ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
92位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
8位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

342:欧米軍縮、アジア軍拡(日本除く)

2010/09/08 (Wed) 00:25




ツイッター始めました(←こちらをクリック)



↓投票アンケート始めてみました!
クリックするもの一興か、ということで、是非一票入れてみてやって下さいませ^^

人気ブログランキングへ


※国の借金がちっとも大変ではないことを示すデータ
これでもか、と示している私目の著書
「さらば、デフレ不況」こちらをクリック
、であります^^


まずは前回に引き続き、↓こちらの宣伝から

※気付いていなかたったのですが、
 こちら日本経済復活の会
 で作られているものだそうです。

 詳しくは日の丸おじさん様のブログをご参照ください。

「☆サルでもわかる!マスコミが隠したがる本当の日本経済」
http://www.youtube.com/watch?v=HKIwkzq-pO4&feature=PlayList&p=29228CDBABAF0DCF&index=0&playnext=1


特に、名目GDPと実質GDPの違いの説明のところが面白いです。

・名目GDP成長とは牛丼×価格が伸びること。

・実質GDP成長は牛丼の売れる杯数が伸びること。

・牛丼の売れる杯数が変わらず、価格だけ伸びてもそれはインフレで実質成長なし。

というのは、実にうまいです^^


ついでながら、

その日本経済復活の会
今年の6月に読売新聞に載せた全面意見広告のPDFが↓こちらです

[意見広告]積極財政で財政が健全化する シミュレーションで明らかになった驚くべき事実
http://www.tek.co.jp/p/pdf/ajer_adv.pdf?tv_name=miraikosotv&program_id=1023

非常に興味深い内容ですので、是非ご一読のほどを^^



さて、本題です。

今年の夏は、日本近海の海水温がやたら高くなっていたそうです
(昨日でも北海道の周りで30℃あったとか@@)が、

別の意味でアジアの海が熱くなりそうな感じです。

まずはアジアの前に欧米のお話おば。

日経新聞2010年9月7日朝刊7面


 【欧州、国防費削減を加速】
 今年、GDP比最低の1.5%台も 
 財政悪化 聖域にメス


  欧州各国が国防費の削減を本格化している。
  欧州危機を契機に財政赤字問題が浮上し、国防費にメスを入れざるを得なくなっている。
  冷戦終結から20年が経過し、軍の活動の中心が対テロ作戦に移り
  軍縮の流れが国際世論で大勢となっていることも背景にある。

  …

  北大西洋条約機構(NATO)によると、
  欧州加盟25カ国の09年の国防費の合計は2812億ドル(約23兆6200億円)と前年比10.5%減った。 
  減少するのは大半の中・東欧諸国が加盟した04年以降では初めて。

  …

  欧州の国防プロジェクトの一部に影響が出始めており、
  米国依存が高まることへの懸念が指摘され始めた。

  …

  ドイツは14年までに、ドイツ軍の人員25万人のうち約9万人を削減する計画。
  …
  英国では10~11年予算では国防費は減らさないが、
  11~12年以降の4年で国防費を15%
  人員を3万人それぞれ減らすとの見方が研究機関から出ている。

  一方、米オバマ政権も戦費を含め年間7000億ドルにのぼる国防費
  今後5年間で合計1000億ドル削減する方針をうち出している。
  …



ふむふむ。
ドイツは25万人の人員から9万人減らすとのこと。
これはなかなか大胆な軍縮のようですね。

なお、
引用すると長くなるので省略しましたが、
アメリカはアフガン戦争、イラン戦争で国防費が倍に膨らんでいたものを少し戻すというような削減となっています。

また、
アメリカの場合はこの10年くらいでかなり技術革新が進んでいる模様なので、
同じ国防機能を従来よりも低コストで行えるというようなこともあるやも知れません。


一方、

上記記事と同じ面正反対のお話が…


 【アジア各国は軍拡続く】
  パワーバランスに変調も


  アジアで軍備増強の中心となっているのは中国だ。

  2010年予算の国防費前年実績比7.5%増約5321億元(約6兆9千億円)となった。
  21年連続で2けたを示してきた伸び率は1けたに減ったが、10年前と比べても4倍以上の規模
  研究開発費などを含む実際の軍事費はさらに大きいとみられる。

  韓国東南アジア軍事費を増やしており、
  海空戦力の増強に動く

  スウェーデンのシンクタンク、ストックホルム国際平和研究所(SIPRI)によると、
  05~09年に東南アジア諸国の武器輸入04年までの5年間と比べてほぼ倍増した。

  最大の理由は安全保障問題
  北朝鮮は核開発を推進し中国台湾はにらみ合いを続ける。
  資源が絡む南シナ海などでは関係国のあつれきが増している。

  財政面の事情もある。
  アジアの途上国の今年の経済成長率は国際通貨基金(IMF)の見通しで9.2%。
  1990年代後半のアジア金融危機で各国は軍事費の削減を余技なくされたが、
  今回はダメージが少なく、欧米と攻守逆転した。

  SIPRIによると、
  09年の世界全体の軍事費のうち北米・欧州が占める割合は70%で、アジアは17%
  米国が全体の43%で圧倒的な優位に立つ構図は変わらないが、

  アジア各国が今後も装備ハイテク化を加速すれば、
  日本を含む世界のパワーバランスが変調をきたすことが予想される。

     

アジアが熱いですね!

とくに、↓このくだりなんてシビレちゃいます。

「(中国の国防費が)10年前と比べても4倍以上の規模」
「資源が絡む南シナ海などでは関係国のあつれきが増している。」

一方、アジアなのに熱くない国も…

防衛費の推移(21年度防衛白書)
↑平成21年版 防衛白書 より


日本国の防衛費は8年くらい前から絶賛減少中!



どこで聞いたか、どこで読んだのかは失念してしまったのですが、

↓こんな話があります(不正確な記憶です。あしからず)。



あるとき、日本の企業が経済産業省の音頭東シナ海で天然ガスの試掘に行きました。

すると、近年海軍を絶賛増強中の国の軍艦そのそばをウロチョロと…

(いや、そのそばで実弾演習をおっぱじめたとか、そんな話でしたっけか…)

それ以降、日本の企業は余りにも怖くて試掘には手を挙げなくなったとか…。



次回は、こんな状況のなか日本に熱烈なラブコールを送っている某アジアの国があるそうなので、そのお話を紹介してみようと思います。



日本は現在、欧米と同じく低成長で財政難なのだから、

防衛費はやはりガンガン削減すべし!

東シナ海や南シナ海の資源なんて全然いらねー!


いや、軍艦で無言の圧力を掛けて来る国がいたとしたら、

憲法9条の条文を読み上げて丁重にお引取り頂けば済む話だから、大丈夫だ!

と思われた方は、とは、ちっとも思わなかった方は、
↓こちらのリンクのクリックをお願い致しますm(_ _)m


人気ブログランキングへ
http://blog.with2.net/in.php?751771

クリック、ありがとうございましたm(_ _)


<著書紹介>
さらば、デフレ不況 -日本を救う最良の景気回復論―さらば、デフレ不況 -日本を救う最良の景気回復論―
(2010/03/02)
廣宮 孝信


【↓著者本人による解説】

国家財政やマクロ経済においては常識とは正反対の見方をする必要があります。
 本書の目的の第一読者の皆さんにその「正反対の見方」を提供することです。

「財政黒字は良い」「財政赤字は悪い」。それが一般的な常識的なものの見方でありましょう。

・しかし、実際には
 「財政黒字なのに国家破綻」「20年以上財政赤字が続いている国が高度成長を続けている」
 ということが世界ではごく普通に起きているのです。

・そして本書の目的の第二
 本当に怖いのは財政破綻ではなく、モノの供給が途絶えてしまう「物流上の破綻」であることを明示することです。

・なぜならおカネというものは印刷や帳簿上の処理で幾らでも創れますが、
 国民生活、国民の生存のために必要な食料やエネルギー資源などは、
 おカネと違って幾らでも創れるものではないからです。

本書の最大の特徴は、一般の「経済学」では取り扱われることのないこの「物流上の破綻」に焦点を当ている点です。

・この本当に恐るべき「破綻」が起こらないようにするにはどうしたら良いか、
 つまり将来において供給不足が起こらないようにするにはどうしたら良いか
 そして、それを踏まえた上で、現在の需要不足にどう対応すべきか
 この問題の解決策に関して年金問題をも絡めての具体的な提言を行っていることも、
 本書についての類書との際立った特異点でありましょう。



☆アンチ対策に役立つ【反「国家破産」的マスコミ記事】は
  こちら→ http://blogs.yahoo.co.jp/eishintradejp/folder/1031019.html?m=lc
関連記事
スポンサーサイト

マクロ経済コメント(4)トラックバック(0)|

≪前の記事 インド洋を制する者、世界の経済を制す
≫次の記事 円高株安は「買い」!?

コメント

57:国防も公共投資なんですよねぇ・・・

廣宮様

国防も公共投資なんですよね、日本政府の支出では、公共投資扱いにならず、別枠扱いですけど。

欧州の場合は、財政健全化の政策を打ち出していますので、国防費(公共投資)は削減する方向になっちゃいますねぇ。その政策が正しいのかどうかは、判りませんが。

軍隊の居ない空白地があったとしたら、その空白地は、先に手を出したものの土地になっちゃうんですよね。歴史が証明していたと思います。某国による、ラインラント進駐、オーストリア併合。

で、沖縄! 米軍さんが撤退したら、空白地になっちゃうんですよね、困ったものだ。沖縄の米国駐留軍と同等の戦力なぞ、日本国独自で供給できませんからね。

2010/09/08 11:13 | 日本っていいなぁ #- URL [ 編集 ]
58:

軍拡もやればいいですね。
日本なんて供給過剰の国は、
直近のGDPの多い年である2007年の515兆円を政府支出で強引に実現しても何も起こるわけがない。
強引に550兆円を実現しても良いかもしれません。

2010/09/08 14:42 | inadak #- URL [ 編集 ]
59:管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010/09/08 23:07 | # [ 編集 ]
60:国の借金に関して

国の借金については財務省が言っているのですが、
彼らはマスコミに情報発信するに際し、
責任者の名前や顔写真当の公開をしていません。
日銀の情報発信については、
白川総裁が責任を持っていますし、
you tubeの山本幸三議員とのやり取りを見れるように参考人として呼ぶことが可能です。
責任者を明確にせず無責任な情報発信を行う悪しき集団を信用できるでしょうか ?
彼らの発信情報は全て意味が無いと言えます。
議員ははっきりとこのことを宣言すべきなのです。
国の借金の話は責任者が表に出てからの話になります。
それ以前に彼らの発信情報を一部でも認める必要は無いと思います。

2010/09/09 05:23 | inadak #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。