ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
87位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
7位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

35:国債「国内依存に限界」?

2010/02/16 (Tue) 11:59

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51xJ2bE3HTL._SL160_AA115_.jpg

「国債を刷れ!」「高校生でもわかる日本経済のすごさ!」アマゾンでのご購入は こちらです→ http://www.amazon.co.jp/gp/product/4883926788









↓ツイッター始めました(とりあえずブログ更新のお知らせしかしてないのですが…)

https://twitter.com/YNHiromiya




さて、

日本経済新聞こと【日本ミクロ経済新聞】本日の朝刊1面より

国債 揺れる市場 (上)

(前略)

そして日本。

経済協力開発機構(OECD)の推計では10年の日本の債務残高は国内総生産比で199%とギリシャ(111%)をも上回り先進国では最悪水準

オウムのように繰り返されるので、オウムのように繰り返しますが、

アイスランドが破綻した前年の公的債務GDP比

53.6%

です。



あと、
韓国が通貨危機に陥った97年の前年の公的債務GDP比は、OECDデータベースによれば

5.2%

という笑うしかないような低水準でした。



さて、
日本ミクロ経済新聞の記事の続きをば:
国内依存に限界

それでもギリシャのように国債が売り込まれないのは、経常黒字国で国内貯蓄が豊富なためだ。

日本国債は、銀行など国内投資家が94%を持つ特異な市場構造になっている。

国内投資家の原資1400兆円強に上る個人金融資産だ。


ああ、めんどくさいなあ、もう。



また一昨日と同じグラフや表を出すと常連の読者の皆様が暴れ出しかねないですので、一応別のヤツを再掲です。










【あなたの黒字は他人の赤字![2]】
http://blogs.yahoo.co.jp/eishintradejp/21770388.html

より。


もちろん出典は日銀の資金循環統計フローデータです。

政府収支+政府以外(国内民間部門)収支+海外部門収支 = 0円



ちなみに、「海外部門」は英語

the Rest of the World
残りの世界全て

です。

主語が日本なら日本以外の全世界


つまり、

上の式をちょっと改造すると、

国内部門収支+海外部門収支 = 0円

国内部門収支+日本以外の全世界の収支 = 0円

国内部門収支 = -その国以外の全ての国の国内部門収支

です。



で、

国内部門収支が赤字になっていてもピンピンしてる国はそこらじゅうにあるわけです(代表格がアメリカ)

というか、

国内部門収支が黒字になっている国があれば、
必ず、その反対側に必ず国内部門収支が赤字になっている国が存在します。当たり前の話ですが。


ある国の黒字は他の国の赤字で成り立っているのですから、

国内依存とか国外依存とか関係ありません。


日本の国内部門収支の黒字
日本以外の全世界の国内部門収支の合計が赤字であることに依存していますし、

どこかの国で財政黒字の政府があれば、その政府の黒字は、その政府以外の全部門(the Rest of the World)の収支合計が赤字であることに依存しています。


「私が黒字」であるとすれば、それは、「私以外の全世界の全ての人々の収支合計が赤字」であることに「依存」することになります。

それがマクロ経済

です。

全員が黒字なんていうマクロ経済は存在しません!!!





さて、

さらに上記記事の続きを…

だが、高齢化が進み、老後のために貯蓄の取崩しが進み…


すみません。

一応、関連記事のリンクだけ貼っておきます

【年金問題、何が問題?】
http://blogs.yahoo.co.jp/eishintradejp/16160579.html


が、しかし。

もう一々反論するのが面倒になりましたので、ここで一ついつものアレ



中森明菜/(1/2の神話)/AKINA EAST LIVE

↑この動画の1:08

#↓こちらをクリックすると、いきなり1:08から「いい加減にしてー♪」を再生できます^^
http://www.youtube.com/watch?v=1wxVfNBmEWU#t=01m08s


「いい加減にしてぇ~♪」 と思われた方は、↓下のリンクのクリックをお願いいたしますm(_ _)m

http://blog.with2.net/in.php?751771

  ブログランキングに参加しております。ご協力、ありがとうございます!

☆アンチ対策に役立つ【反「国家破産」的マスコミ記事】はこちら→ http://blogs.yahoo.co.jp/eishintradejp/folder/1031019.html?m=lc

スポンサーサイト

未分類コメント(0)トラックバック(0)|

≪前の記事 国債「『悪い金利上昇』の恐れも」
≫次の記事 日英「エコノミスト誌」対比

コメント

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。