ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
85位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
7位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

352:「国債増発でハイパーインフレ」への分かり易い反論

2010/10/01 (Fri) 00:37




ツイッターでブログ更新をお知らせしています!(←こちらをクリック)


人気ブログランキングへ

前回も多数の投票&コメント、ありがとうございました^^


↓こちらも引き続きやっておりますので、
よろしければどうぞ^^






↑これに関連しまして、
コメント欄

FreeJapanPatoriots of Japan

【請願】尖閣問題に憤る全ての皆様への協力依頼
FreeJapan http://www.sns-freejapan.jp/2010/09/28/senkaku-3/
Patoriots of Japan http://www.poj-cobaltblue.com/data/seigan.html

を紹介されていましたので、本文でも紹介させていただきました。

少しでもご興味のある方は是非ご覧になって下さいませ。

ちなみに、
Patoriots of Japan
のページの方では、自衛隊のかっこいいプロモーションビデオのリンクも貼ってあります。



さて、本題です。

今回も前回同様、「分かり易い(?)」シリーズです。




「このまま国債残高を増やすと
 終戦直後のように【はいぱあいんふれ】になる!」


って、あんさん、ほんまかいやー?


…というお題です。



確かに終戦直後の日本結構なインフレになりました。

(年率300%から500%くらい。
 但し、物価指数の種類によって違いますが、
 年率13000%までは行かなかったのでハイパーインフレとは言えません!)

一方、

当時のアメリカ
当時の日本と同じように戦費調達のために死ぬほど国債を大量に発行しましたが、
10%台のインフレにしかなってません!


戦争に負けてモノが作れなくなってインフレになった日本とは違い
本土が全くといって良いほど破壊されなかったアメリカでは大したことにならなかったというわけです。

ということで、国債の増発が即ハイパーインフレなんてことはありません!


それから、

現代でも例えば、

日本でもアメリカでも
過去10年で4百~5百兆円くらい政府の借金は増えていますが、

ちっともハイパーインフレにならず、今はむしろデフレです。


また、

アメリカ日本
国債の金利世界史上稀に見るほどの低金利になっています。

(本当なら「借金が大変だー」ということであれば
 金利は上がっていなければならないのに、
 むしろ金利がもの凄く低くなっています)


デフレと言うのは
「政府の借金が全く増やし足りない、もっとしっかり増やせ」という合図なのです。


そして、
逆にインフレのとき
政府の借金は減らす(あるいは増えるペースを落とす)必要があります。


例えば、
1980年前後オイルショックのときは、
インフレ率を抑えるために主要国はみな緊縮財政をやりました。


あるいは、

ソ連崩壊後に年率1000%というようなインフレになった

ロシア

では、IMFのレポート(p.13)に書いてあったのですが、

「インフレを抑えるために金融の引き締めと、政府の財政赤字をGDP比6%以内にした」

というようなことが行われています。

ロシアで緊縮財政

(当局は1995年、
 連邦予算の赤字をGDP比6%以下に半減させることにより支援された金融引き締め
 を通じて、インフレを決定的に抑えこもうとする決断をした)



要は、

国の借金なるものは、

インフレやデフレを調整するための調整弁なのです。

デフレのときに緊縮財政をやって国の借金を減らそうとするのは、

この国の借金の「調整弁としての役割」をぶち壊しにすることになってしまいます。




改めて、

 「国債は【国の借金】、憎むべきもの、
  H2ロケットにくくりつけて大気圏外に放逐すべきもの」…×


 「国債は、インフレとデフレの調整弁、道具、手段、うまく使いこなすべきもの」…○


と思われた方は、

↓こちらのリンクのクリックをお願い致しますm(_ _)m


人気ブログランキングへ
http://blog.with2.net/in.php?751771

クリック、ありがとうございましたm(_ _)m


<著書紹介>
さらば、デフレ不況 -日本を救う最良の景気回復論―さらば、デフレ不況 -日本を救う最良の景気回復論―
(2010/03/02)
廣宮 孝信


【↓著者本人による解説】

国家財政やマクロ経済においては常識とは正反対の見方をする必要があります。
 本書の目的の第一読者の皆さんにその「正反対の見方」を提供することです。

「財政黒字は良い」「財政赤字は悪い」。それが一般的な常識的なものの見方でありましょう。

・しかし、実際には
 「財政黒字なのに国家破綻」「20年以上財政赤字が続いている国が高度成長を続けている」
 ということが世界ではごく普通に起きているのです。

・そして本書の目的の第二
 本当に怖いのは財政破綻ではなく、モノの供給が途絶えてしまう「物流上の破綻」であることを明示することです。

・なぜならおカネというものは印刷や帳簿上の処理で幾らでも創れますが、
 国民生活、国民の生存のために必要な食料やエネルギー資源などは、
 おカネと違って幾らでも創れるものではないからです。

本書の最大の特徴は、一般の「経済学」では取り扱われることのないこの「物流上の破綻」に焦点を当ている点です。

・この本当に恐るべき「破綻」が起こらないようにするにはどうしたら良いか、
 つまり将来において供給不足が起こらないようにするにはどうしたら良いか
 そして、それを踏まえた上で、現在の需要不足にどう対応すべきか
 この問題の解決策に関して年金問題をも絡めての具体的な提言を行っていることも、
 本書についての類書との際立った特異点でありましょう。



☆アンチ対策に役立つ【反「国家破産」的マスコミ記事】は
  こちら→ http://blogs.yahoo.co.jp/eishintradejp/folder/1031019.html?m=lc
  
関連記事
スポンサーサイト

マクロ経済コメント(2)トラックバック(0)|

≪前の記事 円建て外貨準備増加!
≫次の記事 銀行はおカネを発行しています(信用創造の分かり易い説明)

コメント

102:

テレビ、新聞等の解説者はほとんど国債の発行量の話ばかりで、10年もの国債の金利が長期にわたり低いことは解説しませんね。彼らにとってよほど都合の悪い事実なんでしょうな。

2010/10/01 14:13 | marusan #- URL [ 編集 ]
1117:本質

>国の借金なるものは、
>インフレやデフレを調整するための調整弁なのです。

これですよね!!
ここに全て集約されている気がいたしマウス

これを理解されていない人達が公人にも居るから困ったもんですよね

たちあがれ日本などが主張している
財政の複式簿記化
を自民の次期総裁にもお願いしたいと思いマウス

2012/09/22 10:21 | 憂国の猫 #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。