どうやら我らが日本国も随分と「出世」したらしいや、と思う今日この頃であります。


低金利に耐えかねた個人マネーが海外投信へ流出するなど、日本国債を支える構造は磐石ではない。


いいじゃないですか。

やたら円高でみんな困ってるんだから、ちょっとくらい「流出」して円安になった方が。


円高→海外へ投資=行き過ぎた円高の緩和

ですね。


それで、
今後、もし逆に円安が問題になったら

円安→日本人の外貨建て資産が円建てで膨張→行き過ぎた円安の緩和

になるでせう。



昨日

自国⇔他国

自分⇔自分以外

【空間的なマクロ】の視点を述べましたが、


今回、上の方で書いたような

【時間的なマクロ】の視点

で考えることも大変有用でありましょう。
禍福はあざなえる縄の如し
というわけです。


ユーロ圏16カ国の財務相ギリシャの財政再建計画を条件付きで受け入れたが、跳ね上がった金利は収まらない。

ギリシャのような悪い金利上昇が起きれば、景気の足を引っ張る。

法人企業統計によると

日本企業の長期債務残高は326兆円

現在1.3%台の長期金利が1.7%台まで上がっただけで単純計算では年1兆円の負担増となる。


【政府の負債】と【家計の資産】しか見ないと思っていたら、今度は企業の負債も加わった模様でありますね。


政府&企業→負債だけ

家計→資産だけ


まあ、それはさておき…

記事に出てきた

法人企業統計(財務省 財務総合政策研究所)
http://www.fabnet2.mof.go.jp/fsc/index.htm

を見てみますと

「日本企業の長期債務残高は326兆円」

というのは、

・全産業(除く金融保険業)

・2009年7-9月期

・長期借入金と社債の合計(原系列)


のようです。

ということで、法人企業統計から長期時系列データを引っ張ってきて、グラフにしてみます。


・長期債務(長期借入金+社債)

・負債計

それから、「長期金利が上昇すると負担がどうたらこうたら」と書いているので、ついでに、

・支払利息等

過去55年の推移です。









うーん、

確かに「長期債務(=長期借入金+社債)」の残高は2000年のピークに近づきつつありますが…


負債の合計はむしろ減少傾向ですし、


支払利息等(四半期データです)

最新データはなんと、

1991年7-9月期のピーク8.7兆円4分の1以下で、

2.02兆円

です。

これは、リーマンショックがあった2008年7-9月期の2.16兆円より低い水準です。



「国債金利が上昇して企業の利払い負担がどうたらこうたら」と心配するヒマがあったら

さっさと財政出動で景気良くする方がええっちゅうねん

と思いますが、いかがでありやしょうか?



「【日本企業の利息負担が20年前の4分の1以下】なのに、金利上昇がどうたらこうたら心配し過ぎやっちゅうねん」 と思われた方は、↓下のリンクのクリックをお願いいたしますm(_ _)m

http://blog.with2.net/in.php?751771

  ブログランキングに参加しております。ご協力、ありがとうございます!

☆アンチ対策に役立つ【反「国家破産」的マスコミ記事】はこちら→ http://blogs.yahoo.co.jp/eishintradejp/folder/1031019.html?m=lc

スポンサーサイト

未分類コメント(0)トラックバック(0)|

≪前の記事 企業の「純」金利負担
≫次の記事 国債「国内依存に限界」?

コメント

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。