ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
85位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
7位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

344:初のペイオフ発動

2010/09/11 (Sat) 19:27




ツイッターでブログ更新をお知らせしています!(←こちらをクリック)



↓投票アンケート始めてみました!
クリックするもの一興か、ということで、是非一票入れてみてやって下さいませ^^
(PCのみ。携帯は未対応ですm(_ _)m)

人気ブログランキングへ


※国の借金がちっとも大変ではないことを示すデータ
これでもか、と示している私目の著書

「さらば、デフレ不況」こちらをクリック

であります^^



【参考リンク】
日本経済復活の会

日本経済復活の会による、↓分かり易い漫画の動画はこちら
 「☆サルでもわかる!マスコミが隠したがる本当の日本経済」
http://www.youtube.com/watch?v=HKIwkzq-pO4&feature=PlayList&p=29228CDBABAF0DCF&index=0&playnext=1

  ※詳しくは日の丸おじさん様のブログをご参照ください。

日本経済復活の会
 今年6月に読売新聞に載せた全面意見広告のPDFが↓こちらです

 [意見広告]積極財政で財政が健全化する 
 シミュレーションで明らかになった驚くべき事実

 http://www.tek.co.jp/p/pdf/ajer_adv.pdf?tv_name=miraikosotv&program_id=1023

 ↑非常に興味深い内容ですので、是非ご一読のほどを^^



とりあえず、
日経新聞09年9月10日朝刊トップの記事
見出しです:


【ペイオフ 初の発動
 振興銀きょう破綻申請
 預金1000万円・利息保護】


 【債務超過1500億円】



ほうほう。

債務超過1500億円とな…

ということで、この日本振興銀行の貸借対照表(バランスシート)を見てみましょう

とりあえず、インターネットで見れる最新の分は、今年3月末の分でした:

平成21年度(2010年3月期)決算公告
http://www.shinkobank.co.jp/ir/pdf/report100607.pdf

ちなみに、↑この決算広告は、

同行HPによりますと、


  当社の決算公告につきましては、第5期(2007年3月期)中間期から、
  銀行法第20条の規定に基づき、本ウェブサイトに掲載しています。


とあります。

さて、

その銀行法第20条の規定に基づく決算広告の貸借対照表を見ると、

総資産 6469億円
純資産 275億円

ありゃ?全然「債務超過 」じゃないぞ…

えーと、銀行なので「自己資本比率」も見ておきましょう

平成21年度決算の概要
http://www.shinkobank.co.jp/info/pdf/press100517_4.pdf

自己資本額 367億円
(Tier I 270億円)
(Tier II 97億円)

リスクアセット 4726億円


自己資本比率=①÷②= 7.8%

ということで、

国際業務に必要な8%には届かないものの、
国内業務を行うために必要な4%はあったということでした。

が、
債務超過だったのだから、残念ながらこれもウソだったということですね…

そして、

どうやらこのウソを隠すため



 金融庁検査を巡る銀行法違反(検査忌避)容疑で、
 警視庁木村剛前会長、西野達也前社長らを逮捕
 (上記日経新聞記事より)



ということがあった模様です。


さて、

この日本振興銀行

 高めの預金金利の定期預金で資金を集め

 中小企業に積極的に貸し出す

というビジネスモデルだったとのことです。

ほうほう。

高めの預金金利というと、どんなものかというと…

現在の銀行のHPに掲示されている金利

10年物で0.25%なのでめちゃくちゃ低い(少なくとも国債の利回り1.16%と比べれば低い!)のですが

今年の5月時点では
10年物で2.0%と、
↓かなり高めだった模様です


振興銀行金利
http://www.yokinkinri.com/2010/05/shikouteiki1month.html



ということは、

粉飾決算で客を安心させつつ、高金利でおカネを集めていたということに…


ところで、

某経済学者の方がよく

日本の銀行は国債ばかり買ってリスクを取らない。だから日本の景気は悪いのだ!

という主張をされていたように記憶しておりますが、


日本振興銀行のように、

がっつりリスクを取って貸し付けを増やした結果、破綻初のペイオフ発動

のケースについてはどう思われ奉るのでしょうか…


そして、もう一つの注目

逮捕されてしまったという前会長の木村剛氏です。


実は私、「国債を刷れ!」p.42木村剛氏のブログ↓こんな記述を引用していたのでした。



  思い返せば、1990年代半ばのメキシコ、1997年のアジア、98年のロシア、
  そしてこのアルゼンチンと、非常時において国家が掟破りの反則技を繰り出すケース
  は少なくない。



ご自身

非常時に粉飾決算検査忌避などの「掟破りの反則技」を繰り出してしまった模様で…




  しかし、冷静に見つめてみると、掟破りのアルゼンチンにおいても、公的債務残高
  はGDPの60%程度
にすぎない。

  それに対して日本は160%。一体全体どうやって財政赤字問題を解決するのかという
  素朴な疑問が湧く。

  (中略)

  すでに1000兆円を超えたと推測される公的債務だが、今後ともに財政規律が埋
  め込まれなければ、さらなる膨張を続けて、いずれ破裂する運命にある。



残念ながら、政府よりもご自身の銀行の方が先に「破裂」してしまいました…



今回の振興銀行破綻では、

97%の口座は影響が無い模様です。

逆に言うと残り3%の口座の預金者の方は影響を受けることに…


今更ながらではありますが、

1000万円まで高金利につられて預金するのもアリだったと思うのですが、
1000万円を超える預金は国債にしておくべき、でありました。

なにせ、


国債は一応、

1000万円どころか何百兆円でも元本保証でありますので…

と思われた方は、
↓こちらのリンクのクリックをお願い致しますm(_ _)m


人気ブログランキングへ
http://blog.with2.net/in.php?751771

クリック、ありがとうございましたm(_ _)


<著書紹介>
さらば、デフレ不況 -日本を救う最良の景気回復論―さらば、デフレ不況 -日本を救う最良の景気回復論―
(2010/03/02)
廣宮 孝信


【↓著者本人による解説】

国家財政やマクロ経済においては常識とは正反対の見方をする必要があります。
 本書の目的の第一読者の皆さんにその「正反対の見方」を提供することです。

「財政黒字は良い」「財政赤字は悪い」。それが一般的な常識的なものの見方でありましょう。

・しかし、実際には
 「財政黒字なのに国家破綻」「20年以上財政赤字が続いている国が高度成長を続けている」
 ということが世界ではごく普通に起きているのです。

・そして本書の目的の第二
 本当に怖いのは財政破綻ではなく、モノの供給が途絶えてしまう「物流上の破綻」であることを明示することです。

・なぜならおカネというものは印刷や帳簿上の処理で幾らでも創れますが、
 国民生活、国民の生存のために必要な食料やエネルギー資源などは、
 おカネと違って幾らでも創れるものではないからです。

本書の最大の特徴は、一般の「経済学」では取り扱われることのないこの「物流上の破綻」に焦点を当ている点です。

・この本当に恐るべき「破綻」が起こらないようにするにはどうしたら良いか、
 つまり将来において供給不足が起こらないようにするにはどうしたら良いか
 そして、それを踏まえた上で、現在の需要不足にどう対応すべきか
 この問題の解決策に関して年金問題をも絡めての具体的な提言を行っていることも、
 本書についての類書との際立った特異点でありましょう。



☆アンチ対策に役立つ【反「国家破産」的マスコミ記事】は
  こちら→ http://blogs.yahoo.co.jp/eishintradejp/folder/1031019.html?m=lc
関連記事

マクロ経済コメント(5)トラックバック(0)|

≪前の記事 円は高すぎ?安すぎ?為替介入考
≫次の記事 インド洋を制する者、世界の経済を制す

コメント

64:日本振興銀行も経済には貢献しています。

日本振興銀行は中小企業にお金をバラマキ回収を行わなかったことは、経済には貢献していますね。
倫理だけで考えずにマクロ経済の観点では、
もう暫く貸し出しの拡大を放置して景気が回復したら破綻させたほうが良かったですね。
本当は政府が適切なバラマキを行うのが良いですね。
バラマキは語感が悪いけど、
血の巡りが悪い人が貧血に陥らないため治療行為ですからね。

2010/09/11 22:20 | inadak #- URL [ 編集 ]
65:

日本振興銀行破綻について竹中平蔵さんは何かコメントないのかな~?

2010/09/13 13:52 | #- URL [ 編集 ]
66:

>1000 万円を超える預金は国債にしておくべき、でありました。

そういえば、以前にペイオフの話がありましたね。
日本の金融機関の現状考えれば、ペイオフの可能性は少ないけどとか笑っていたら、本当のことに・・・

私は1000万円以上も資産ありませんが、振興銀行の問題は、教訓として忘れません キリッ!

2010/09/14 10:41 | Xマン #- URL [ 編集 ]
67:管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010/09/14 21:11 | # [ 編集 ]
68:お久しぶりです♪

ヤフーからこっちに移られてから、来るのが遅くなってしまってごめんなさい。それにしても、最近の景気の悪化を見てても、なんでこうもマスゴミに操られた人が多いんだか。韓直人がよくパクッている麻生さんの政策にしても、まんま廣宮さんや三橋さんの理論なのに。マスゴミってなんでもかんでもセンセーショナルにすると受けるでしょ?もうね、そういう理屈を越えちゃうのが怖いです。

1000万円のこと、私も覚えておきます。国債買おぉーっと♪

2010/09/17 22:56 | keinoheart #CoOr7GO6 URL編集 ]

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。